« 奥州街道(有壁宿→平泉) | トップページ | 奥州街道(水沢宿→黒沢尻宿) »

2013年6月22日 (土)

奥州街道(平泉→水沢宿)

2013年6月13日

平泉駅(JR東北本線)・・・高館踏切・・・伽羅之御所跡・・・無量光院跡・無量光院一里塚跡あたり・・・柳之御所跡・・・高館義経堂・・・卯の花清水・・・中尊寺道踏切(東北本線)・・・弁慶の墓・・・月見坂・・・東物見台・・・晩照坂・・・金色堂・・・北参道・・・薬樹王院・・・衣川土手・・・衣川橋(衣川)・・(奥州市)・・瀬原地区(間の宿)・・安倍一族鎮魂碑・・九輪塔跡・・瀬原古戦場跡・・稲荷坂・・・(東北自動車道ガード)・・・徳沢橋(徳沢川)・・・徳沢一里塚跡(119)あたり・・・奥州街道説明板・・・本浄寺坂・・・白鳥川・・・(東北自動車道ガード)・・・白鳥神社・・前沢宿・・丁切バス停・・西岩寺・・・観音堂の坂・・観音堂跡・・旧裏小路(武家屋敷跡)・・閑居坂・・三沢氏居館表門(前沢小学校)・前沢水路・・県道243号・・佐藤屋旅館・・太幸邸・・熊野神社・・岩手銘醸・・二十人町バス停・・前沢一里塚跡(120)あたり・・・岩堰橋(岩堰川)・・・竈神社標柱・・・大儀寺・・国道4号・・・旧道・・大林寺・・・国道4号・・・明後沢橋(明後沢川)・明後沢遺跡標柱・・・熊野神社鳥居・・・松ノ木沢橋(松ノ木沢川)・・・折居橋(宮沢川)・・・旧道・・折居地区(間の宿)・・神明社標柱・・折居一里塚跡(121)あたり・・桜並木・・国道4号・・・大深沢川・・・真城寺・・・稲荷神社・・・銀銭清水之滝(立木八幡宮)・・・県道226号・・真城一里塚跡(122)・・・森城山墓地・・・大鐘公園・・・仙北街道追分・・・水沢宿・・南町交差点・・袋町交差点・・大安寺・・八雲神社・・横町交差点・・・水沢駅(JR東北本線)

  【ル-ト地図】(28.2km)

 今回は平泉から盛岡まで5日間かけて行く。東北地方はまだ梅雨入りしてなく暑いが、雨の道中よりはいいだろう。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2445 平泉の町並み

静かな通りだ。賑やかなのは毛越寺と中尊寺の周辺だけか。右折して伽羅之御所跡に寄る。

Img_2447 伽羅之御所跡 《地図

説明板だけで遺構や復元物などはない。

Img_2446 説明板

『奥の細道』の【平泉

Img_2448 無量光院跡 《地図

Img_2450 説明板

Img_2451 宇治の平等院鳳凰堂を模した建物だったようだ。

 『岩手県歴史の道調査報告書』には、「敷地内に一里塚が現存し、その上に老杉がそびえている」とあるがどこか分からず。

Img_2458 柳之御所跡 【ル-ト地図】の①

園地(復元)から高館義経堂。

Img_2473 義経堂から北上川、束稲山(たばしね) 《地図

Img_2468 芭蕉句碑

「夏草や 兵どもが 夢の跡」と詠んだのはこの地という。

Img_2475 義経像

菊人形のような個性のない顔で、イメージとは程遠かった。

Img_2466 説明板

Img_2465 義経北行伝説

義経不死伝説」は、義経は蝦夷地から大陸に渡り、果ては成吉思汗(ジンギスカン)になったという。「判官びいき」のなせる大技だ。

Img_2480 卯の花清水 《地図

チョロチョロと水が流れている。老忠臣兼房を偲んで少し飲もうと思ったら、「れてしまい水道水」との注意書きで興ざめ。この右側に曽良の「卯の花に兼房みゆる白毛かな」の句碑がある。

Img_2479 由来

 中尊寺道踏切を渡れば中尊寺だ。

Img_2483 弁慶の墓 《地図

石碑は後世のもので、もとは五輪塔が建っていたという。石碑の前の石はその一部か?

Img_2484 中尊寺

月見坂下は平日でもこの賑わいだ。標柱の右の石地蔵坐像(明和6年(1769))は道標を兼ねているそうだが、どこに刻まれているのか分からず。

Img_2488 月見坂を上る。《地図

中尊寺の表参道だ。古代の東山道のルートで、衣川関に通じていたという。

Img_2492 東物見台から北方向

下に衣川橋が見える。

Img_2493 晩照坂 《地図

本堂の西側から南方向に下る石段。
『岩手県の歴史散歩』(山川出版社)の境内案内図にある坂。「晩照」とは何か? 「晩鐘」なら分かるが。

Img_2495 金色堂の覆堂

Img_2496 北参道を通って衣川へ。《地図

Img_2497 観光客の車も通らない静かな道を下る。

Img_2502 衣川の土手下

街道はこのあたりから衣川を渡っていて、川守地蔵だろう。

今は衣川橋を渡って奥州市に入り、間の宿瀬原へと進む。

Img_2506 衣川(衣川橋から)

上流の衣川柵方向 《地図

Img_2511 安倍一族鎮魂碑 《地図

このあたりは九輪堂という地名。

Img_2513 九輪塔跡説明板

Img_2515 瀬原古戦場跡(鎮魂碑の北側一帯)

前九年の役」の戦場跡

右奥の天守閣のような屋根は衣川収蔵庫懐徳館、正面は国民宿舎サンホテル衣川荘。

Img_2517 説明板

Img_2522 稲荷坂を上る。《地図

坂の途中に愛宕神社があったが。

Img_2528 坂上近く

この先は東北自動車道で左に大きく迂回し、ガードをくぐる。

Img_2533 東北自動車道の北側沿いを進み、徳沢川を渡る。《地図

Img_2540 徳沢一里塚跡(119)あたり

旧道はこの先で途切れる。《地図

西(左)に大きく迂回する。

Img_2541 東北自動車沿いに道はあるがこの先は行止りか、工事中のようだ。(未確認)

Img_2550 街道図

徳沢一里坂(塚)~現在地(奥州道中案内板)までが途切れている。

Img_2551 旧道復活地点(南方向) 《地図

右に奥州道中案内板。この先の左の繁みの中に明治天皇碑が立っているようだ。

Img_2549 説明板

Img_2556 本浄寺坂を下る。 【ル-ト地図】の②

けっこうな急坂だ。坂沿いに墓地はあったが寺はなかった。前方に前沢地区が見える。

 坂を下り東北自動車道をくぐって前沢宿へ入る。

Img_2564 白鳥神社 《地図

Img_2566 由緒

Img_2570 丁切バス停

前沢宿への出入り口で木戸があったのか。

Img_2568 西岩寺

五百羅漢は収蔵庫に納められているようだ。28体しか残っていないが。

Img_2572 説明板

Img_2580 観音堂の坂 《地図

今は坂上の千手観音堂はなく、木の鳥居と石の小祠があるのみ。

Img_2579 説明板

Img_2586 閑居坂 【ル-ト地図】の③

前沢地区は「坂のまち」で、この他にも「たつこ坂」・「新坂」・「輔八坂」・「上野坂」などがある。

Img_2588 説明板

Img_2592 前沢領主三沢氏居館表門(前沢小学校)

Img_2595 居館前を前沢水路が流れていた。

Img_2590 説明板

Img_2596 説明板(前沢水路)

 街道に戻り、前沢宿を五十人町→三日町→七日町→新町→二十人町へと進む。

Img_2598 佐藤屋旅館

看板に「明治天皇行在所跡」

Img_2601仁衛堂薬局 《地図

凝った造りの「本家」看板だ。伊達、南部藩はもとより津軽や秋田までも知れ渡っていた名薬「金命丸」の本家。有名になるにつれ、同じ名前で薬を販売する者が出たため、真の製造元を示すため宣伝普及用として作られたという。南部藩きっての宮大工、初代高橋勘次郎作。

Img_2608 太幸邸 【ル-ト地図】の④

Img_2606 説明板

Img_2612 岩手銘醸 《地図

Img_2615 前沢一里塚跡(120)あたりか。

Img_2617 久成寺説明板

Img_2629 大儀寺

この先で国道4号に出る。

Img_2633 古城郵便局の手前で左に旧道に入る。《地図

Img_2636 長屋門の農家

 すぐに国道4号に出る。

Img_2639 明後沢遺跡標柱

Img_2646 真城郵便局の先で左に旧道に入る。

分岐点に「風鈴のまち水沢」の標柱が立つ。今でも南部風鈴作りは盛んなのか?

Img_2652 折居地区 《地図

間の宿の面影は薄い。折居一里塚跡(121)はどのあたりか?

Img_2654 桜並木

Img_2657 国道4号に合流。

Img_2660 真城寺

胆沢三十三観音霊場の第23番

Img_2670 銀銭清水之滝(右・立木八幡宮) 《地図

滝と名乗るのはちょっとおこがましいか。水も涸れてきているようで流れていない。

Img_2673 国道から分かれ左の県道226号に入る。

すぐ左の民家内に真城一里塚跡がある。

Img_2676 真城一里塚跡(122) 【ル-ト地図】の⑤

左の敷地内に小さな塚跡(西塚)が見える。

Img_2675 説明板

Img_2674 地図

水沢城の北の不断丁に次の不断一里塚がある。

Img_2679 旧道消滅地点 《地図

ここから北西方向へ大鐘公園と市民プールの間あたりに通じていたのだろう。東北本線沿いを進み迂回する。

Img_2680 森城山墓地

Img_2683 旧道復活地点(南方向) 《地図

ここから北へ進む。

Img_2686 仙北街道追分 《地図

道標には、「左は旧奥州街道」・「右は旧仙北街道」

Img_2693 袋町交差点 《地図

水沢宿の南の入口で木戸が設置されていた。写真は佐々東染物店

Img_2700 高野長英の墓(大安寺)

水沢は長英の故郷。長英は逃亡生活であちこちに足跡を残している。「大山街道」・「四国遍路道」・「赤山街道」でも彼に出会った。

Img_2699 説明板

Img_2703 八雲神社

袋町の纏(まとい)が洒落ている。

横町交差点を右折し、水沢駅前通りに出て今日の打ち止めとし、右折して水沢駅に向かった。

Img_2707 水沢駅前通り

水沢は3度目だが来るたびに寂れて行く。新幹線が止まらないせいもあるか。

|

« 奥州街道(有壁宿→平泉) | トップページ | 奥州街道(水沢宿→黒沢尻宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/57641943

この記事へのトラックバック一覧です: 奥州街道(平泉→水沢宿):

« 奥州街道(有壁宿→平泉) | トップページ | 奥州街道(水沢宿→黒沢尻宿) »