« 那覇市の坂④ | トップページ | 上尾市の坂② »

2012年7月25日 (水)

上尾市(埼玉県)の坂①

2012年7月19日

指扇駅(JR川越線)・・・(西大宮バイパス)・(滝沼川)・・宝来交差点・・・福寿庵百観音・八雲神社・・・市営峰岸団地・・・(上尾市)・・・天沼坂・・天沼橋・・雨沼坂・・・観音堂・・・開平橋交差点・・地蔵院・・・平方交差点・・亭家坂・・・馬蹄寺・・・橘神社・・・吾妻坂・・・丸山公園・・・寺坂・・小林寺・・・稲荷橋・・稲荷坂・・・諏訪神社・・・駒橋通り・・・地蔵像板石塔婆(畔吉東部共同墓地)・・・西上尾車庫バス停→上尾駅(JR高崎線)

  【ル-ト地図】(9.4km)

 参考:『広報あげお』(№508(1988年7月1日))~(№558(1990年8月1日))

 写真をクリックすると拡大します。

Img_0054 指扇(さしおうぎ)駅

指扇の由来は、①サシは日向地・傾斜地、オギは湿地の意味があり、湿地に続く日向地・傾斜地のこと。②足利一族の上野右馬助頼兼が恩賞として拝領した地域が扇の形だった。③江戸時代、旗本山内豊前守一唯(山内一豊の甥)の拝領地三千石の地域が扇の形だったなどだが、江戸時代にはすでに指扇という地名はあったのでは?

Img_0058福寿庵百観音(右)・八雲神社(左) 【ル-ト地図】の①

Img_0060 説明板

Img_0068 庚申塔(元禄10年(1697))

観音堂の後ろ。

Img_0073 稲穂もかなり伸びてきている。

県道に出て上尾市に入る。

Img_0077 西貝塚地区

貝塚があったのだろうか? 調べても分からず。

Img_0081 天沼坂を下る。 【ル-ト地図】の②

北西方向に下る坂。左側に坂標が立つ。

坂下の天沼橋からは、雨沼坂の上りとなる。昔は「あまぬま」と「あめぬま」と呼んだが、今はどちらも「あまぬま」坂。

Img_0083 雨沼坂を上る。

このあたりは低地で雨が降ると田は沼に化した。右に坂標。

Img_0093 観音堂

Img_0091 森朴斎碑(右端・観音堂境内)

Img_0090 説明板

Img_0100 亭家坂(坂上方向) 北方向に緩やかに上る坂。

「そうだ、まったくだ、テイカの坂だよ、上ればヤネソのうたの声」と歌われた。急な亭家坂を上ると、静かな風景に機織娘の声が聞こえて心が和んでくるよ、と言う意味。坂の上には、テイカの屋号を持つ家がある。 『広報あげお №538(1989.10.1号)』 

Img_0103 亭家坂(坂上方向) 【ル-ト地図】の③

坂上右側に今もテイカ園の民家がある。

Img_0105 テイカ園

Img_0116 馬蹄寺

Img_0113 モクコク

前に「鈴木荘丹俳諧歌碑」が立つ。

Img_0111 説明板(モクコク)

Img_0112 説明板(歌碑)

Img_0118 旧家

Img_0121 橘神社 《地図

Img_0131 大ケヤキ

Img_0128 説明板

Img_0130 平方村河岸出入商人衆奉納の石祠

中央の物か。

Img_0122 説明板

Img_0134 何の容器だったか?

Img_0136 吾妻坂を下る。 【ル-ト地図】の④

馬蹄寺の由来が書かれた略縁起の中に、「鎌倉時代、この里に長者あり、吾妻左衛門是好と言へり。(今に吾妻坂とて長者屋敷の旧跡あり)」とあり、この長者に関係があるらしい。『広報あげお №514(1988.10.1号)』 左の電柱脇に坂標が立つ。

Img_0138 北方向に下って上る坂。

Img_0140 坂上方向

左は橘高校

Img_0147 丸山公園

日陰で一休み。

Img_0149 寺坂の坂上 【ル-ト地図】の⑤

北西方向に下る坂。右に小林。電柱脇に坂標。

Img_0150 小林寺

Img_0153 寺坂を下り、稲荷橋を渡れば稲荷坂の上りとなる。

Img_0156 稲荷橋

右に旧道が残る。旧道沿いにあった稲荷社は明治40年に諏訪神社に合祀されたそうだ。

Img_0158 旧道 《地図

すぐに左折する道がある。

Img_0162 稲荷坂の坂上

右が新道、左が旧道。分岐に坂標が立つ。

Img_0164 稲荷坂

新道の坂下方向

Img_0166 地蔵を見ながら稲荷社が合祀されているという諏訪神社へ向う。

Img_0171 諏訪神社 《地図

稲荷社を探したが堂・祠などは見当たらず。あるのは左奥の愛宕社の小祠のみだった。

Img_0169 説明板(畔吉の万作踊り

Img_0170 説明板(畔吉ささら獅子舞

Img_0173 力石

Img_0172 説明板

Img_0184 畔吉東部共同墓地

Img_0181 地蔵像板石塔婆

地蔵が線刻されている。応安7年(1374)の紀年名があるそうだ。

Img_0179 説明板

Img_0182 説明板(木造阿弥陀如来立像)

西上尾車庫バス停から上尾駅に出た。梅雨が明けて暑い日だった。

|

« 那覇市の坂④ | トップページ | 上尾市の坂② »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/55333166

この記事へのトラックバック一覧です: 上尾市(埼玉県)の坂①:

« 那覇市の坂④ | トップページ | 上尾市の坂② »