« 千人同心日光道⑦(館林宿→天明宿・日光例幣使街道合流地点) | トップページ | 川越・児玉往還① »

2012年9月27日 (木)

館林道

2012年9月18日

北鴻巣駅(JR高崎線)・・・箕田の追分(中山道)・・・行田街道踏切(JR高崎線)・・・三ツ木神社・・・(国道17号)・・・清龍寺・・・川面橋(元荒川)・・・(上越新幹線)・・・堀切橋(新忍川)・・石田堤・・・永徳寺・・・伊奈利神社・・・樋上天神社・・・宝珠院・・・(国道17号熊谷バイパス)・・・樋の上橋(新忍川)・・・下忍の一里塚跡・・・諏訪神社・・・川端酒造・・・佐間交差点・・・千人同心日光道合流地点・・・清善寺・・向吹御門跡・・・忍城・・・諏訪神社・・・高札場跡・・・行田市駅(秩父鉄道)

  【ル-ト地図】(10.2km)

 中山道鴻巣宿の北の箕田の追分で中山道から分かれ北上し、行田・館林を通り、天明宿で日光例幣使街道に合流する日光脇往還の館林道を、行田の千人同心日光道との合流地点まで歩く。
 「日光裏街道」とも呼ばれ、行田市の説明板などにはこの名称が使われている。

 写真をクリックすると拡大します。

Img_2490 箕田の追分 【ル-ト地図】の①

中山道は左へ、館林道は右へ。中山道の左側に箕田地蔵堂、左正面の分岐点に説明板などが立つ。

Img_2491 追分図

地蔵堂、立場茶屋の冨士屋、道標が描かれている。道標には「右 館林道」とある。

Img_2496 三ツ木神社 《地図

樹齢400年、根回り約10mの大ケヤキ(鴻巣市の天然記念物)。

Img_2508 堀切橋(新忍川)

橋を渡ると石田堤が残っている。

Img_2511 石田堤 【ル-ト地図】の②

Img_2512 説明板

館林道を「日光裏街道」と呼んでいる。

Img_2519 伊奈利神社 【ル-ト地図】の③

たわわに実った稲穂が広がる、まさに「稲荷神社」。

Img_2521樋上天神社

鳥居の前を旧道っぽくカーブして行く。

宝珠院の先で国道17号熊谷バイパスをくぐる。

Img_2533 下忍の一里塚跡 【ル-ト地図】の④

TACA埼玉工場敷地内に東塚だけが残る。日本橋から15里か?

Img_2534 説明板

Img_2544 川端酒造 《地図

創業安政4年(1857)

Img_2547 千人同心日光道合流地点 【ル-ト地図】の⑤

左から来る千人同心日光道と合流し、館林から日光へと続いて行く。
ここを館林道歩きの終点とし忍城(おし)に向かう。

Img_2563 向吹?御門跡(清善寺の先(西)の左側)

忍城十五門の一つ

Img_2564 C57

Img_2565 説明板

Img_2571 忍城冠木門

Img_2592 忍城

Img_2589 忍城御三階櫓

Img_2587 説明板

Img_2579 高麗門

Img_2583鐘楼

城下への「時の鐘」

Img_2586 伝進修館表門

Img_2585 説明板

Img_2593 行田市駅

Img_2594 駅のベンチ

かつては行田は足袋の生産日本一だった。「足袋蔵」も残っている。

|

« 千人同心日光道⑦(館林宿→天明宿・日光例幣使街道合流地点) | トップページ | 川越・児玉往還① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/55757329

この記事へのトラックバック一覧です: 館林道:

« 千人同心日光道⑦(館林宿→天明宿・日光例幣使街道合流地点) | トップページ | 川越・児玉往還① »