« 鳥羽街道 | トップページ | 那覇市の坂① »

2012年6月26日 (火)

伏見街道・竹田街道

2012年6月18日

五条駅(市営地下鉄)・・・伏見口あたり(河原町五条交差点)・・五条大橋(鴨川)・・・本町通り(伏見街道)・・・耳塚・・豊国神社・・方広寺・・・専定寺(烏寺)・・・跨線橋(東海道線)・・・浄心寺・・一ノ橋跡(一橋小学校グラウンド跡)・・・宝樹寺・・・瀧尾神社・・・二ノ橋跡(東大路通り高架下)・・・東福寺北大門・・・法性寺・・・三ノ橋(三ノ橋川)・・・東福寺中大門・・芬陀院(雪舟寺)・・天得院・・東福寺・・・南大門・・・田中神社・・・極楽寺・・・丹嘉(伏見人形店)・・・伏見稲荷大社・・・稲荷駅・・・腹帯地蔵尊・伏見街道踏切(JR奈良線)・・・ぬりこべ地蔵道標・・・大門踏切(JR奈良線)・・・ぬりこべ地蔵尊・・・石峰寺・・・宝塔寺・・・瑞光寺(元政庵)・・・嘉祥寺(深草聖天)・・・真宗院・・・深草北陵・・・坊踏切(JR奈良線)・・・聖母女学院(陸軍第16師団司令部跡)・・・師団橋・・・(名神高速道路)・・・軍人湯・・・誠心寺・四ノ橋(七瀬川)・・・藤森神社・・・京街道合流地点・・・墨染駅(京阪本線)・・・墨染橋(琵琶湖疏水)・・墨染桜寺・・・欣浄寺・・・撞木町廓入口・・・(国道24号)・・京街道分岐地点・・(近鉄京都線)・・・本浄寺・・・(京阪本線)・・・近鉄京都線踏切・・・御香宮神社・・・魚三楼・・・伏見奉行所跡・・・(近鉄京都線ガード)・・・平戸橋(宇治川派流)・・・八千代大明神・・・平戸橋踏切(京阪宇治線)・・・宇治川土手・・・観月橋(宇治川)・・・(近鉄京都線ガード)・・・柿ノ木浜南踏切(京阪本線)・・・長建寺・・弁天浜・・京街道・・京橋・・・京街道分岐地点・駿河屋本店・竹田街道・・・西養寺・・・土橋(濠川)・・・玉乃光酒造・・・神泉苑橋・・・棒鼻交差点・・・蓮心橋(七瀬川)・・・(近鉄京都線)・・・(城南宮参詣道)・・・旧道・・・弁財天社・・・東高瀬川・・・(名神高速道路)・・・国道24号・・・勧進橋(鴨川)・・・竹田街道札辻交差点・宇賀神社道標・・・宇賀神社・・・陶化小学校(跡)・・・長増寺・・・竹田口(竹田街道八条交差点)・・京都駅

  【ル-ト地図】(23.3km)

 京の五条大橋そばの伏見口から伏見街道を南行し、伏見から竹田街道を北行して京都駅の竹田口までを歩く。
 伏見街道は名所旧跡の観光の道で、見所も多く時間もかかったが、京への物資輸送の竹田街道は見所は少なく呆気なかった。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_8979 伏見口あたり(河原町五条交差点・五条大橋西詰)《地図

このあたりに京の周囲を囲む御土居が南北に延び、出入口の「京の七口」の一つの伏見口があった。分離帯におなじみの牛若丸と弁慶の像。

五条大橋を渡り、本町通りを南下するのが伏見街道。

Img_8988 本町通り 《地図

車は北行一方通行の通り。

Img_8989 耳塚 【ル-ト地図】の①

かなり大きい。ここに朝鮮人男女の耳や鼻が埋まっていると思うとぞっとする。左隣の小公園は「明治天皇小休所下京第27区小学校跡」だ。明治天皇はどんな気持ちでこの耳塚を見たのであろうか。
 唐津街道沿いにも馘塚(みみづか・きりみみづか)があった。塚を造って埋めて供養したところで、残酷にも耳や鼻をそがれた者の供養になるはずもない。

Img_8992 説明板

Img_8996 豊国神社

8のつく日は「おもしろ市」で、18日はフリーマーケットの日で準備中だ。

Img_9002 唐門

伏見城の遺構で、国宝三唐門の一つ。

Img_9000 説明板

Img_8999 方広寺鐘楼

「国」・「君臣楽」と刻まれ、家と康を分断し、家康及び徳川家を冒瀆するものとイチャモンをつけられ、大坂の役による豊臣家滅亡を招いたとされる、いわくつきの梵鐘。「京都大仏七不思議」の一つ。修学旅行だろうか、先生が生徒に一生懸命説明している。

Img_9004烏寺(専定寺)

烏にまつわる故事があり、かつては境内の松に土焼の烏が置かれていたそうだ。「京都大仏七不思議」(七不思議には諸説あるようだ)の「そば喰地蔵」を祀るというが、この寺は非公開で入れない。

Img_9003_2 説明板

Img_9005 古い家並み(七条通り交差点手前)

Img_9006 跨線橋でJR線を越える。

Img_9014 一ノ橋跡 《地図

橋桁に「伏水街道 第一橋」と刻まれている。もとは暗渠になった今熊野川に架かっていた橋。伏見は豊かな伏流水に恵まれた土地で、伝統の酒造りも盛んで、伏水とも記された。

ここはもとの一橋小学校のグラウンドで、鍵が掛かっていて入れない。一橋小学校は統廃合?されて東山泉小学校になるようだ。校舎を新築する前の発掘調査中だった。「一橋」の名が消えてしまうのは惜しい気がする。

Img_9020 宝樹寺

北側に一ノ橋が架かっていて橋詰堂とも呼ばれていた。常盤御前ゆかりの寺で、「子そだて常盤薬師」、「常盤御前雪除けの松」の残株があるそうだが、ここも入れない。

Img_9021 説明板

Img_9029 二ノ橋跡

ここは東大通りの高架下

Img_9034 東福寺北大門

寺域は広大だ。

Img_9038 上野酒造

伏水街道」という銘酒もある。

Img_9042 三ノ橋(三ノ橋川) 【ル-ト地図】の②

ここは現役の橋だ。この先、四ノ橋までは距離がある。

Img_9043 東福寺中大門

ここから境内に入る。

Img_9046芬陀院((ふんだいん)(雪舟寺)

Img_9045 説明板

Img_9049 天得院

住職の清韓が方広寺の梵鐘の「国家安康 君臣豊楽」を撰文した。

Img_9047 説明板

Img_9058 東福寺経蔵

Img_9053 禅堂

Img_9056 仏殿

左はイブキの大木

Img_9055_2 三門(国宝)

南大門を出て、伏見街道へ戻る。

Img_9076田中神社

『古今著聞集』に和泉式部の「色好み」?の説話がある。

Img_9077 極楽寺

閻魔大王をはじめとする土製の十王像は、伏見人形の原形の一つともいう。

Img_9085 丹嘉

寛延年間(1748~50)創業の伏見人形店

Img_9081 伏見人形

烏寺の土焼の烏も伏見人形だったのか?

Img_9084 由来

Img_9097 伏見稲荷大社

全国に約4万社ある稲荷神社の総本社。

Img_9089 千本鳥居をくぐって奥社へ。

修学旅行、外国人の参拝者が多い。

Img_9091 おもかる石

祈念して石燈籠の頭を持ち上げ、思ったより軽ければ念願成就とか。さてこの女生徒はどうだったか。

Img_9101 ランプ小屋(稲荷駅脇)

旧東海道線は膳所から稲荷駅を通り、現在の奈良線ルートで京都駅に通じていた。その当時の建物で、旧国鉄最古の建物。

Img_9100 説明板

Img_9102 腹帯地蔵尊(伏見街道踏切手前)

もとは旧大和街道の大紋(今の大門地区か)の道端に小庵があったが、旧大和街道より伏見街道の方が人通りが多くなり、当地へ遷座したという。

Img_9104 腹帯地蔵

安産の守護地蔵。

Img_9332 縁起

Img_9106 ぬりこべ地蔵道標

ここを左折し伏見街道から離れ、大門踏切(JR奈良線)を渡って旧大和街道の方へ行く。

Img_9111 ぬりこべ地蔵尊 【ル-ト地図】の③

名の由来は、①かつて土を塗り込めた壁のお堂に安置されていた。②「塗り込め」の言葉が「病気を封じ込める」という意味に転じ、病気や痛み、特に「歯の痛み」を封じるご利益があるとされ、「ぬりこべ地蔵」と呼ばれるようなった。

Img_9110 ぬりこべ地蔵

歯痛にご利益有りだが、今のところ歯は大丈夫だ。堂守のお婆さんは諸病にご利益有りと言う。悪い所は諸々あり過ぎて、何を祈願していいか迷った。

Img_9115石峰寺(せきほうじ)

五百羅漢は撮影、スケッチ禁止

Img_9109 説明板

Img_9121宝塔寺四脚門(総門)(重文) 《地図

Img_9120 説明板

Img_9124 (旧)大和街道を進む。

深草大亀谷から八科峠を越え、六地蔵に通じたそうだ。

Img_9127瑞光寺(元政庵)表門

雨は降っていない。

Img_9128 本堂も茅葺きですがすがしい。

Img_9141 深草北陵 《地図

12人の天皇陵

ここから伏見街道に戻る。

Img_9154 聖母女学院(陸軍第16師団司令部跡

近くには師団街道、師団橋、第一軍道、軍人湯などが残る。

Img_9158 旧家

Img_9163 軍人湯

16師団の軍人も大勢来たそうだ。

Img_9167 四ノ橋 【ル-ト地図】の④

これも七瀬川の現役の橋。街道に斜めに架けられていたことから直違橋といわれ、地名にもなっている。

Img_9172 京街道合流地点 《地図

左から来る京街道と合流し、しばらく一緒に進む。

 この間(墨染橋~撞木町廓跡)は『京街道①』に記載。

Img_9177 京街道(右へ)分岐地点 《地図

伏見街道は京町通りを直進する。

 本町通り交差点を左折し、御香宮神社に寄る。

Img_9188 桃山幼稚園 《地図

昭和11年に宮大工の大木吉太郎により和風建築として設計施工された建物か?

Img_9189 御香宮神社石垣

鳥羽・伏見の戦いでは伏見町内における官軍(薩摩藩)の本営となった。南側が幕府軍、会津・桑名軍、新撰組等の陣営の伏見奉行所跡。

Img_9203御香宮神社表門

伏見城の大手門を移築。伏見城跡は北東、1kmほどにあるのだが寄らなかった。

Img_9197 拝殿 

伏見街道に戻る。

Img_9204 魚三楼 《地図

Img_9212 鳥羽伏見の戦の弾痕

Img_9211 説明板

Img_9216 伏見奉行所跡 《地図

桃陵団地前に黒塀(復元)と碑が立ち、奉行町にその名を残す。

Img_9215 説明板

Img_9217 伏見奉行所の石垣

Img_9219 旧家

Img_9224 八千代大明神 《地図

平戸橋踏切(京阪宇治線)を渡れば宇治川に突き当たる。

Img_9228 宇治川土手を観月橋まで行く。

Img_9230 「明治天皇駐輦所観月橋」碑

右の「淀川維持区域標」の右側面には「従是下至海」とある。そりゃそうだが・・・。

この先は大和街道(奈良街道)となり、観月橋を渡って南下し奈良へと至る。

ここを伏見街道歩きの終点とし、宇治川派流沿いを京橋へと向かい竹田街道に取り掛かる。

Img_9242十石舟

Img_9254 説明板

Img_9244長建寺 《地図

撞木町、中書島の遊女たちの信仰を集めた弁財天の寺。

Img_9246 説明板

Img_9255 弁天浜

対岸の北側には寺田屋があり、今日も見物客で賑わっている。

Img_9256 説明板

Img_9265 京街道に出て京橋を渡る。【ル-ト地図】の⑤

ここが竹田街道の始点・終点だ。

Img_9268 京街道・竹田街道分岐地点 《地図

京街道は駿河屋羊羹店(破産したようだ。建物はどうなっているのか? 2015年2月に営業を再開したようだ)の前を右折して行く。竹田街道は直進。

Img_9272西養寺 《地図

Img_9273 土橋(濠川)を渡る。《地図

材木を川に渡しておいて、その上に土や砂利を敷きつめた橋だったそうだ。

Img_9276 玉乃光酒造

Img_9282 棒鼻交差点

竹田村と伏見領の境界で駕籠の継立場があったそうだ。

Img_9291 城南宮参詣道 《地図

後方に北向不動尊石柱と道標「右 北向不動明王 左 城南宮」が立つ。城南宮は昨日の鳥羽街道で訪れた。

Img_9298 旧道に入るが別に見所はない。《地図

Img_9303 東高瀬川沿いを進む。

Img_9311 勧進橋を渡る。《地図

江戸時代には渡り賃を取られた私有の橋で銭取橋とも呼ばれ、渡り賃は伏見稲荷大社の改修費用に充てられたという。

Img_9318 竹田街道札辻交差点・宇賀神社道標(右) 《地図

宇賀の辻子跡で、右折して宇賀神社に寄る。

Img_9323  宇賀神社

ここは藤原鎌足が月輪のあたりを遊猟中に金璽(きんじ・金印)を得、後世都が遷されて我が子孫が繁栄することを予知し、その金璽を埋めた宇賀塚であるとか。背後は樹齢500年以上という銀杏と椋の大木。

Img_9322 由緒

 この先、陶化小学校に勧進橋のたもとに立っていたという「石敢當」と、竹田街道で使われた「車石」があるのだが、ここも統廃合されるのか閉まっていて校内には入れなかった。車石は旧東海道の大津と京都の間にもあった。『東海道(大津宿→三条大橋)

Img_9328 竹田口あたり(竹田街道八条交差点) 《地図

ここを竹田街道歩きの終点とした。

|

« 鳥羽街道 | トップページ | 那覇市の坂① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/55054637

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見街道・竹田街道:

« 鳥羽街道 | トップページ | 那覇市の坂① »