« 鎌倉街道(下の道①) | トップページ | 鎌倉街道(下の道④) »

2013年9月 3日 (火)

鎌倉街道(下の道③)

2013年8月28日

金沢八景駅(京浜急行線)・・・瀬戸神社・・・琵琶島神社・・・瀬戸橋(宮川)・・・憲法草創之処碑・洲崎町交差点・・・洲崎神社・・龍華寺・・・金沢八幡神社・・赤門通り・・薬王寺・・称名寺・・金沢文庫・・・国道16号・・・能見台第2踏切(京急線)・・・六国峠ハイキングコース・・・能見堂跡・・能見台緑地・・・(横浜横須賀道路)・・・能見台北公園・・・永取沢高校・・岩船地蔵尊・・・(磯子区)・・・笹下釜利谷道路・・栗木交差点・・JR根岸線ガード・・・旧道・かねさわ道案内板・・・妙蓮寺・・・(港南区)・・・新川橋交差点・・・打越交差点(環状2号)・・・関バス停・・・関之橋(笹下橋)・・・横浜刑務所・・・関ノ下交差点・・・(上大岡駅)・・・慰霊堂入口交差点・鎌倉街道・・・京急線ガード・・・最戸橋(大岡川)・旧鎌倉街道・(南区)・・・旧道入口交差点・鎌倉街道・・鎌倉街道碑・・・弘明寺駅(横浜市営地下鉄)

  【ル-ト地図】(14.7km)

  鎌倉市の坂-3(鎌倉街道下の道②)』(金沢八景駅→鎌倉へと歩いている)からの続きです。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_4762瀬戸神社

治承4年(1180)、源頼朝が伊豆三島明神を勧請。

Img_4758蛇びゃくしん

Img_4757説明板

Img_4760謡曲「放下僧(ほうかそう)」

放下僧の仇討

Img_4766琵琶島神社参道 【ル-ト地図】の①

「びゃくしん」の枝が左の海の方へ延びている。

Img_4768社殿

北条政子が琵琶湖の竹生島弁財天を勧請。

Photo金沢八景『瀬戸の秋月』

Img_4764説明板

Img_4772瀬戸橋を渡る。

Img_4777憲法草創之処碑  《地図

Img_4775説明板

Img_4779洲崎神社(正面右)

もとは「長浜千軒」といわれた地にあったが、応長元年(1311)大波にさらわれ、村民とこの地に移ってきたという。

Img_4786龍華寺(りゅうげじ)

茅葺き屋根の鐘楼、梵鐘は天文10年(1541)の銘があるが、鎌倉時代後期の作ではないかという。

Img_4791金沢八幡神社

Img_4793薬王寺(右)

源範頼の霊を弔うために建立。

正面奥は称名寺の赤門

Img_4796赤門(称名寺) 《地図

拝観料を覚悟していたが無料だった。境内は広く、静かできれいだ。季節がよければ散策にぴったしだろう。

Img_4798光明院表門

Img_4797説明板

Img_4799仁王門

Img_4803庭園

反り橋と阿字ヶ池

Img_4805反り橋の上から金堂・釈迦堂(右)

Img_4808釈迦堂

禅宗様で茅葺。

Img_4813反り橋に日傘の麗人?

Img_4817中世のトンネル跡

Img_4816説明板

Img_4820金沢文庫

古い建物かと思っていた。

Img_4815説明板

国道16号に出て能見台第2踏切(京急線)を渡り、能見台の住宅街を上って行く。

Img_4829能見堂跡へ向う。《地図

Img_4831六国峠ハイキングコースに入る。

Img_4834いい道だが、とにかく蒸し暑い。

Img_4840能見堂跡あたりから 【ル-ト地図】の②

能見堂とは擲筆山(てきひつざん)地蔵院のこと。
ここは「金沢八景の根元地」だが、眺望は広がらない。

Img_4835写真(明治時代)

巨勢金岡があまりの絶景に筆が進まず、松の根元に筆を投げ捨てたという「筆擲松」(ふですてまつ)がそびえる。金岡は熊野古道の藤白でも筆を投げ捨てている。『熊野古道(紀伊路⑥)

この先は北の京急団地の方に行くのだが、迷って西の釜利谷の方へ下ってしまい、大汗をかきながら引き返し、やっと能見台緑地を抜けた。

Img_4847京急団地を通って行く。《地図

Img_4851尾根道を行く。

Img_4853岩船地蔵尊

岩船地蔵の本尊は栃木県の岩船山高勝寺にあり、この地蔵尊は子授け、子育て、安産祈願や、海が近いことから漁の安全を祈願したようだ。

金沢区から磯子区に入る。

Img_4859大岡川(笹下川)沿いの道となる。

笹下釜利谷道路に出て栗木交差点を渡り、JR根岸線ガードをくぐった先で右に「かねさわ道」に入る。

Img_4866右が「かねさわ道」 【ル-ト地図】の③

Img_4867案内板

妙蓮寺の先で港南区に入る。

Img_4875の橋 【ル-ト地図】の④

バス停・ノ下交差点などがある。中世には「笹下の関」があって関銭を徴収した交通の要衝地だったのだろう。

Img_4882最戸橋(大岡川) 《地図

手前で右に旧鎌倉街道に入ると、港南区から南区になる。この広い道は鎌倉街道の名称。

Img_4885旧鎌倉街道の標識

旧道の面影はないが。

Img_4887旧道入口交差点

鎌倉街道に合流する。

Img_4889鎌倉街道碑 【ル-ト地図】の⑤

すぐ先の弘明寺駅(横浜市営地下鉄)から帰宅した。

|

« 鎌倉街道(下の道①) | トップページ | 鎌倉街道(下の道④) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/58124753

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉街道(下の道③):

« 鎌倉街道(下の道①) | トップページ | 鎌倉街道(下の道④) »