« 熊野古道(紀伊路① 八軒家浜→窪津王子→境王子) | トップページ | 熊野古道(紀伊路③ 浅宇川王子→長岡王子) »

2011年3月 6日 (日)

熊野古道(紀伊路② 大鳥居新王子→池田王子)

2011年2月21日

堺東駅(南海高野線)・・・紅谷庵・・・竹内街道分岐・・・耳原橋(南海高野線)・・(国道310号)・・仁徳天皇陵・・丸保山古墳・・・大仙遺跡(大阪女子大跡)・・・銅亀山古墳・・・御陵通り・・朝日寺・・・狐山古墳・・・(国道26号)・・・大安寺・・・御陵大師・・・南宗寺・・環濠跡(土居川)・・・旧道・・・(国道26号)・・・一里山地蔵・・・老松町・・・石津神社・・・戎橋(石津川)・・・鳳小栗街道交差点(府道28号)・・・大鳥神社・・・鳳北一踏切(JR阪和線)・・・鳳本通商店街・・・鳳南町交差点・・大鳥居新王子跡あたり(NTT鳳営業所跡)・・・上交差点・府道30号・・・旧道・・・(堺泉北有料道路)・・・北信太南一踏切(阪和線)・・・葛葉稲荷神社・・・北信太南二踏切・・・旧府神社・・・みみづく地蔵(中央寺)・・・聖神社鳥居・・篠田王子跡・・・小栗地蔵・・・八阪神社・高札場跡・小栗判官の笠かけ松・照手姫の腰かけ岩・・・明けの坂・・・小池之地蔵・・・平松王子跡・放光池1号公園・・・伯田町4丁目交差点(府道38号)・・・陸上自衛隊信太山駐屯地・・小栗街道道標・・・府中町・・・泉井上神社・・・和泉国府跡(御館山児童公園)・・・井ノ口王子跡・妙福寺・・・府道30号・柳田橋(槇尾川)・・・緑田橋・・・新緑田橋(松尾川)・・・高橋?(牛滝川)・岸和田市・・・(府道229号)・・・(府道40号)・・・久米田駅前交差点・・・久米田寺・久米田池・・光明塚古墳・・・諸兄塚(貝吹山古墳)・・無名塚古墳・風吹山古墳・・・池田王子跡あたり・久米田駅(阪和線)

  【ル-ト地図】(25.5km)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2776竹内街道(左)・熊野街道(西高野街道・直進)分岐 《地図

Img_2780 仁徳天皇陵

ただ馬鹿でかいだけの古墳

Img_2786 大仙遺跡(大阪女子大の敷地跡) 《地図

Img_2785 説明板

Img_2787 銅亀山古墳

仁徳陵を囲む15基の陪塚の一つ。

Img_2799 大安寺 《地図

本堂は安土桃山時代の豪商、納屋助左衛門(呂宋(ルソン)助左衛門)の屋敷跡という。秀吉に献上したルソン壺は現地人のオマル(便器)だったとの逸話もある。

Img_2797 説明板

Img_2817 南宗寺坐雲亭

Img_2818 説明板

Img_2829 伝徳川家康の墓

坐雲亭の説明板にもあるように、家康は大坂夏の陣で後藤又兵衛の長槍で刺し殺されたという伝承がある。家康亡きあとの替え玉は、元和2年(1616)に鯛のてんぷら中毒にことよせて毒殺されてしまったとか。この寺に東照宮があったこと、将軍秀忠、家光の御成りがあったことなどが、この伝承が生まれた所以だろう。

Img_2822 唐門の手前(内側)にかつて東照宮があった。今は新しい家康の墓がある。

Img_2824 徳川家康の墓

Img_2838 環濠跡(土居川)

正面右は南宗寺

Img_2834 説明板

Img_2840 熊野街道説明板

Img_2842 説明板

江戸時代には「小栗街道」とも呼ばれていて、この先の街道沿いには小栗判官と照手姫にまつわる伝承、事蹟が数多く残る。『小栗判官伝説(説教節)』

Img_2844 一里山地蔵 【ル-ト地図】の①

正面下の分岐に小祠がある。大和川から約一里で、こう呼ばれていた。

ここを左に進む。 

Img_2847 一里山地蔵 

Img_2848 老松町の旧家

Img_2855 石津神社

「日本最古の戎神」だそうだ。

Img_2857 説明板

Img_2858 境内には大クスが何本もそびえている。

Img_2878 大鳥神社

日本武尊が、死後白鳥となって最後に舞い降りたのがこの地という。

Img_2870 説明板

Img_2872 平清盛歌碑(富岡鉄斎の書)

平治の乱(1159年)の勃発で都に帰る清盛が戦勝を祈願して詠んだ歌。

Img_2871 説明板

Img_2880 鳳本通商店街の中を通る。

ここもシャッターを下ろしている店が多いか。

Img_2882 大鳥居新王子跡あたり 《地図

このNTT鳳営業所跡(今もNTT関連の施設か?)が王子社の大鳥美波比神社跡(現在は遷座して大鳥神社の摂社となっている)という。

Img_2883熊野街道説明板(鳳南地域会館前)

Img_2887 道標

「右 槇尾山道」・「すぐ 堺 住吉 大阪」

Img_2891 この案内板もあちこちに立っている。

Img_2894 太町の家並み

Img_2901葛葉稲荷神社 《地図

葛葉伝説の地、清少納言が枕草子に「森は信太森」と記した地でもある。篠田王子が合祀されている。

Img_2898 由緒①

Img_2899 由緒②

Img_2908 大クス

樹齢2000年ともいう、「千枝のクス」・「千恵(智恵)のクス」・「夫婦クス」

Img_2910 説明板

Img_2900 葛葉伝説

Img_2907 白狐の化身葛葉姫

抱いているのは安倍保名との子、童子丸。後の陰陽師、安倍晴明と伝説は続く。

Img_2913 姿見の井戸

上の鏡には葛葉姫ではなく、写真を撮っている拙者が写ってしまった。

Img_2927旧府(ふるふ)神社

Img_2929 白狐化け石(旧府神社境内の若宮社)

祭神は葛葉姫。狩人に追われた白狐が隠れた石、化けた石とも。

Img_2931 旧家

Img_2938 みみづく地蔵(右の中央寺の門前)

みみづくの姿の新しい地蔵。頭を撫で、耳元で願い事を念じると大願成就だそうだ。むろん試しはしないが。   

Img_2940聖神社鳥居

ここから1kmもないが、今日は遥拝でご容赦を。

Img_2942 篠田王子跡 【ル-ト地図】の②

王子社は葛葉稲荷神社に合祀

Img_2943 説明板

Img_2945_2 小栗地蔵 

Img_2947 高札場跡(八阪神社前)

ここに移設したもの。

Img_2948 説明板

Img_2954 小栗判官の笠かけの松・照手姫の腰かけ石(高札場の向い側)

照手姫の引く土車に乗って熊野に向かう小栗判官がここで休憩したという伝承地。説教節では照手姫はここまでは来ていないのだが。

Img_2950 説明板

Img_2955 明けの坂 【ル-ト地図】の③

小栗判官が夜通しの道中、この坂にさしかかった時に夜が明けたという。ということは笠かけの松、腰かけ石の所で夜明け前の休憩をしたということか。

Img_2959 坂上方向

Img_2960 小池之地蔵

明けの坂の坂上近く 

Img_2961 平松王子跡 《地図

後鳥羽上皇の「平松はまだ雲深くたちにけり あけ行く鐘はなにはあたりか」の歌碑が向い側の放光池1号公園にあるそうだが見逃した。「あけ(明け)行く」だから、「明けの坂」の由来はこっちの方とも思えるが? 王子社は伯太神社(伯太町5)に合祀。

Img_2962 明坂歯科

苗字、それとも明けの坂から名付けたのか?

Img_2971 小栗街道道標 《地図

Img_2967 道標

「右 小栗街道 牛瀧  岸和田 佐野 和歌山」・「左 池田 槇尾 松尾寺

右に進む。

Img_2978 府中町の家並み

Img_2987 泉井上神社 《地図

和泉の地名の由来といわれる「和泉清水」はどこにあるのか?

Img_2990 説明板

Img_2991 説明板

Img_3005 和泉国府址碑(府中町5-2の御館山児童公園内) 【ル-ト地図】の④ 

Img_3002 説明碑

Img_3008 旧家

Img_3012井ノ口王子跡(妙福寺前) 【ル-ト地図】の⑤

現在は泉井上神社に熊野神社として祀られている。

Img_3014 子宝地蔵尊(妙福寺)

Img_3015 昔は槇尾川には橋はなく、渡された板の上で川を越したそうだ。

Img_3056久米田寺周辺案内図

史跡諸兄塚が貝吹山古墳で、貝吹山古墳は風吹山古墳の誤り。

Img_3037 久米田寺

行基が天平10年(738)に創建という。永禄年間(1558~69)の三好氏と畠山氏の戦火で焼失した。現在の建物は、江戸時代中期に再建。

Img_3035大師堂

Img_3031 久米田池

行基が14年の歳月をかけて竣工させたという大阪府最大面積の43.5haのため池。

Img_3040 光明塚古墳

光明皇后の墓という伝承だが、もちろん時代が合わない。

Img_3041 貝吹山古墳で、「史跡諸兄塚」のはずだが説明板などはない。貝吹山の名は、久米田合戦の際に陣城(じんじろ)となり、法螺貝を吹き鳴らしたという伝承にちなむという。《地図

Img_3044 墳頂から

久米田古墳群で最大の全長約135mの前方後円墳。4世紀末から5世紀初頭の築造で橘諸兄の時代ではない。墓は井出町の山背古道沿い近くにあるが、それも時代が合わないようだ。

Img_3049 無名塚古墳

Img_3048 説明板

Img_3050 風吹山古墳

5世紀前半に築造の帆立貝形の前方後円墳か? ちゃんと整備されているが説明板などは見当たらなかった。

Img_3054 池田王子跡あたり 《地図

久米田駅の西側あたりだが、雑草が生え荒れていて王子跡を示すものはないようだ。かつては畑の中に土が舞台上に盛り上げられた草舞台と呼ばれていた場所があり、王子跡碑があったそうだ。以前はこのあたりを「ホージミヤ」といったという。王子の宮が訛ったものだろう。後鳥羽上皇に随行した藤原定家の『熊野御幸記』には、「池田王子に参り 琵琶を引かるるの法師に物を給ふ」とある。琵琶法師に小袖などが下賜されたようだ。

|

« 熊野古道(紀伊路① 八軒家浜→窪津王子→境王子) | トップページ | 熊野古道(紀伊路③ 浅宇川王子→長岡王子) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/51045164

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道(紀伊路② 大鳥居新王子→池田王子):

« 熊野古道(紀伊路① 八軒家浜→窪津王子→境王子) | トップページ | 熊野古道(紀伊路③ 浅宇川王子→長岡王子) »