« 清戸道② | トップページ | 中山道(柏原宿→醒井宿→番場宿→鳥居本宿→高宮宿) »

2010年11月 5日 (金)

中山道(垂井宿→関ヶ原宿→今須宿→柏原宿)

2010年10月23日

垂井駅(JR東海道線)・・・春王丸・安王丸処刑の地(金蓮寺)・・・垂井宿・紙屋塚・旅籠亀丸屋・問屋場跡・本陣跡・南宮大社鳥居・垂井の泉(玉泉寺)・旅籠長浜屋跡・本竜寺(時雨庵)・西の見付跡・・・松島稲荷・・・出屋敷踏切(東海道線)・・(日守交差点・国道21号)・・・日守の茶屋跡・垂井の一里塚跡・・・(日守西交差点・国道21号)・・・(関ヶ原バイパス)・・・伊富岐神社鳥居・・・平木川橋・・・野上の七つ井戸・・・しゃもじ塚(平忠常の墓)・・・大海人皇子野上行宮跡・・・松並木・・山内一豊陣屋跡・・・六部地蔵・・・(桃配山・徳川家康最初陣地)・・・国道21号・・・旧道・・・国道21号・・・若宮八幡神社・関ヶ原宿・脇本陣跡(相川家)・八幡神社・・・関ヶ原古戦橋(東海道線)・・・東首塚・・・関ヶ原古戦橋・・・国道21号・・・西首塚・・・松尾交差点・旧道・・・不破関東城門跡・・・不破関関庁跡・大海人皇子兜掛石・沓脱石・・・不破関跡・・・大木戸坂・・不破関西城門跡・・戸佐々神社・・藤下橋(藤古川)・・・峠箭先堂・矢尻の池跡・・・黒血川・弘文天皇自害峯・三本杉・・・(国道21号)・・・黒血川・・・鶯の滝・・・(新幹線)・・・常盤御前の墓・・・常盤地蔵・・・山中踏切(東海道線)・・・今須峠・・・国道21号・・・今須の一里塚跡・・・雨谷道踏切(東海道線)・・・家康腰掛石・青坂神社・・・雨谷道踏切・・・旧道・・・門前橋・・・今須橋(中挟川)・・・今須宿・妙応寺・本陣跡・脇本陣跡・問屋場跡・・・車返しの坂・車返し地蔵・・・(今須交差点・国道21号)・・車返踏切(東海道線)・・・寝物語の里碑(美濃・近江境)・・・野瀬坂・・・神明社・・・旧東山道・・・白清水・・・野瀬踏切(東海道線)・・・照手姫地蔵堂・・・柏原宿東見付跡・八幡神社・・・柏原駅(東海道線)

 中山道(加納宿→垂井宿)』の続きです。

  【ル-ト地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_6445 春王丸・安王丸処刑地(金蓮寺境内) 《地図

永享の乱の後の結城合戦で敗れ、京へ護送される途中の足利持氏の遺児、春王丸と安王丸はこの地で処刑された。祠内には2基の五輪塔がある。2人の墓は500mほど西の金蓮寺の墓地にある。金蓮寺本堂には春王丸・安王丸の木像が安置されている。結城合戦は滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」の発端でもある。

Img_6450 紙屋塚 《地図

Img_6449 説明板

Img_6451 旅籠亀丸屋《地図

ここは垂井宿入口の枡形の所で、今も現役の旅館。

Img_6452 説明板

Img_6456 問屋場跡

Img_6457 説明板

Img_6459 本陣跡

立札のみで建物はない。

Img_6460 説明板

Img_6464 南宮大社鳥居

ここから1km以上もあるようで遥拝のみ。

Img_6461 説明板

Img_6468 垂井の泉(玉泉寺境内) 【ル-ト地図】の①

向う側の樹齢800年という大ケヤキの根元から湧き出している。

Img_6467 説明板

Img_6479 旅籠長浜屋

今は休憩所になっている。

Img_6480 商家

もとは油屋卯吉の家で、後には旅籠亀屋跡。

Img_6481 説明板

Img_6482 本竜寺

山門と玄関は脇本陣からの移築。ここに高札場があった。

Img_6492 時雨庵と「作り木塚」(右奥・本竜寺境内)

Img_6488 説明板

Img_6497 油屋伊蔵

Img_6501 西見付跡 《地図

すぐ先に「八尺堂地蔵尊道」の石柱が立つ。

Photo_4 垂井(歌川広重)

雨の中を大名行列が西から松並木を通り、見付へ入って行く様子。茶店の前では本陣からの出迎えが控えている。垂井は中山道と東海道を結ぶ美濃路の分岐点の要衝の地で、戦国時代までは美濃の中心であった。

Img_6505 八尺堂地蔵尊道

ここの南、200mほどに地蔵堂があるようだ。垂井宿本陣の母が夢に見て、地下八尺から掘り出したという大日如来の石像で、八尺四方の堂を建て大切に祀られてきたという。

 東海道線と国道21号を越えて行く。

Img_6515 日守の茶屋跡(左) 《地図

もとは不破関の先の常盤御前の墓の所にあった秋風庵を明治になってここに移した。

すぐ隣が垂井の一里塚跡。

Img_6518 説明板

Img_6520 垂井の一里塚跡(112)

南側の塚が残る。このあたりは関ヶ原の戦での浅野幸長の陣跡。

Img_6528 伊富岐神社鳥居

社殿はここから1kmほど先。関ヶ原が近づき街道沿いには武家の幟旗がはためいている。これは石田光成の旗。

Img_6539 野上の七つ井戸 【ル-ト地図】の②

つるべ式井戸でまだ水は汲めるが飲めないようだ。

野上は垂井宿と関ヶ原宿の間の宿で、古くは東山道の宿駅だった。『更級日記』にも「美濃の国になる境に、墨俣といふ渡りして、野上といふ所に着きぬ。そこに遊女ども出で来て、夜ひとよ、うたうたふにも、足柄なりし思ひでられて、あはれに恋しきことかぎりなし」とあり、遊女もいる賑やかなところだったようだ。

Img_6534 説明板

Img_6537 しゃもじ塚 《地図

平忠常の墓という。「平忠常の乱」の後、長元4年(1031)に京へ護送される途中、この地で病没し、首をはねられたという。病気の忠常を哀れんで村人が食物を「しゃもじ」に乗せて差し出したところ、しゃもじごと口に入れ、そのまま死んじまったとか。

Img_6548 大海人皇子野上行宮(あんぐう)跡 《地図

Img_6547 説明板

Img_6556 松並木

このあたりに山内一豊が布陣した。

Img_6557 説明板

Img_6560 六部地蔵

宝暦11年(1761)頃、この地で死んだ諸国行脚の六部を供養するために里人が建てたもの。痛みのひどい病にご利益があり、「六部地蔵  歯痛なおりて 礼参り」といわれている。 

Img_6563 桃配山 《地図

壬申の乱で大海人皇子が野上行宮からここへ出陣し、名産の桃を兵士に配って快勝したという。関ヶ原の戦で、徳川家康が最初に陣を張った地でもある。

Img_6581 関ヶ原醸造 《地図

醤油「関ヶ原たまり

Img_6583 レトロな床屋は廃業してしまったようだ。

Img_6585 旅館枡屋

創業永長元年(1096)とあるが、建物は新しい。

Img_6584 脇本陣跡説明板

建物(門)の写真を撮るのを忘れた。

Img_6588 八幡神社

前の道は昔の北国街道で中山道の曲がり角に本陣があったようだ。今は境内に本陣のスダジイの大木が聳える

Img_6598 東首塚 【ル-ト地図】の③

やけにご立派でびっくりした。

このあたりは井伊直政、松平忠吉の陣跡。門前の道を北西に進めば家康最後の陣跡で、陣場野公園となっている。

Img_6595 説明板

Img_6602 首塚の前には首洗い井戸

Img_6610 西首塚(国道21号沿いの右側)

こっちの方が質素だ。

Img_6617 不破関東城門跡 《地図

正面は壬申の乱で勝利した天武天皇を祀る井上神社への道標石柱。

Img_6614 説明板

Img_6620 不破関関庁跡

正面に大海人皇子兜掛石、左に沓脱石がある。珍しくもないただの石だが。

Img_6621 説明板

Img_6625 不破関跡 【ル-ト地図】の④

Img_6626 説明板

Img_6630 関守の屋敷跡は庭園になっている。

三輪家が代々関守を務めていたそうだ。

秋風や 藪も畠も 不破の関」の芭蕉句碑がある。

Img_6634 大木戸坂を下る。

ここに西城門があった。

Img_6636 説明板

Img_6640 藤古川(藤下橋から) 《地図

古来の軍事上の要害、歌枕の地。

Img_6641 説明板

Img_6642 ここを左折すれば大友皇子を祀る藤下の若宮八幡神社への道。

Img_6644 峠箭先堂(正面左) 《地図

その隣が矢尻の池跡、右に曲がって1kmほどで大谷吉継の墓がある。

Img_6650 矢尻の池(井)

壬申の乱で大友皇子軍が矢尻で掘ったという井戸跡。

Img_6662 弘文天皇自害峯の三本杉 《地図

大友皇子が自害したのはここではないが。

Img_6660 説明板

Img_6670 黒血川 《地図

正面は東海道線をくぐるトンネル

Img_6669 説明板

Img_6677 鶯の滝

Img_6675 説明板

Img_6681 常盤御前の墓

後ろは芭蕉句碑 「義ともの 心に似たり 秋の風」

ここにあった秋風庵は日守の茶屋に移った。

 

Img_6679 説明板

Img_6680 芭蕉句碑説明板

Img_6684 常盤地蔵

道端にあった地蔵にこの名をつけたのだろう。 

Img_6689 今須峠へ上る。《地図

峠といっても高くはないが、積雪が多く難所の一つだった。熊か猿が出るかも。

Img_6695 今須の一里塚跡(114)

113番目は関ヶ原一里塚だが場所は不明。

Img_6705 青坂神社参道

Img_6699 家康腰掛石

Img_6698 説明板

Img_6704 青坂(せいばん)神社 《地図

東海道線の青坂トンネルの上にある社殿。桓武天皇の孫の高望王を祖とする鎌倉権五郎景政を祀る。

Img_6712 妙応寺(国道と東海道線をくぐった所)

今須の城主で美濃の守護代も務めた、長江重景が正平15年(1360)に道元の弟子の莪山(がざん)和尚を開山として建立。薬草の枸杞(クコ)を用いた精進料理でも知られ枸杞寺ともいう。今須は門前町として賑わった。

Img_6713 今須宿説明板

Img_6717 問屋場跡(山崎家)

美濃16宿のうちで、当時のまま現存する問屋場の建物。今須宿には問屋場が一時7軒もあったそうだ。今須宿は妙応寺の門前町として発展し、江戸時代には美濃国と近江国の境の宿場として栄えた。今須小学校が本陣・脇本陣だが遺構は残らず。

Img_6722 常夜灯

Img_6721 説明板

Img_6729 車返しの坂 《地図

車がひっくり返るほどの急坂という意ではない。公家の二条良基のおかしな、アホらしい由来話がある。

Img_6734 説明板

Img_6731 車返地蔵

国道21号、東海道線を渡り美濃と近江の境、「寝物語の里」を目指す。 

Img_6740 芭蕉句碑・奥の細道碑(寝物語の里碑の手前)

「野ざらし紀行」で詠んだ句 「正月も 美濃と近江や 閏月」と「年暮れぬ 笠着て草鞋 はきながら」  

Img_6746 寝物語の里 【ル-ト地図】の⑤

小さな流れの溝が美濃(岐阜県)と近江(滋賀県)の境

Img_6749 由来碑

Photo_5 「江濃両国境」の木柱が立つ。(広重の今須)

Img_6753 野瀬坂を下って神明社の鳥居前に出る。《地図

「楓並木を大切にしよう」の立札が立つが並木は片側だけで、いろんな木が混ざっているようだ。もとは松並木だった。

Img_6758 神明神社の鳥居前から旧東山道が一部残っているが荒れた道だ。

Img_6761 鳥居の右の道は姉川の戦いの緒戦の地、長比(たけくらべ)城跡への登り道。

Img_6767 白清水 《地図

ヤマトタケル、照手姫も使ったという伝承の泉。姫の白粉で白く濁ったとか。

Img_6766 説明板

野瀬踏切を渡って柏原宿へ入る。

Img_6773右に照手姫地蔵堂

Img_6774 照手姫(笠掛)地蔵

右の小さな方。左は昭和になってから奉納された安産地蔵。

Img_6780 説明板①

Img_6778 説明板②

Img_6784 柏原宿東の見付跡

すぐ先が説明板②の最後の方に載る竜宝院跡

Img_6793 芭蕉句碑(八幡神社境内) 《地図

芭蕉は伊吹山を左に見ながら北国脇往還を「奥の細道」の結びの地、大垣に向かっている。

Img_6791 説明板

|

« 清戸道② | トップページ | 中山道(柏原宿→醒井宿→番場宿→鳥居本宿→高宮宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/49939842

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道(垂井宿→関ヶ原宿→今須宿→柏原宿):

« 清戸道② | トップページ | 中山道(柏原宿→醒井宿→番場宿→鳥居本宿→高宮宿) »