« 千人同心日光道④(松山宿→吹上宿) | トップページ | 千人同心日光道⑥(上新郷宿→川俣宿) »

2012年9月21日 (金)

千人同心日光道⑤(吹上宿→行田宿)

2012年9月13日

吹上駅(JR高崎線)・・・松山街道踏切(高崎線)・・・中山道合流地点・吹上宿・東曜寺・・・県道66号・・・佐賀橋(元荒川)・・・(国道17号)・・・本倉稲荷神社・・・がんがら大橋(がんがら落し)・・・(上越新幹線)・・・前谷交差点(国道17号熊谷バイパス)・・・新兵衛地蔵尊標柱・・・大蔵寺・遍照院・・・水城公園・・・行田窯・・・館林道合流地点・・高源寺・佐間口・佐間天神社・・天神橋・・・天満稲荷神社・・大澤蔵・・今津蔵・・奥貫蔵・・・新兵衛橋・・・清善寺・・・行田宿・高札場跡・・本陣跡・・脇本陣跡・・保泉蔵・・・愛宕神社・・・長野口御門跡・船着場跡・小沼橋(忍川)・・・東行田駅(秩父鉄道)・・・長久寺・・久伊豆神社・赤飯伊奈利神社・・・観音前橋・・・真観寺・真観寺古墳・・虚空蔵山古墳・・・武蔵橋(武蔵水路)・・・棒川橋(見沼代用水)・・東福寺・・・琴平神社・・・天州寺・・・武州荒木駅(秩父鉄道)

  【ル-ト地図】(11.2km)

 中山道と合流する吹上宿から忍城下の行田宿を通り、羽生市の手前の武州荒木駅まで、今日も暑さがこたえて早目に切り上げた。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2013 中山道合流地点 【ル-ト地図】の①

吹上宿は中山道では間の宿だが、千人同心日光道では本宿だった。中山道と合流しているの東曜寺門前の50mほどだけ。

Img_2019 佐賀橋から元荒川

Img_2028 がんがら大橋を渡る。 《地図

がんがら落し」は約4kmの農業用排水路。正面は上越新幹線。
 この道筋には大正12年まで、行田と吹上を結ぶ行田馬車鉄道が走っていた。

Img_2037 前谷歩道橋から 《地図

広々とした光景だ。

Img_2040 新兵衛地蔵標柱

地蔵が祀られているのは、清善寺でここからはかなり離れている。

Img_2043 遍照院

駒形地区はこの寺を中心とした門前町として開かれた。

Img_2046 右折して忍城下・行田宿に入る。

Img_2047 水城公園 《地図

忍城(おしじょう)の外堀の沼を利用して、中国江南水郷式造園の手法を取り入れた水郷公園として整備された公園。

Img_2049 しのぶ池

水を見ると少しは涼しさを感じる。

Img_2051 行田窯

もとは穂国足袋の倉庫。

Img_2050 説明板

Img_2052 館林道合流地点 【ル-ト地図】の②

交差点の右から来る館林道(忍城も記載)と合流し、ここを左折する。

Img_2053 高源寺

秀吉の小田原攻めの際に、忍城で奮戦した正木丹波守利英の開基。

Img_2055 説明板

のぼうの城』は映画化された。

Img_2059 佐間口説明板

天神社あたりが忍城防衛の死闘を繰り広げた「佐間口」だった。

Img_2064 佐間天神社

Img_2061 縁起

Img_2549 奥貫蔵

「ほうらい足袋」の奥貫家の足袋蔵。「行田の足袋」は昭和13年には8,400万足の生産量で、全国生産の約8割を占めていた。『ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

Img_2550 説明板

Img_2553 新兵衛橋

「新兵衛地蔵入口」バス停もある。

Img_2561清善寺 《地図

「新兵衛地蔵」の標柱。

Img_2558 新兵衛地蔵

昭和6年、日本中が不景気の中、大沢証券㈱の大沢龍次郎が失業対策事業として清善寺の無縁仏整備を提案し、無縁塔を造立し、その頂きに地蔵を奉安した。この地蔵は大沢氏の父が所持していた仏像を宝珠の中に入れた地蔵だそうだ。
そもそも「新兵衛」の由来は何なのか?

Img_2070 大澤蔵

「花形足袋」の文庫蔵

Img_2071 説明板

Img_2075 今津蔵

店蔵は市内最古級というが、保存状態がいまいちか。

Img_2074 説明板

Img_2081 高札場跡 《地図

レトロな武蔵野銀行の右前に「高札場跡」碑が立つ。

Img_2080 説明板

Img_2085 本陣跡 【ル-ト地図】の③

埼玉県信用金庫銀行の所で、東隣に脇本陣があった。

Img_2086_2 本陣跡碑

Img_2092ふくさや

呉服商の店蔵→足袋蔵→ふくさや店舗

Img_2089 説明板

大長寺の手前で左折する。

Img_2093 このあたりが馬車鉄道の発着所跡で、石標が立つというが見逃した。 《地図》(馬車道の標示がある)

Img_2094 愛宕神社

長徳寺跡という。

Img_2095 長野口御門跡 【ル-ト地図】の④

すぐ先の小沼橋(忍川)あたりが船着場跡

Img_2096 説明板

Img_2099 船着場跡碑

Img_2100 船着場跡から忍川(おしがわ)

Img_2103横田酒造 《地図

この先の交差点を左折し、秩父鉄道の踏切を渡る。

Img_2109 長久寺山門

Img_2111 説明板

Img_2110 説明板

Img_2117 久伊豆神社

藤は行田市の天然記念物。『花 蕾日記

Img_2116 説明板

Img_2119 社殿

Img_2121 赤飯(しゃくじき)伊奈利神社

久伊豆神社の摂社。初午に赤飯と油揚げを献ずるという。

Img_2123 館林12kmの標識

館林は今日も猛暑日だった。明日は館林市に入るが。

Img_2126 真観寺

「小見の観音様」として親しみ信仰されてきた寺。

Img_2128 小見真観寺古墳

Img_2129 説明板

Img_2131 虚空蔵山古墳 【ル-ト地図】の⑤

全長約60mだが前方部の一部が残るのみ。

Img_2132 説明板

Img_2135 墳丘図

「笑う女人埴輪」

Img_2139 武蔵水路(武蔵橋から)

利根川の水を荒川に導くための導水路。

Img_2143見沼代用水(棒川橋から)

正面向う側は東福寺。

Img_2147 天州寺 《地図

木造聖徳太子立像」は国指定重文

Img_2148 説明板

Img_2149 武州荒木駅(秩父鉄道)

ちょうど羽生行きが出発した後で、30分待ちとなった。

|

« 千人同心日光道④(松山宿→吹上宿) | トップページ | 千人同心日光道⑥(上新郷宿→川俣宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/55709064

この記事へのトラックバック一覧です: 千人同心日光道⑤(吹上宿→行田宿):

« 千人同心日光道④(松山宿→吹上宿) | トップページ | 千人同心日光道⑥(上新郷宿→川俣宿) »