« 奥州街道(船迫宿→槻木宿→岩沼宿→増田宿→中田宿) | トップページ | 東街道 »

2010年10月 8日 (金)

奥州街道(中田宿→長町宿→仙台城下)

2010年9月23日

南仙台駅(JR東北本線)・・・国道4号・・・名取橋(名取川)・・・旧荒川・・・(太子堂駅)・旧道・・・長町宿・・・道標・橋姫明神社・広瀬橋(広瀬川)・・・(東北新幹線・東北本線)・・・旅立稲荷神社・・・金刀比羅神社・・・三宝大荒神社・・・泰心院・・・円福寺・・・仏眼寺・・・柳町大日堂・・・芭蕉の辻・・・仙台駅

  この先は『奥州街道奥道中(七北田宿→富谷宿)』に続く。仙台城下は『仙台市の坂-1~4』に記載。

 朝から雨だが仙台城下の芭蕉の辻までは残りわずかだ。それにしても寒い。昨日は25度あったのが今日は15度以下らしい。まあ仙台のビル街の車道歩きで見所も少く、広瀬橋から先は去年の坂道散歩で所々歩いているし、2時間少しで着くだろう。

  【ル-ト地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_4707 名取橋(名取川)を渡る。《地図

北からの雨と風で寒い。南仙台駅あたりから名取川までが中田宿で南北に木戸があり、検断屋敷もあったというが、今はただの車道で街道風情の残る家並みなどは見当たらず。傘をさして足早に進んだので見逃したのかも。

Img_4713 旧家

 太子堂駅の所で国道4号から分かれ、東北本線に西側に出る。

Img_4716 笹谷道道標(長町駅の北の三叉路の所) 《地図

仙台→川崎→笹谷峠(906m)を越えて山形に通ずる笹谷街道の起点。
ここが長町の一里塚跡のようだ。

Img_4723 道標(広瀬橋の手前)

左が「多賀神社道案内」道標で、右が「門前道」道標(大年寺門前町)。もとは10mほど南の長町宿の枡形の所にあったもの。

Img_4718 説明板

Img_4724 橋姫明神社 【ル-ト地図】の①

昔、広瀬川が荒れて橋が架けられなかった。それは竜神の怒りで、若い娘を差し出さなければ治まらないとの噂が立った。その時、根岸の長者の娘が自ら人身御供となった。川は静まり無事、橋が架けられたという伝説。その娘を橋姫として祀っている。左に文政6年(1823)の橋供養碑が立つ。

Img_4727 広瀬橋から広瀬川上流方向

水量が増え河川敷にも水が上がって来ている。

Img_4731 旅立稲荷神社 【ル-ト地図】の②

右は広瀬川の土手。福島城下の荒川土手の柳稲荷神社と同種の社。

Img_4729 説明板

 ここから先の旧街道は左右に曲がりながら芭蕉の辻に向かう。

Img_4740 旧仙南堂薬店

大正元年の建築。

Img_4743 旧家

Img_4745 針生屋 《地図

河原町の木戸番を勤めた家。左側に金刀比羅神社がある。

Img_4753 古い家並みも残っている。

Img_4756 三宝大荒神社(正面奥) 【ル-ト地図】の③

雌雄同株のイチョウが聳え、境内に耳権現の小祠がある。

Img_4766 説明板

Img_4760 説明板(耳権現)

Img_4768 泰心院山門 《地図

Img_4769 説明板

Img_4781 宮城華僑総会

Img_4784 柳町大日堂 【ル-ト地図】の④

手前に北目町の一里塚があったようだ。

Img_4785 縁起

Img_4786 狛羊と狛猿

大日如来は、ひつじ(未)歳とさる(申)歳生まれの守り本尊。

Img_4791芭蕉の辻 【ル-ト地図】の⑤

名前の由来は次の『奥州街道奥道中』に記載。松尾芭蕉とは関係がないようだ。

Img_4792 道標には

「北 津軽三厩迄 四十五次 百七里二十二丁 奥道中」・「南 江戸日本橋迄 六十九次 九十三里 奥州街道」 

|

« 奥州街道(船迫宿→槻木宿→岩沼宿→増田宿→中田宿) | トップページ | 東街道 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/49565608

この記事へのトラックバック一覧です: 奥州街道(中田宿→長町宿→仙台城下):

« 奥州街道(船迫宿→槻木宿→岩沼宿→増田宿→中田宿) | トップページ | 東街道 »