« 京街道(東海道五十七次)③ | トップページ | 人見街道 »

2010年12月12日 (日)

京街道(東海道五十七次)④

2010年11月25日

関目高殿駅(地下鉄谷町筋線)・・・関目の七曲り・・関目神社・・・都島通・・・旭国筋商店街・(大阪東線)・・・野江の七曲り・・野江水神社・・・(都島通)・・・榎並地蔵・・・(JR大阪環状線・国道1号)・・・京阪京橋駅・・・野田橋跡・・・(京阪本線)・・・片町交差点・府道168号・・・京橋川魚市場跡碑・京橋(寝屋川)・・・大阪城石垣跡・・・(天満橋駅)・・・八軒家船着場跡・・・熊野街道碑・・・高麗橋

 【ル-ト地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_9907 関目の七曲りの続き 《地図

Img_9909 関目神社

関目という地名は古くは榎並荘の時代からあり、このあたりに見張り所(目で見る関所)があったことから由来するという。

Img_9912 旭国道筋(あさひこくどうすじ)商店街

まだ早く開店前だが、懐かしさを感じさせる店並みが続いている。

Img_9913_3野江の七曲り 【ル-ト地図】の①

右に入る。

Img_9919 野江水神社

榎並城の城内に勧請された神社。このあたりは榎並能楽発祥の地でもある。

野江の七曲りが都島通りを越えたあたりに、豊臣方の残党が処刑された「野江刑場」があったようだ。

Img_9920 由緒

Img_9931 榎並地蔵 【ル-ト地図】の②

祠の向こう側に道標の台座とその上に地蔵(双体道祖神)

Img_9925 説明板

Img_9929 地蔵と道標

布で覆われ頭の先しか見えない。

Img_9928 説明板

Img_9937 大阪環状線の「京街道」ガードをくぐって、京阪本線沿いに進む。

Img_9939 野田橋跡 《地図

鯰江川に架かっていた橋。川は京阪本線の軌道となっている。

Img_9948 京橋川魚市場跡碑 《地図

石山本願寺の時期に、漁民が京橋の北詰に川魚を持ち寄って販売したのが起源という。

Img_9947 説明板

Img_9953 京橋から寝屋川

もとはここが京街道の起点だった。

Img_9961 大阪城石垣 《地図

Img_9962 説明板

Img_9966 八軒家船着場跡碑(永田屋昆布店前) 【ル-ト地図】の③

Img_9350 現在の八軒家船着場から天神橋、中之島公園方向 《地図

今は観光船が発着し、川沿いに遊歩道ができ、川の駅「はちけんや」もオープンしている。

Img_9347 説明板

Img_9967 熊野街道碑 【ル-ト地図】の④

いずれ熊野古道も歩くだろう。『野古道(紀伊路) 』で歩いた。

Img_9968 説明板

Img_9978高麗橋 【ル-ト地図】の⑤

日本橋と同様、上に高速道路が覆い被さり、重たく暗く味気ない風景になっている。

はじめて京街道を整備した秀吉は「京橋」を起点とした。江戸時代に東海道が五十七次となって以降はここが起点となった。紀州街道中国街道の起点でもある。橋の名の由来は高麗の使者を迎えたから、近くに高麗館があったからとも伝えられる。

Img_9971 説明板

Img_9975 擬宝珠(慶長9年(1604)の銘・複製品か?)、説明碑、里程元標跡石柱

|

« 京街道(東海道五十七次)③ | トップページ | 人見街道 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

了解しました。坂道散歩

投稿: クロスケ殿 | 2010年12月13日 (月) 07:44

(* ̄0 ̄)ノ 上方のほうへ?

どうりでお顔の色がお黒くなりました。

ご無沙汰様です。クロスケです。

O氏と、1月最終週に「市川市内」歩きます。
ご一緒しましょう(*^-^)

投稿: クロスケ | 2010年12月12日 (日) 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/50278152

この記事へのトラックバック一覧です: 京街道(東海道五十七次)④:

« 京街道(東海道五十七次)③ | トップページ | 人見街道 »