« 唐津街道⑧(浜崎宿→唐津城下) | トップページ | 房総往還⑧ »

2011年12月 8日 (木)

房総往還⑦

2011年11月25日

浜金谷駅(JR内房線)・・・金谷川・・・天王川ガード(内房線)・・・鋸山裏登山口・・・観月台・・・石切場跡分岐・・・日本寺北口管理事務所・・百尺観音・・地獄のぞき・・鋸山展望台・・西国観音・・二天門・・百体観音・・あせかき不動・・千五百羅漢道・・大仏・・大黒堂・・表参道管理事務所・・仁王門・・・表参道・・・小磯川・・・JRガード・・・保田駅・・・国道127号・・・保田橋(保田川)・・・七面橋(七面川)・・・磯邊神社・・・保田漁港・・・吉浜橋(吉浜川)・・・(菱川師宣記念館)・・道の駅きょなん・・・砂田橋(砂田川)・・・竜島バス停・・・神明神社・・・源頼朝上陸地碑・八王子神社・・・極楽寺・・・(安房勝山駅)・・・勝山橋(佐久間川)・・・加地山神社・・・勝山交差点・・・下佐久間交差点・旧道・・・大乗院・白幡神社・・・持福寺・・・国道127号・・・勝岩トンネル・・(南房総市)・・・岩井橋(岩井川)・・・岩井駅(内房線)

  【ル-ト地図】(保田駅→岩井駅)・(浜金谷駅→鋸山→保田駅は、『鋸山日本寺案内図』)

 房総往還⑥』からの続きです。

 房総往還は海岸沿いを通って安房国に入るが、鋸山を越えて保田駅に下り、房総往還に出て岩井駅まで行く。快晴だし鋸山からの展望がいいだろう。  

  写真をクリックすると拡大します。

Img_7978鋸山(330m)登り口(裏登山口)

長い階段が続く。

Img_7972岩場の道となる。

Img_7960観月台から金谷、金谷港、浦賀水道、三浦半島

 

Img_7948苔むした石の上を上って行く。

 

Img_7941ここから先は日本寺の境内で拝観料を払う。

 

Img_7940「地獄のぞき」を見上げる。

 

Img_7936百尺観音

世界戦争戦士病没殉難者供養と交通犠牲者供養のために、6年の歳月をかけて昭和41年に石切場跡に彫られた磨崖仏。航海、航空、陸上交通の安全を守る観音像。

Img_7920地獄のぞき

Img_7907東京湾フェリーが金谷港から久里浜港に向けて出港した。約40分で着くそうだ。

Img_7903二天門をくぐり下る。

Img_7902百体観音

廃仏毀釈で頭部を落とされた観音像が多い。千五百羅漢も首を欠かれて荒廃し、「羅漢様お首つなぎ」などの復興作業中。

Img_7892あせかき不動

白く剥落しているのが「汗」か?

「身の罪の 重きを恨みたきつせの 不動の力 たのむうれしさ」とある。

Img_7878大仏

総高31mで日本一。日本寺の本尊の薬師瑠璃光如来で、左手に薬壺を持っている。露座の大仏が本尊なのは鎌倉の高徳院の大仏(阿弥陀如来)と同じだ。

天明3年(1783)に大野甚五郎英令が27人の門徒と岩山を3年かけて彫刻したものが原型で、昭和41年から4年かけ修復・復元された。

Img_7881説明板

表参道管理事務所から仁王門、表参道を通り保田駅に出て、房総往還(国道127号)に復帰する。

Img_7854保田漁港 【ル-ト地図】の①

Img_7851菱川師宣記念館 【ル-ト地図】の②

師宣は(現)鋸南町の生まれ。記念切手を蒐集し始めた頃、切手趣味週間の「見返り美人」は垂涎(すいぜん)の的、高値の花だった。今では1枚、6千円位するようだ。

Img_7847亀ケ崎

橋が架かっている。

Img_7829源頼朝上陸の地 【ル-ト地図】の③

石橋山の合戦で敗れ、伊豆の真鶴崎から 小船で脱出し、この地に上陸したという伝承地。

Img_7830説明板

Img_7832上陸の地から三浦半島

真鶴崎(岬)はその向こうの伊豆半島の付け根の相模湾沿いだ。ここから60km位はあるだろう。

Img_7841八王子神社

頼朝が上陸の際に祈願したという。

Img_7826極楽寺

正面の木が文化3年(1806)の竜島村大火の際の焼け跡が残っているというビャクシンか?

Img_7822勝山橋から大黒山(75m) 【ル-ト地図】の④

山頂に展望台がある。四方の眺めがよさそうだがパスした。

Img_7819加地山神社

もとは牛頭天王社で、村内の12社を境内社として合祀している。

Img_7816商店街通りの南側?の住宅地一帯が安房勝山藩陣屋跡だそうだ。遺構は井戸跡しかないようだが。

Img_7810大乗院 【ル-ト地図】の⑤

中世の平群郡の豪族、安西氏の居館跡と伝える。

Img_7815庚申塔(大乗院の隣の白幡神社境内)

右端が説明板の山王系庚申石祠だろう。

Img_7813説明板

Img_7802富山方向

南総里見八犬伝』ゆかりの山だ。明日は山麓を通って館山に向かう。

Img_7787勝岩トンネルを抜け鋸南町から南房総市へ入る。

旧道は手前で左折し、内房線を渡り大きく迂回し県道89号に出て、トンネルの先の二部交差点で国道に合流するのだがうっかり通り過ぎた。

岩井橋を渡り岩井駅に向かった。明日は房総往還の最終日だ。館山まで頑張ろう。

|

« 唐津街道⑧(浜崎宿→唐津城下) | トップページ | 房総往還⑧ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/53432697

この記事へのトラックバック一覧です: 房総往還⑦:

« 唐津街道⑧(浜崎宿→唐津城下) | トップページ | 房総往還⑧ »