« 千人同心日光道⑤(吹上宿→行田宿) | トップページ | 千人同心日光道⑦(館林宿→天明宿・日光例幣使街道合流地点) »

2012年9月23日 (日)

千人同心日光道⑥(上新郷宿→川俣宿)

2012年9月14日

武州荒木駅(秩父鉄道)・・県道7号・・・天満宮・・・荒木交差点・・・(羽生市)・・・祥雲寺(西寺)・・南陽酒造・・上新郷交差点・新郷村道路元標・上新郷宿・・法性寺(東寺)・・・脇本陣跡須永家・・本陣跡須永家・・豊明橋・・・愛宕神社・・勘兵衛松並木跡・・・並木橋(埼玉用水路)・・塞神社跡・・・地蔵・庚申塔祠・・大石橋・・・利根川土手・川俣関所跡・富士見の渡し跡・・国道122号・昭和橋(利根川)・・(群馬県明和町)・・旧道・・川俣宿本陣跡塩谷家・・粟島神社・・・川俣事件衝突の地・邑楽用水路・・・(国道122号)・・・長良神社①・東光寺(佐貫氏館跡)・・・阿弥陀三尊板碑標柱・・・長良神社②・・・天神橋(利根加用水)・一里塚跡・富士山供養塔・・・青柳橋(谷田川)・・・(館林市)・・・麻疹地蔵・龍積寺(青柳城跡)・・・長良神社③・・・茂林寺入口交差点(国道122号)・・・(東武伊勢崎線踏切)・・・茂林寺・・・茂林寺前駅(東武伊勢崎線)

  【ル-ト地図】(13.5km)

 行田市から羽生市に入り、上新郷宿を抜け街道の片側に残る勘兵衛松並木を日除けにしながら川俣関所跡の利根川の土手に上る。富士見の渡し跡の昭和橋を渡れば群馬県明和町だ。
 川俣宿を通り、青柳橋を渡ると館林市で暑さが増した感じがする。茂林寺入口交差点を今日の終点とし、分福茶釜の茂林寺に寄った。
 次回はいよいよ日光例幣使街道と合流する天明宿(栃木県佐野市)まで行く予定だ。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2156 羽生市に入る手前

右に旧道が少し残る。

Img_2160 祥雲寺(西寺) 《地図

Img_2161 説明板

Img_2163 南陽酒造(左)の先の上新郷交差点で左折すると上新郷宿。

館林から行田へ向う時の片継場(宿場)だった。交差点の右に新郷村道路元標が立つ。

Img_2172 旧家

Img_2170 法性寺(東寺)

Img_2175 互福衣料

創業明治38年

Img_2177 脇本陣跡須永家か?

もとは欅造りの門の中に総茅葺の母家だったそうだ。

Img_2182 本陣跡須永家 【ル-ト地図】の①

Img_2184 説明板

Img_2185 椎の木(本陣家敷地内)

推定樹齢400年

Img_2183 説明板

Img_2188_2 愛宕神社

社殿は古墳上にある。この先の勘兵衛松並木沿いにあった塞神塔が合祀されているという。
ここが新郷宿のはずれ。

Img_2191_2 勘兵衛松並木跡 【ル-ト地図】の②

寛永5年(1628)の徳川家光の日光社参の折に、街道沿いに風趣を添えるために忍藩城主が家臣の勘兵衛に命じ、延長559mの間に黒松150本を植えた松並木の名残り。
本数は少なくなっているが、日を除けてくれて助かる。

Img_2193 塞神社跡

「愛宕神社に合祀」とある。

Img_2196地蔵・如意輪観音・庚申塔祠

庚申塔は両側面にも2体づつの観音が浮彫されている。

Img_2201 利根川土手に上る。

Img_2203 川俣関所跡 【ル-ト地図】の③

関所跡・渡船場跡は河川改修で、川底に眠ってしまった。

Img_2207 説明板

Img_2208 定書

Img_2209 昭和橋(656m)を渡る。

橋の上流側に新郷の渡船場、下流側に川俣の渡船場があったようだ。渡船場からは富士山の眺めがよく「富士見の渡し」と呼ばれていた。

下調べでは昭和橋には歩道がないというので覚悟はしていたが、しっかりと幅広い歩道がついていた。

Img_2217 利根川

少雨で流量が少ないのか。

昭和橋を渡れば群馬県明和町だ。

Img_2223 土手から下りると川俣宿

すぐ下に本陣塩谷家

Img_2225 川俣宿本陣跡 【ル-ト地図】の④

Img_2226 川俣宿の家並み

鳥居の奥が粟島神社

Img_2228 粟島神社

川俣宿の鎮守

Img_2232 宿場図(上が南)

右側中央より少し下に脇本陣がある。

Img_2234 説明板

Img_2235 川俣事件衝突の地 《地図

Img_2238 説明板

この右側に新しい記念碑もある。
すぐ後ろを邑楽(おうら)用水路が流れている。

Img_2248 長良神社①・東光寺 《地図

あたり一帯は鎌倉時代の御家人、佐貫氏の館跡という。館林周辺は佐貫庄と呼ばれ、鎌倉時代の佐貫荘は秀郷流足利氏流の佐貫氏が勢力を持っていたそうだ。

Img_2249 阿弥陀三尊板碑標柱(右の電柱脇)

秋野家の敷地内に永仁3年(1295)の高さ40cmほどの板碑があるそうだ。

Img_2254 一里塚跡・富士山供養塔(左の松の脇) 【ル-ト地図】の⑤

富士山供養塔(安政4年(1857))は、富士参拝に向かう老人がこの地で力尽き、田の水面に映る富士を見て息絶えたのを、村人が弔ったものという。

Img_2259 館林市に入る。

「つつじのまち」なら涼しそうでいいが、館林と言えばやはりこの暑さだろう。

Img_2261 龍積寺(りゅうしゃくじ) 《地図

麻疹地蔵(山門左)は、この先の青柳刑場にあって「首斬地蔵」と呼ばれていた。明治42年にここへ移設。
このあたり一帯が青柳城跡で、文明年間(1469~86)に大袋城築城まで赤井氏の居城だったという。(「群馬県歴史の道調査報告書」では、長良神社③の北側一帯を青柳城跡としている)

Img_2265 長良神社③ 《地図

長良神社が多いのは古代の豪族、長柄氏と関連があるのか。
 

茂林寺入口交差点に出て茂林寺に向う。

Img_2269 「ラーメン分福庵」・「分福住宅団地」・「分福公民館」

ここは「分福茶釜の里」、分福町なのだ。

Img_2600 茂林寺山門(赤門) 《地図

居並ぶ狸が出迎えてくれる。

Img_2602 本堂

Img_2606 分福茶釜

紫金銅製・周囲4尺・口径八寸・重量約三貫目・容量一斗二升

Img_2609 やっぱり狸が化けていたというのは本当だった?

ちなみに「童謡『証城寺の狸囃子』の證誠寺は、千葉県木更津市。『房総往還④』に記載。

Img_2274 茂林寺前駅

|

« 千人同心日光道⑤(吹上宿→行田宿) | トップページ | 千人同心日光道⑦(館林宿→天明宿・日光例幣使街道合流地点) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/55723038

この記事へのトラックバック一覧です: 千人同心日光道⑥(上新郷宿→川俣宿):

« 千人同心日光道⑤(吹上宿→行田宿) | トップページ | 千人同心日光道⑦(館林宿→天明宿・日光例幣使街道合流地点) »