« 熊野古道(中辺路④ 熊瀬王子→熊野本宮大社) | トップページ | 熊野古道(大辺路② 朝来駅→富田坂→紀伊日置駅) »

2012年4月23日 (月)

熊野古道(大辺路① 北新町の道標→朝来駅)

2012年4月5日

北新町の道標・・・蟻通神社・・・若宮神社・・・闘鶏神社・・・つぶり(礫)坂・・・橋谷川・・・(紀伊新庄駅)・・・南海地震津波水位碑・・・大潟神社・・・(国道42号)・・新庄坂・・道分地蔵・・新庄峠・・・峠交差点・国道42号・・・弘法井戸・・延命地蔵堂(大師堂?)・・・糠塚・・・新川橋(新川)・・・旧道・・跨線橋(JR紀勢本線)・・・櫟原神社・・・朝来駅(紀勢本線)

  【ル-ト地図】(7.0km)

 中辺路の滝尻王子から引き返し大辺路を少し歩く。大辺路は田辺から海岸沿いに那智・新宮へ通ずる道で、富田坂・仏坂・長井坂などの峠を越えて行く厳しい道でもある。旧道は消失した部分もあり、ルートも様々で里道、川沿いの道、海路と代替・派生ルートも多い。

  参考:『みんなで歩こう 熊野古道 大辺路・小辺路』(わかやま絵本の会)
        『和歌山県街道マップ 大辺路』(大辺路の一部)
        『上富田町文化財教室シリーズ

  写真をクリックすると拡大します。

Img_5081 若宮神社

意外と小さな社だった。境内を駐車場にしてしまったのか?

北新町の道標は『中辺路①』に、蟻通神社・闘鶏神社は『紀伊路⑩』に記載。

Img_5077 つぶり(礫)坂を上って下る。【ル-ト地図】の②

昔は小石(礫)の敷いてある坂だったのか?

Img_5064 南海地震(昭和21年)津波水位柱

文里港から津波が遡って押し寄せたのか。

Img_5059 昔は馬道といった緩やかな坂を上る。

Img_5058 大潟神社 《地図

ぎおんさん夜見世』で有名。

田辺バイパス(国道42号)をくぐり、新庄坂を上る

Img_5050 新庄坂 《地図

Img_5052 道分地蔵 【ル-ト地図】の③

地蔵(右?)は道標を兼ねていて、「右ハ大ベチ道 左ハ熊野路」と刻むそうだ。

この先、新庄峠の高地蔵を探したが分からず、随分あちこちとうろついた。畑作業をしている人に聞いてもあいまいな返事で、結局はあきらめた。

Img_5039 廃道のような道を下って行く。

この途中の左上に高地蔵があるはずだが見当たらず。

Img_5037 枯れ枝の間をくぐって進む。

舗装道路に下り、峠交差点に出る。

Img_5036 峠交差点(国道42号) 《地図

Img_5032 弘法井戸

民家の敷地内。

Img_5033 延命地蔵堂(大師堂かも?)

弘法井戸の向いあたり。

Img_5030 糠塚 【ル-ト地図】の④

①ここで熊野に向かってぬかづいたとも、②このあたりがぬかるんでいたからともいう。この付近には朝来大沼が広がり、降雨で沼水が道を浸すと通行不能になったというから、②が妥当か。

Img_5029 糠塚の上

厳島神社の小祠(正面)と、左は「市守長者塔」で市場の守(管理)をしていた長者のことだろう。

Img_5022_2 跨線橋で紀勢本線を越える。《地図

Img_5019富田川の東岸(左折)と西岸(直進)を行く大辺路の分岐点 《地図

西岸沿いのコースを取るが、櫟原神社に寄って今日はここまでとする。『富田川両岸を通る大辺路』(上富田町文化財教室シリーズ)

Img_5012 櫟原(いちはら)神社 【ル-ト地図】の⑤

Img_5016 霊樟(くすのき)

Img_5013 由来

Img_5010 朝来(あっそ)駅

 

|

« 熊野古道(中辺路④ 熊瀬王子→熊野本宮大社) | トップページ | 熊野古道(大辺路② 朝来駅→富田坂→紀伊日置駅) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/54539347

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道(大辺路① 北新町の道標→朝来駅):

« 熊野古道(中辺路④ 熊瀬王子→熊野本宮大社) | トップページ | 熊野古道(大辺路② 朝来駅→富田坂→紀伊日置駅) »