« 天野街道 | トップページ | 熊野古道(中辺路② 稲葉根王子→滝尻王子) »

2012年4月11日 (水)

熊野古道(中辺路① 北新町の道標→稲葉根王子)

2012年4月4日

紀伊田辺駅(JR紀勢本線)・・・北新町の道標(中辺路・大辺路追分)・・・(紀勢本線)・・・大師橋(会津川)・・・高山寺・・・青木歩道橋(右会津川)・・・紀伊民報社・・・秋津王子跡・・・会津小学校・・・目座橋(左会津川)・・・天王池・須佐神社・・・熊野橋(左会津川)・県道35号・・万呂王子跡・・・三栖廃寺塔跡・・・五郎地蔵寺・・・県道35号・・旧道・・善光寺橋(左会津川)・・報恩寺・・・三栖王子跡・・・八上王子跡(八上神社)・・・大賀蓮畑・・田中神社・・・県道35号・・・下岡バス停・・王子谷越へルート・・・稲葉根王子跡・・水垢離場跡(富田川)・・・潜水橋(畑山橋)(跡)・・・稲葉根王子バス停→紀伊田辺駅

 紀伊田辺を基点にして中辺路を熊野本宮まで行き、大辺路を富田坂、仏坂を越えた周参見まで歩く。昨年9月の台風12号の爪痕が残り、通行禁止や迂回路などで身体より気分的な疲れが大きい熊野古道歩きの6日間だった。

 熊野古道(紀伊路⑩)』からの続きです。

 参考:『和歌山県街道マップ(熊野古道 中辺路 14)』
          『上富田町文化財教室シリーズ』・その他(熊野古道関連)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_4636北新町の道標 《地図

中辺路は左折、大辺路は直進。

Img_4635 説明板

大師橋で会津川を渡り高山寺に寄る。

Img_4646高山寺 《地図

「弘法さん」と親しまれている寺で、南方熊楠の墓、高山寺貝塚(左に石碑)がある。

右会津川沿いを進み、青木歩道橋を渡る。

Img_4656 紀伊民報の先で右折する。

Img_4659 秋津王子跡 《地図

会津川の氾濫で王子、街道も何度も変わり、王子の旧地、熊野古道の道筋をたどるのは難しいという。竜神橋(左会津川)のそばにも秋津王子跡の説明板があるようだ。現在は豊秋津神社《地図》に合祀されている。

Img_4657 説明板

Img_4661 「魚の店」の前を右折し、目座橋(左会津川)を渡る。《地図

Img_4670須佐神社から天王池 《地図

万呂王子が合祀されている。『万呂の獅子舞』が奉納される。

Img_4672 左会津川沿いを進む。道路建設で架橋工事中。

この先で熊野橋を渡る。

Img_4677 万呂王子跡 《地図

少し先の左側に説明板が立つ。現在は須佐神社に合祀されている。

Img_4678 説明板

Img_4684 三栖廃寺塔跡 《地図

白鳳時代(8世紀頃)の創建といわれる三栖廃寺の三重塔の心礎。周囲の礎石は復元。牟婁郡の郡寺(豪族の氏寺とも)で、下三栖は熊野地方の文化の中心として栄えていた証しという。正面は大師堂(地蔵堂?)

Img_4681 説明板

Img_4688 五郎地蔵寺

『地蔵縁起』によれば、この地蔵を厚く信仰していた五郎は罪を犯したが地蔵のおかげで命を救われた。それが今の話では「五郎は無実の罪で首を斬られるが、3本の刀が折れてしまった。地蔵が身代りになっていたのだ。その後、剣難除けの地蔵として信仰を集めた」となる。

県道に出て下三栖交差点の先で右折し、善光寺橋を渡る。《地図

Img_4696 報恩寺の脇を上る。

Img_4711 三栖(みす)王子跡 《地図

珠簾神社に合祀。王子碑の左に、道標「左くまの道」「右きみいでら道」が立つ。(写真には写らず)

Img_4712 説明板

Img_4713 額田王歌碑(万葉集)

「檀弦はけ」は、「まゆみつらはけ」

Img_4714 折口信夫の訳

Img_4706 三栖王子跡前から

右は隧道橋(左会津川)か。

Img_4718 下って車道を横切る。

Img_4719 崩落による迂回路案内板。

Img_4726 本来の熊野古道を進む。

崩落箇所らしい所はあったが、それほどでもなかった。

Img_4727 木漏れ日の気分のいい道を行く。

Img_4735 南方熊楠裸像撮影場所

熊楠は熊野の森が伐採されることを憂い、神社合祀に反対し保存運動に奔走していた。

Img_4737 写真方向

今は熊楠の横の松はない。

Img_4741 下って行くと新岡坂トンネルの出口に出る。《地図

Img_4742 来た道を振り返る。

Img_4745 桜は今が見頃か。今日は西行の歌の「三栖の山風」も吹き下ろしていない。

Img_4746 八上王子跡・八上神社

Img_4747 説明板

Img_4751 西行歌碑

西行が社殿に書きつけたという歌。

Img_4752 田中神社の森 《地図

その昔、ここから6kmほど上流にある岡川八幡神社の上手の倉山から大水で森全体が流れ着いたと伝えられている。

Img_4757 田中神社 《地図

右が岡藤(オカフジ)。

Img_4755 説明板

Img_4762 王子谷越えのコースに入る。《地図

Img_4763 「健脚コース」とあるが、ここで苦労するようならこの先の中辺路は歩けない。

Img_4764 民家の脇を抜けて上って行く。

Img_4765 荒れているのは台風12号以前から。

Img_4767 道筋がはっきりしない所もある。 

Img_4771 このあたりから下りとなり、稲葉根トンネルを越えて行く。

Img_4774 竹林の間を抜ければ稲葉根王子だ。

Img_4775 稲葉根王子跡 《地図

五躰王子の一社。岩田神社に合祀されたが、昭和31年に旧地に復社された。

Img_4783 説明板

Img_4780 周辺図

畑山橋(潜水橋)は台風12号で流されて渡れない。

Img_4787 水垢離場跡

ここから滝尻王子まで何度も岩田川(富田川)を渡り返し進んだという。

Img_4788 説明板

Img_4789_2 潜水橋(畑山橋) 《地図

台風12号で流されて、橋の中央部分はない。『街道てくてく旅』(NHK)ではこの橋を渡り、興禅寺(だるま寺)から一ノ瀬王子へ向かっていた。稲葉根王子バス停から紀伊田辺駅に戻った。

|

« 天野街道 | トップページ | 熊野古道(中辺路② 稲葉根王子→滝尻王子) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/54446151

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道(中辺路① 北新町の道標→稲葉根王子):

« 天野街道 | トップページ | 熊野古道(中辺路② 稲葉根王子→滝尻王子) »