« 太子道(筋違道)① | トップページ | 山陰道(丹波口→樫原宿→亀山宿) »

2014年12月24日 (水)

太子道(筋違道)②

2014年12月14日

大和八木駅(近鉄橿原線)・・・春日橋(飛鳥川)・・・(JR桜井線)・・・蘇武橋(飛鳥川)・蘇武井・・・(近鉄橿原線)・・・橿原橋(飛鳥川)・おふさ観音道標・・・中街道合流地点・・・(おふさ観音)・・・中街道分岐地点・・・鷲栖神社・・・新河原橋(飛鳥川)・・・本薬師寺跡・・・(明日香村)・・・伝小墾田宮跡・・雷橋(飛鳥川)・・雷丘・・・向原寺(豊浦宮跡・豊浦寺跡)・・甘樫坐神社・・・西念寺・・・甘樫丘(148m)・・・飛鳥橋(飛鳥川)・・・弥勒石・・・飛鳥京跡苑池遺構・・・川原寺跡・・橘寺・黒駒像・・・亀石・・・(天武持統陵)・・・鬼の俎・鬼の雪隠・・・欽明天皇陵・・吉備姫王墓・・・中街道合流地点(国道169号)・・榎龍神碑・・豊年橋(高取川)・道標・ほうねん橋碑・・飛鳥駅(近鉄吉野線)

  【ル-ト地図】(大和八木駅(24.9km地点)から)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_8546蘇武橋(飛鳥川) 《地図

樹齢420年の榎と今井町の町並み

Img_8548蘇武井

斑鳩から飛鳥に向かう聖徳太子、愛馬の黒駒が 水を飲んだともいう井戸。

Img_8549説明板

Img_8559中街道と合流して進む。《地図

この先で左に入れば「おふさ観音」がある。

Img_8564中街道分岐地点

中街道は神道橋(飛鳥川)を渡って南下、太子道は左折して飛鳥川沿いを行く。

Img_8565飛鳥川沿い 《地図

見事な大木は何の木だったか?

新河原橋を渡って本薬師寺跡に寄る。

Img_8586本薬師寺(もとやくしじ)跡 《地図

天武9年(680)に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気の平癒を祈願して発願した寺。

Img_8582説明板

Img_8584薬師寺式伽藍配置

Img_8596道標(天保14年(1843))

「左 かく山 法ねん寺」で、法然上人二十五霊場第10番の香久山少林院法然寺への道標。この法然寺も聖徳太子にゆかりの地と言えるだろう。《地図

明日香村に入って行く。

Img_8624小懇田宮跡地図

ここは「古宮」という小字名。塚の上はヨノミ(榎)の大木で左前方は畝傍山。
現在ではこの東方の雷丘の南麓が推古朝の小懇田宮跡と推定されているようだ。

Img_8615雷丘(いかづちのおか)から天香久山方向。《地図

小さな丘だが標高は110mもあるようだ。
大君は神にしませば天雲のの上に庵りせるかも」(柿本人麻呂・万葉集)

Img_8631向原寺(豊浦宮跡) 《地図

推古天皇は豊浦宮から小懇田宮へ移った。

Img_8629説明板

Img_8640甘樫坐神社 (向原寺の南側)

Img_8638立石

現在ではこの前で「盟神探湯」神事が行われる。

Img_8639説明板

Img_8650甘樫丘(148m)から

天香久山(右)・耳成山(左前方)

Img_8665畝傍山(右)・二上山(後方)

川原展望台まで行き飛鳥川沿いに下る。

Img_8671弥勒石 《地図

もとは条里制の標石であったともいう。

Img_8669説明板

Img_8674飛鳥京跡苑池遺構

Img_8677川原寺跡地図

飛鳥寺(法興寺)、薬師寺、大官大寺(大安寺)と並ぶ飛鳥の四大寺の一つ。

Img_8678説明板

Img_8680橘寺

右に「聖徳太子御誕生所」標柱

Img_8683説明板

Img_8692黒駒像(本堂前)

斑鳩からここまで道案内ご苦労さん。ここを太子道歩きの終点とした。

Img_8697二面石

こちらが善面(顔)

Img_8704西門を出て石造物を見ながら飛鳥駅に向かう。

Img_8711亀石 《地図

Img_8713説明板

Img_8720鬼の俎(まないた) 《地図

Img_8722鬼の雪隠(せっちん)

道路を挟んだ下方にある。

Img_8721説明板

吉備姫王墓の先で再び中街道に出て、豊年橋(高取川)を渡って飛鳥駅に着いた。

|

« 太子道(筋違道)① | トップページ | 山陰道(丹波口→樫原宿→亀山宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/60858041

この記事へのトラックバック一覧です: 太子道(筋違道)②:

« 太子道(筋違道)① | トップページ | 山陰道(丹波口→樫原宿→亀山宿) »