« 奥州街道(清水川駅→野内駅) | トップページ | 奥州街道(奥内駅→蟹田駅) »

2013年11月 7日 (木)

奥州街道(野内駅→青森駅→奥内駅)

2013年10月21日

野内駅(青い森鉄道)・・・県道259号・・・野内橋(野内川)・・・原別橋(原別川)・・・海昌寺・・・造道交差点・沢田橋(赤川)・旧道・奥州街道標柱・・・猿田彦神社・・・合浦公園・三誉の松・・・茶屋町・・・旭橋(堤川)・・・塩町・・・湊奉行所跡(聖徳公園)・・・棟方志功出生の地・枡形跡・・奥州街道終点の碑・青森市道路元標・善知鳥神社・・・青い森公園・・・御仮屋跡碑(青森県庁)・・・青森湾・八甲田丸・・青森駅・・あすなろ橋(跨線橋)・・・県道280号・・・森林博物館・・沖館橋(沖館川)・・・新井田橋(新城川)・・・明誓寺・・・油川神明宮・・・浄満寺・千人塚・・・大浜橋(天田内川)・・・西田酒造店・羽州街道・松前街道合流地碑・・油川湊番所跡あたり・・・油川橋(油川)・・・油川温泉・・・(油川駅)・・・粟島神社・・・浜田橋(浜田川)・・・八幡宮参道・・・羽黒神社標柱・・・瀬戸子川・・・八幡宮標柱・・・(津軽宮田駅)・・・清岸寺・・・奥内橋(奥内川)・・・三社宮標柱・・・貝倉神社・・・奥内駅(JR津軽線)

  【ル-ト地図】(23.0km)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_7058赤川河口(沢田橋から) 《地図

正面は青森湾

橋を渡って右に旧道入る。

Img_7059電柱前に奥州街道の標柱

Img_7064猿田彦神社

自然石の猿田彦塔(文化5年(1808))が祠内に祀られている。

Img_7072合浦 (がっぽ)公園中を通る。 【ル-ト地図】の①

Img_7077説明板

Img_7075三誉の松

Img_7074説明板

Img_7079茶屋町の家並み

「茶屋」が並んでいたというの面影はない。

Img_7082旭橋から堤川河口方向 《地図

寛文11年(1671)に木橋が架けられる前は舟渡しだった。旭橋の東南詰めに「茶屋町延命地蔵尊」があるようだが見逃した。

Img_7083塩町を進む。 《地図》 

Img_7086説明板

Img_7089湊番所跡あたり(聖徳公園) 《地図

明治天皇の記念碑ばかりで、湊番所の説明板などはない。

Img_7093_2高札場跡 《地図

ここは枡形跡で左側が棟方志功出生の地。

Img_7098奥州街道終点の碑・青森市道路元標(善知鳥神社前) 【ル-ト地図】の②

ここを終点とし、この先は松前街道・外ヶ浜道とするが諸説あり。

Img_7095説明板

Img_7099善知鳥(うとう)神社

Img_7100由緒

Img_7106菅江真澄句碑・謡曲善知鳥の旧蹟碑

Img_7102説明板(句碑)

Img_7105説明板(謡曲)

Img_7110青い森公園

向う側の県庁が御仮屋跡

Img_7112御仮屋跡碑 【ル-ト地図】の③

この碑を見つけるのに苦労した。ここから20mも離れていない東門の守衛も知らないとは情けないね。

Img_7113説明板

Img_7115米穀商店

Img_7440八甲田丸  《地図

船首側には、♪「津軽海峡冬景色」♪の碑がある。近づいたら歌いだした。観光客の多い日などは一日中歌いっぱなしだろう。奥州街道歩きの終点とする竜飛崎にもあるようだ。拙者の美声はそこで聞かせるとしよう。

青森駅にぶつかり街道は途切れる。南側のあすなろ橋で線路を越える。

Img_7123あすなろ橋 《地図

Img_7125街道復活地点 《地図

この先で国道280号に合流し、陸奥湾沿いを北上する。

Img_7127森林博物館  《地図

Img_7131沖館橋(沖館川)から青森湾方向

右は森林博物館

油川の入口に代官所があったそうだが何の標示もなかった。

Img_7146浄満寺 【ル-ト地図】の④

円空作の木彫釈迦牟尼如来坐像を安置。

Img_7151天明飢饉供養塔・千人塚

浄満寺境内に天明飢饉の犠牲者800人を埋葬した千人塚が作られた。
右の五輪塔は油川城の奥瀬氏の墓と伝える。

Img_7150由来

Img_7148森山弥七郎供養碑(浄満寺境内)

青森開港の功労者。

Img_7147説明板

Img_7164西田酒造店 《地図

「田酒」・「喜久泉」の醸造元

Img_7166こみせ

商店が軒先を出し合い、雨・風・雪を避けて通れるようにしたアーケード。

Img_7168羽州街道・松前街道合流地碑 【ル-ト地図】の⑤

ここを奥州街道の終点・松前街道の起点としている。
油川は交通の要衝地、外ヶ浜第一の湊として栄えたが、青森港開港後はその地位が下がった。油川商人の才覚と努力で商人町として生き残って繁栄したが、度重なる火災と明治3年に油川を経由しない弘前~青森間の新道が開通し打撃を受け衰退して行った。

Img_7167説明板

この先で右に入った浜沿いが湊番所跡だが、説明板などはない。

Img_7176粟島神社

社殿の後ろは青森湾。

Img_7181飛鳥地区を行く。

ここ津軽にも飛鳥(あすか)があった。西方に飛鳥山(104m)もある。

Img_7182羽黒神社標柱

津軽線の向うに鳥居が見える。

Img_7185瀬戸子川 《地図

Img_7189津軽宮田駅を過ぎる。

Img_7192清岸寺

木彫阿弥陀如来坐像(青森市指定文化財)
本堂前の庭の石灯籠2基は上野の寛永寺から下付されたそうだ。

Img_7191説明板

Img_7198貝倉神社

普通の民家風の建物だ。西方約4kmの奥内川中流域の山中にあるという貝倉神社の末社だろうか。

Img_7202奥内駅(JR津軽線)

無人駅

|

« 奥州街道(清水川駅→野内駅) | トップページ | 奥州街道(奥内駅→蟹田駅) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/58529485

この記事へのトラックバック一覧です: 奥州街道(野内駅→青森駅→奥内駅):

« 奥州街道(清水川駅→野内駅) | トップページ | 奥州街道(奥内駅→蟹田駅) »