« 伊勢街道①(追分駅→磯山駅) | トップページ | 伊勢街道③(阿漕駅→松阪駅) »

2012年2月20日 (月)

伊勢街道②(磯山駅→阿漕駅)

2012年2月6日

磯山駅(近鉄名古屋線)・・・専照寺・・・国道23号・・・中ノ川橋(中ノ川)・(津市)・旧道・・千里2号踏切(近鉄名古屋線)・・・甕冠橋架け替工事中迂回・・・甕釜冠地蔵堂・・・本福寺・・・千里駅・・踏切(近鉄名古屋線)・・・(国道23号)・・・田中地蔵堂・・・大蔵橋(田中川)・・・上野地区(上野宿)・・・最勝寺・・・上野神社・・・円光寺・・・弘法井戸・本陣跡あたり・・上野城跡・・・道路元標跡・・・満流寺・・・安芸郡河芸町役場跡(朝陽中学校)・・(国道23号)・・・高山地蔵・・・松林寺・中瀬八幡神社・・・国道23号・・・中瀬交差点・・痔神社・・・上小川バス停・・旧道・・・観音寺・・・高田本山7号踏切(近鉄名古屋線)・・・逆川神社・・・大円寺・・・(国道23号)・・・巡礼道追分(常夜灯・道標・名残松)・・・大学前交差点・国道23号・・・江戸橋北詰交差点・旧道・・・江戸橋(志登茂川)・・・伊勢別街道追分(常夜灯・道標)・・・託縁寺・・一乗寺・・深正寺・・阿部喜兵衛商店・・・光蓮寺・・・善徳寺・・・初馬寺・・・心覚寺・・・四天王寺・・・塔世橋(安濃川)・・・大宝院・・津観音(観音寺)・・道標・・本陣跡・・脇本陣跡・・・津城跡・・・高山神社・城山稲荷神社・・・岩田橋(岩田川)・・・仏眼寺・・・円通寺・・・大市神社・・阿弥陀寺・・・岩田交差点・旧道・・・閻魔堂(真教寺)・市杵島姫神社・・・教円寺・・・神明社・・・(県道114号)・・・(国道23号)・・・阿漕駅(JR紀勢本線)

  【ル-ト地図】(21.0km)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_1274 磯山地区

朝から冷たい雨の中を行く。弥次喜多が歩いた頃には吹矢の見世物(からくり的)が出ていたというが、今は静かな通りだ。

Img_1281 甕冠橋は工事中で大きく左方向に迂回した。正面に屋根が見えるのが甕釜冠地蔵堂。

Img_1286 甕釜冠(かめかまかぶり)地蔵堂(右) 【ル-ト地図】の①

もとは光明院といい参宮道者の無事を祈願し、茶を接待した休憩所となっていた。ちょうど堂守の月番のおばさんが堂内を清掃していた。甕釜冠の由来を聞いたがよく分からないとのこと。堂に寄付者の一覧板が貼ってあった。おばさんは○万円、旦那さんは○十万円。きっと地蔵さんのご利益が大きいことだろう。

左に行くのは巡礼道で、栗真町屋で合流する。

Img_1288 屋根上の釜と甕

露盤の代わりが釜で、その上に宝珠の代わりに水甕が伏せてある。

Img_1289 説明板

なぜ釜と甕が乗るのかは記載されていない。

Img_1290 正面が現在の本尊の石地蔵で3代目。脇に初代、2代目を安置。

Img_1292 尾前神社標石

雨乞いの「かんこ踊り」が行われていたそうだ。雨は止んで欲しいので、ここから遥拝のみ。

Img_1298 田中地蔵

大蔵橋(田中川)を渡り、上野地区に入る。

Img_1305 家並み

Img_1308 上野神社参道 《地図

左上は最勝寺で、元亀年間(1570~72)に分部光嘉が中山に城を築く時に、中山からここに移した。辻越後守種茂の梵鐘がある。鋳物師(いもじ)の辻(越後・但馬)にはこの先でよく出会うことになる。

Img_1313 上野神社

Img_1314 由緒

Img_1320 円光寺

分部氏の菩提寺。

Img_1316 説明板

Img_1321 円光寺から街道へ戻る参道

Img_1324 虫籠窓、連子格子の上野宿の旧家

屋号「江戸屋」か。

Img_1326 弘法井戸

村人の生活用水、参宮者の喉を潤した井戸だが今は使われていない。このあたりが上野宿の中心で、この先の右側に本陣、その向いが問屋(荒井屋)だったようだ。

Img_1327 油来

Img_1330上野城跡 《地図

江姫ゆかりの地」でもある。雨の中、登城は控える。

Img_1335 道路元標跡碑(復元)

Img_1336 説明板

Img_1337 旧家

Img_1342 安芸郡河芸町役場跡(朝陽中学校) 《地図

Img_1343 高山地蔵(右)

ここは上野城時代の刑場で、処刑者供養のための地蔵という。

Img_1344 松林寺・中瀬八幡神社 《地図

Img_1349 痔神社 【ル-ト地図】の②

もとは「神」だったとも、神体は白蛇で、毎年4月3日の祭礼日には、名古屋、大阪方面、県内の信者が列をなして参詣し、大いに賑やかであるとか。「主」は全国津々浦々にいるようだ。

Img_1350 手ぬぐい・タオルが結ばれているのは何故か?

Img_1351 上小川バス停先で、国道から離れ右に旧道に入る。《地図

Img_1355 栗間小川地区

Img_1359 観音寺

常夜灯(文化3年(1806))

Img_1362逆川神社

南側に逆川が流れていることからの社名のようだ。「ひび」や「しもやけ」に霊験あらたかというが、今や2つとも死語になりつつあるか。境内に「かっこ踊絵馬」の汚れた説明板があった。

Img_1372 栗間中山地区 《地図

右は寒紅梅酒造

Img_1373 路地の先に大円寺がある。

このあたりに高札場があったようだ。

Img_1381 国道を横切って行く。

Img_1383 巡礼道との追分 【ル-ト地図】の③

甕釜冠地蔵堂前で分かれた巡礼道がここで合流する。

常夜灯・名残松・道標が立つ。

Img_1384 説明板

Img_1389 地蔵堂

Img_1391 常夜灯

Img_1392 説明板

Img_1396 江戸橋を渡る。

江戸に向かう藩主の見送りもここまでということから命名されたという。

Img_1400 江戸橋常夜灯(安永6年(1777))・道標 《地図

ここは東海道関宿からの『伊勢別街道』(右折)との追分(合流地点)。『東海道(亀山宿→関宿)』 

道標は「高田本山道」で、伊勢別街道沿いの高田本山専修寺のこと。

Img_1401 伊勢別街道方向

『東海道中膝栗毛』には「津の町にいたるまへに、高田の御堂、右のかたに見ゆる」とある。江戸橋の上から見えたのだろうか。

Img_1402 上浜町の家並み

Img_1403 旧家

Img_1408 旧家

Img_1415 一乗寺

馬頭観音が本尊か。

Img_1420 深正寺

昔は参道部分にも人家が並んでいたそうだ。

Img_1423 阿部喜兵衛商店

Img_1426 小丹(おに)神社の拝殿?

Img_1441 馬宝院蓮光山初馬寺 《地図

本尊は馬頭観音、三重四国八十八箇所の第64番。

Img_1440 縁起

Img_1435 文化財

Img_1438 魚藍観音

Img_1445 四天王寺

Img_1503 説明板

Img_1451 目洗い地蔵

Img_1447 由来

Img_1459 北向地蔵(左)・鐘楼門

この梵鐘(延宝8年(1680))は辻越後守陳種(のぶたね)の作。辻越後は藤堂高虎の頃、近江国から津へやって来て釜屋町に住み、燈籠や梵鐘を製作したそうだ。遠祖は渡来人だったのでは。

Img_1463 塔世橋を渡る。

当初は軍事的目的から橋はなかったが、延宝3年(1675)に土橋が架けられ、河原へ一度下りて橋を渡った。

Img_1472 津観音(観音寺) 《地図

津藩主藤堂高虎の祈願寺、日本三大観音の一つ。銅燈籠(寛永5年(1628))は辻但馬の吉種と辻越後の重種の兄弟の作。

「津の入口、ひだりの方に、如意輪観音堂あり、又かうのあみだといへるもあり。此所は上方筋より参宮の人おちあふ所にて、往来ことに賑しく」『東海道中膝栗毛』。(津観音の本尊は聖観音像だが)

Img_1504 説明板

Img_1471 銅鐘(元和3年(1617))

辻越後守家種とその子、吉種、重種兄弟の作。四天王寺の梵鐘を製作した陳種は重種の子。

Img_1483 道標

「すぐこうのあみだ 右さんぐう道」か? 

「国府の阿弥陀」は今は津観音寺に安置されている。かつて宿の中心部だった通りはアーケードの大門商店街となっているが往時の賑わいはない。

Img_1485 本陣跡

左の百五銀行の所、この先の「ニューマツザカヤ」が脇本陣跡。

Img_1494 津城跡 【ル-ト地図】の④

慶長13年(1608)、藤堂高虎が入城すると城下町の整備を行い、それまで城下の東側を通っていた伊勢街道を城下に取り入れた。このため、津の町は藤堂32万石の城下町であるとともに、宿場町としても発展した。

Img_1496 説明板

Img_1513 入徳門

津藩校有造館の講堂正門(移築)

Img_1512 説明板

高山神社(藤堂高虎を祀る)・城山稲荷神社に寄り、岩田橋を渡る。

Img_1528 円通寺

江戸時代には参宮者には茶を接待し、不浄を消す「清めのお茶」といわれた。藩主が神宮参拝の時には、ここで茶を喫することになっていたという。

Img_1530 大市神社

石田村の産土神だった。

岩田交差点で左へ旧道に入る。

Img_1540閻魔堂(真教寺)・市杵島姫神社 【ル-ト地図】の⑤

二代津藩主藤堂高次が建立。当時このあたりは町のはずれで、角町の守護として建てられた。

隣向うは市杵島姫神社。手前は五番地蔵大菩薩(延命子安地蔵)の祠。

Img_1549 閻魔像(天和2年(1682))

Img_1543 説明板

Img_1551 市杵島姫神社

もとは伊勢国司の北畠氏の守護神。「弁財さん」と呼ばれ、弁財町の由来となった。右は昭和20年の戦火から湯気を発し、社殿を守ったという神木の大イチョウ。

Img_1558 説明板

Img_1572 上弁財町地区 《地図

軒の低い2階建ての古い家並みが続く。

Img_1576 神明社(通称「まんどさん」)

伊勢神宮の分霊社

Img_1574 由緒

この先で右折し、阿漕駅に向かった。

|

« 伊勢街道①(追分駅→磯山駅) | トップページ | 伊勢街道③(阿漕駅→松阪駅) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/54032030

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢街道②(磯山駅→阿漕駅):

« 伊勢街道①(追分駅→磯山駅) | トップページ | 伊勢街道③(阿漕駅→松阪駅) »