« 山陽道(西条駅→海田市駅) | トップページ | 山陽道(廿日市駅→玖波駅) »

2014年10月14日 (火)

山陽道(海田市駅→廿日市駅)

2014年9月26日

海田市駅(JR山陽本線)・・・胡子神社・荒神社・・・三宅家住宅・・・大師寺参道・・・海田市の一里塚跡・清正寺・・(広島市安芸区)・・・光明寺・・新旧道分岐・市場坂(旧道)・・・常夜灯・新旧道合流地点・県道151号・・的場坂・・・船越峠・(府中町)・比丘尼坂・・旧道・・・地蔵堂・・・(山陽新幹線)・永田交差点・・・恵比須神社・・・多家神社道標・府中大橋(府中大川)・県道84号・・・(広島高速2号)・(広島市東区)・・・矢賀一里塚跡あたり・・・(JR芸備線)・・・曙町5東交差点・旧道・・・才蔵寺・・・三本松跡・・・我羅我羅橋跡・・・愛宕神社・愛宕地蔵・・・(山陽新幹線・山陽本線)・・(広電・鯉城通り)・・猿侯橋(猿侯川)・・・京橋(京橋川)・・市杵嶋姫大明神・・・(広電)・・・胡子神社(えびす通り)・・・本通り・・・(広電・鯉城通り)・・・広島市道路元標・・原爆ドーム・・元安橋(元安川)・・平和記念公園・・本川橋(本川・旧太田川)・・・(広電)・・・天満橋(天満川)・・・天満宮・・・己斐橋(太田川)・・・(JR西広島駅)・・(広電西広島駅)・・・源左衛門橋(八幡川)・・・別れの茶屋跡・(別れの茶屋踏切)・・・己斐西踏切(山陽本線)・・・(国道2号)・・・高須一里塚跡あたり・・・道標・延命地蔵・・・(古江駅・広電)・・・草津踏切(山陽本線)・・間の宿草津・・鷺森神社・・慈光寺・・小泉酒造・・行幸橋(御幸川)・・草津町交流広場・・草津本町踏切(広電)・・大釣井跡・・大石餅跡あたり・・草津南町踏切(広電)・・・(草津沼田道路)・・・西原ヶ尻踏切(山陽本線)・・・新井口駅(山陽本線)・・・正順寺・・龍神山沿い・・・餓鬼の首地蔵・・・八幡橋(八幡川)・・・五つ神社・・・光禅寺・・・古浜第5踏切(山陽本線)・・・松並木跡・・・壹里標・・一本松踏切(広電)・・・海老橋(岡の下川)・・・西隅の浜交差点(国道2号)・・(廿日市市)・・・佐方一里塚跡・・・街道松・・・佐方中橋(佐方川)・・桜尾城址(桂公園)・・・廿日市宿・・薬師堂・・天満宮・・本陣跡(中央公民館)・・平良踏切(広電)・・廿日市駅(山陽本線)

  今日も晴天だ。海田町から広島市安芸区に入り、船越峠を越え府中町を通り抜け、広島市東区に入った。広島の中心街を通り、間の宿草津から龍神山の麓を上り下りして廿日市市に入った頃には暑さでバテ気味だった。

  【ル-ト地図】(海田市駅(78km地点)から廿日市駅(104.3km地点)まで)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_4915_2胡子神社(左・天保5年(1837)勧請)・荒神社(右・明治6年瀬野川の瀬替えに伴い建立) 《地図

明顕寺の前で山陽道に出る。

Img_4907_2三宅家住宅

江戸時代から安芸郡きっての大地主で有名な農業篤志家。

Img_4912_2海田市一里塚跡(右に標柱) 《地図

直径6mの塚上に松の木が植わっていたそうだ。塚は大正10年に撤去された。

この先で広島市安芸区に入る。

Img_4917_2新宮古墳標識

船越最古の新宮社の隣にある古墳。横穴式石室から須恵器の坏(つき)、銀製の耳飾り、首飾りに使われたヒスイや水晶の玉類なども多く出土したそうだ。

Img_4918新旧道分岐 《地図

右へ市場坂を上るのが旧道で、左に曲がって行くのが新道で常夜灯の所で合流する。

Img_4919_2市場坂を上る。

けっこうな急坂だ。

Img_4921_2坂上から左へ下って行く。

Img_4923_2常夜灯(明治5年) 《地図

岩瀧神社の常夜灯で、今は、正月や祭りの際に灯がともる。

ここで左から来る新道と合流し、船越峠へ向かう。峠といっても今はただの坂上の車道だが。

Img_4927_2的場坂を上って船越峠へ 《地図

ちょうど通勤時間帯のせいか狭い道に車の往来が激しく、車がすれ違う時は道端に止まって除けるしかない。

Img_4930_2船越峠から比丘尼坂を下って府中町に入り、左に旧道に入る。《地図

平安時代から、安芸国の中心として国庁や総社が置かれたことによる町名。

Img_4931_2地蔵堂

ここに「ひくにの塚」と呼ばれた比丘尼の墓があったという。『郷土史解説(12.船越峠)』より

Img_4938_2永田交差点で山陽新幹線をくぐり、右に入って行く。《地図

上に周辺の案内地図が描かれている丸石は何のモニュメントか?

Img_4943府中大橋から府中大川 《地図

東岸(右)の電柱前に「多家神社参詣道」の標柱。ここから1.2kmほどだ。橋の下には群れをなした細身の魚が泳いでいた。そばで見ていた人に何の魚かと聞くと「イダ」という答えだった。ウグイの別名のようだ。食べられないと言っていた。

広島高速2号をくぐり、広島市東区に入る。矢賀新町3丁目に矢賀一里塚があったようだ。JR芸備線をくぐり、曙町5東交差点で左斜めに旧道に入る。突き当たって街道から離れ右に上って才蔵寺に寄る。

Img_4956才蔵寺地図

可児才蔵

Img_4961味噌地蔵

「藁にも味噌にもすがる」、合格祈願の受験生に人気だそうだ。
中山道の蕨宿には地蔵の目に味噌を塗ると目の病が治るという「目疾地蔵」があり、目に味噌がこってり塗られている。ここのも頭に味噌が塗られていると思っていたが、味噌の包みが行儀よく並べられて奉納されていた。

Img_4954説明板

Img_4965山陽道に戻って広島の中心街へと向かう。《地図

Img_4969三本松

三本松バス停・三本松湯もある。

Img_4968説明板

Img_4974我羅我羅橋跡

ここに太田川が流れ、橋が架かっていて茶店があったという。川は暗渠になっている。

Img_4972説明板

愛宕交番交差点を横切って愛宕町に入る。

Img_4975愛宕神社 《地図

左に愛宕地蔵が仲良く同居している。

Img_4976由来

JR線をくぐり、広電を横切って行く。

Img_4982路面電車の広電

Img_4984猿侯橋(猿侯川)を渡る。《地図

このあたりが広島宿の「東の宿場」で馬60匹を置いたという。

猿猴橋→京橋→元安橋→本川橋→天満橋→己斐橋と渡って広島城下を抜けて行く。

Img_4986説明板

Img_4990京橋(京橋川)を渡る。

渡った左の川岸に市杵嶋姫大明神が鎮座する。

Img_4998胡子神社

慶長8年(1603)、商人の神様の胡子神社の鎮座を機に開かれた“市”がその発祥という、えびす通り商店街のビルの間に祀られている。

Img_5000本通りを進む。《地図

広電の走る鯉城(りじょう)通りを横切り、原爆ドーム・平和記念公園の見学者で賑わう元安橋(元安川)のたもとに出る。鯉城通りを北に行けば広島城(鯉城)に突き当たる。

Img_5002広島市道路元標 《地図

これを探すのに苦労した。元安橋のたもとを行きつ戻りつウロウロ。観光客も交通整理の人も何を探しているのか不審に思ったろう。西国街道(山陽道)沿いのこのあたりがかつては広島城下の中心部だったのだ。

Img_5001説明板

Img_5008原爆ドーム

ここあたりは外国人観光客が多い。

Img_5007被爆前の写真

元安橋を渡り、平和記念公園を横目に見ながら本川橋を渡って行った。

Img_5013頼山陽煎餅藝陽堂(左) 《地図

明治44年創業の老舗。寛政12年(1800)9月、脱藩を決意した頼山陽は松子山峠を越えて京に向かった。『西国街道(本郷駅→西条駅)

このあたりが「西の宿場」で御茶屋(本陣)は町の有力者の屋敷がその役割を勤めたそうだ。

天満橋(天満川)を渡れば天満町だ。

Img_5017天満宮(右)

Img_5019由緒

Img_5025己斐(こい)橋(太田川)を渡る。《地図

己斐はもとは「鯉」と書かれたという。

Img_5026広電の西広島駅を過ぎる。

Img_5028源左衛門橋(八幡川)を渡る。《地図

何の見所もない橋だが、由緒・いわれのある橋だ。

Img_5030さざんか(三々賀)

街道沿いの創業から57年のお好み焼き屋。目の前で焼いてくれるこの店の主人のおばさんと話しながら、ボリュームたっぷりのお好み焼きで腹ごしらえをした。

Img_5033別れの茶屋(跡) 《地図

広島城下から西に向かう旅人をここまで見送り、この茶店で別れを惜しんだという。今も手づくりの餅、赤飯を商っている。本業はパン屋らしい。
左を走る広電の踏切は「別れの茶屋踏切」

Img_5034店内に「別れの茶屋」(灘尾弘吉の揮毫)の額

己斐西踏切(山陽本線)を渡り、国道2号をくぐって行く。高須1丁目に一里塚があったようだ。

Img_5043延命地蔵堂(高須3-6)

道標「是ヨリぢぞう道」で、この地蔵のことなのか?

Img_5045茶道「上田宗箇流]家元の屋敷らしい。

Img_5048旧家

草津踏切(山陽本線)を渡って「間の宿草津」に入る

Img_5055鷺森神社 《地図

被爆建物で爆心地から4930mの地。

Img_5054由緒

Img_5057慈光寺 (草津の妙見さん)

ここは石鳥居が同居だ。

Img_5056説明板

Img_5065小泉本店地図

桟瓦ぶき、平入り中二階建て、屋根の上に「煙り出し」。

Img_5062「置鳳輦止處」碑

ここも小泉本店の敷地。

Img_5063説明板

Img_5068草津町交流広場(御幸橋を渡った所)

草津の港は神功皇后伝説では軍津浦輪(いくさつうらわ)と呼ばれ、新羅に出兵する軍船が集結した所とされている。

Img_5073案内図

Img_5069説明板

「皆賀峠は山陽道中第一の難所」とある。この先の龍神山(小己斐山)を越える道のことだろう。

Img_5080大釣井跡

この左方に地蔵堂があるようだが見逃した。

Img_5078説明板

Img_5082大石餅跡あたり 《地図

草津南町踏切(広電)の手前の左側あたりか。

Img_5071石臼・石燈籠

今は草津町交流広場に移設してある。

草津南町踏切(広電)を渡り、草津沼田道路をくぐる。

Img_5085山陽本線沿いを行く。

Img_5090正順寺(正面) 

ここを右に行き、龍神山沿いの上りとなる。

Img_5095長い上り坂が続く。《地図

龍神山への道が整備されているようだが、知らずに麓沿いの道を行った。往時は山越えの難所で、山頂からの瀬戸内海の島々の景観が見事だったという。今はその眺めは望めないようだ。井口一里塚は山中にあったのだろうか。

Img_5094説明板

Img_5091説明板

Img_5093龍神山(標高58.5m・正面)の写真

その向こうに瀬戸内海が広がる。

Img_5097下りとなって鈴峯女子高・中の前を通って行く。

Img_5098餓鬼の首地蔵(右)

昔は小山の険しいのを「がき」といい、鈴峯女子短大南西の山の突端に、かつて椀を伏せたような小山があり、それが首に見立てられて「餓鬼の首」と呼ばれたという。今はここの井口と五日市の境に移動し、「境地蔵」となっている。

Img_5099説明板

Img_5103八幡橋親柱

Img_5101説明板

Img_5105八幡橋(八幡川)から 《地図

Img_5110五つ神社 《地図

祭神が五柱で「えびすさん」として親しまれ、五日市の名前の出所になったともいわれている。

Img_5112説明板

Img_5115光禅寺

安土桃山時代の天正年間(1573~91)に現在地に移ってきたという、旧佐伯郡最大規模の寺院。山門と唐門が当初からの建物で、境内には住職に仕えた覚潭(かくたん)が、体を鍛えるために使用したといわれる手水鉢や、延宝7年(1679)、廿日市鋳物師の第18代山田貞栄が鋳造した佐伯区最古の梵鐘があるそうだ。

Img_5118誓いの松(光禅寺)

石井兄弟の仇討の誓いの松だが、東海道亀山宿亀山城内の石坂には、仇討を果たした「石井兄弟敵討の碑」がある。

Img_5114説明板

古浜第5踏切(山陽本線)を渡り、山陽本線と広電宮島線の間を行く。

Img_5122松並木跡

今は名残りの五本松だけと説明板にあるが、5本もあったっけ?

Img_5123説明板

岡の下川に突き当たる。

Img_5126壹里標「従是元安橋東詰三里」で、通って来た元安橋の「広島市道路元標」の所から。

御筋橋の親柱(右) 昔はここに御筋橋が架っていて街道は直行していたのだろう。今は海老橋の下流に三筋橋がある。

ここを左折し、一本松踏切(広電)と海老橋(岡の下川)を渡る。西隅の浜交差点(国道2号)を横切ると廿日市市に入る。

Img_5134佐方一里塚跡(廿日市町との境あたり)

右に大きな「西国街道壱里塚跡」の標柱のみ。

Img_5135名残りの松

廿日市市内では貴重な1本のみの街道松。

Img_5136説明板

Img_5140桜尾城址(前方) 《地図

桂公園で上はグラウンドになっていて、説明板などはない。西南の角に「石州津和野藩御船屋敷旧趾」の石碑が立つようだ。そこが津和野街道の起点で、この先の道標(夜泣き石)のある津和野岐れまで山陽道と同じ道筋をたどる。

Img_5141廿日市宿に入る。《地図

右は正蓮寺から廿日市天満宮・左は薬師堂で右に枡形にカーブして行く。

Img_5144廿日市天満宮

社殿は上の方だ。暑さと右足首の痛さでかなり疲れてきたのでここから遥拝で済ます。瀬戸内海の景観を望むことができるそうだ。惜しいことをした。

Img_5145由緒

Img_5152本陣跡地図

左の中央公民館の所だが工事中で、「芸州廿日市御本陣旧趾」碑は取り払われたのか、囲いの中か見つからなかった。

Img_5146廿日市町屋跡説明板

第二次長州戦争で広島藩が火を放し、町屋は3日間燃え続けたという。

|

« 山陽道(西条駅→海田市駅) | トップページ | 山陽道(廿日市駅→玖波駅) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/60476376

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽道(海田市駅→廿日市駅):

« 山陽道(西条駅→海田市駅) | トップページ | 山陽道(廿日市駅→玖波駅) »