« 六郷田無道③ | トップページ | 伊南房州通往還③ »

2015年2月11日 (水)

伊南房州通往還②

2015年2月6日

茂原駅(JR外房線)・・・国道128号・・・野巻戸交差点・・・落合橋(阿久川)・・・磯崎神社・・・玉前神社①・・・真福寺・・・七井戸交差点・大多喜街道分岐地点・道標・・・馬頭観音・・・鵜沼堰・・・東円寺・・・面足神社・・・八積駅入口交差点・・・八積村道路元標・・・浅間神社・・・御成街道分岐地点・庚申塔・・・金蔵寺・・・(一宮町)・・・地蔵祠・・・善光寺・・・南宮神社・・・一宮橋(一宮川・宮川の渡し跡)・・・玉前神社②(上総国一の宮)・・・観明寺・・・城山公園(一宮城址)・・崇文門・・一宮小学校・・・上総一ノ宮駅(JR外房線)

  久しぶりに房総半島を歩く。

  【ル-ト地図】(上総一ノ宮駅(13.5km)まで)

  伊南房州通往還①』からの続きです。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0583野巻戸交差点 《地図

このあたりは馬の秣場(まぐさば・共同の牧草地)の野間木戸だった。

阿久川(一宮川の支流)を落合橋で渡って行く。

Img_0588磯崎神社

疱瘡神と伝えられ、明治、大正の頃までは湿疹・麻疹(はしか)・眼病の神として信仰を集め多くの参詣者があったという。

Img_0590玉前(たまさき)神社① 《地図

旧大芝村の鎮守

Img_0592大芝地区

文政11年(1828)には2軒の居酒屋があったそうだ。今は国道沿いのスーパーとコンビニくらいか。

Img_0600七井戸交差点で右に大多喜街道(県道85号)が分岐する。

大多喜街道に入った左側に馬頭観音の追分道標がある。

Img_0602追分道標

正面に、「西ハ茂原 馬頭観世音 □者江戸」、右側面に、「右 かつみ かりや」、左側面に、「左 一の宮 てう者丁」。(旧夷隅郡刈谷村、長者町)で、もとは分岐地点にあったものだろう。左の一の宮、長者町へと進む。

Img_0606馬頭観音祠

Img_0607馬頭観音

もとは南側の山林内の斃馬(へいば)捨て場にあったものという。

Img_0612鵜沼堰地図

昔は面積約2万坪、周囲900間余の広さで、付近の数十町歩の田を潤したという。
「へら鮒以外の釣はご遠慮下さい」の看板が立っている。

Img_0616東円寺

Img_0619面足神社

Img_0617行事案内

今でも地元の信仰が篤いようだ。

Img_0625八積村道路元標 《地図

村はなくなったが、八積駅、八積小学校にその名が残る。

Img_0634浅間神社

宮造りの匠、「猫鉄」の作の一間社流造りの社殿。「猫鉄」は調べても分からず。

Img_0632説明板

Img_0638御成街道分岐地点 《地図

佐倉から大網、本納などを経て、ほぼ一直線に南下してくる道で、年貢米の輸送道、成田山参詣道としても利用されたという。

すぐ先の左側に庚申塔の祠がある。

Img_0642庚申塔(享保元年(1716))

丸彫りの青面金剛像は珍しい。踏まれて苦しそうな邪鬼の表情も面白い。

Img_0647金蔵寺

国道沿いの山門は閉ざされていたが、景気のいい寺名なので大きく迂回して寄ってみた。

一宮町に入る。

Img_0651地蔵祠

右の標柱は道標だろうか? 文字が刻まれているが読めなかった。

Img_0656善光寺 《地図

銅造阿弥陀如来立像」(一宮町指定文化財)

Img_0659説明板

Img_0663南宮神社 《地図

Img_0671神木の南宮大杉

枯れてきているようだ。昔は境内に名木の「皮部の松」をはじめ、老松が鬱蒼と生い茂っていたそうだ。

Img_0678北沢楽天の絵馬だろう。

Img_0665説明板(絵馬)

Img_0685一宮橋から一宮川(宮川の渡し跡)

Img_0725玉前神社②(上総国一宮)

社殿は修理中だった。

梅樹双雀鏡」(国指定重要文化財)

Img_0722玉垣

江戸日本橋、江戸本銀町、江戸神田豊嶋町などの商人が名を連ねている。神田豊島町は私の本籍の旧町名だ。

Img_0697芭蕉句碑

Img_0693説明板

Img_0699平広常顕彰碑

Img_0698説明板

Img_0728観明寺四脚門 《地図

この寺には文化財が多い。
十一面観音菩薩立像」(県指定文化財)
地獄極楽欄間」(町指定文化財)
金毘羅堂」(  〃  )
釈迦涅槃図」(  〃  )
不動明王坐像」(  〃  )

外房七福神」の寿老人の寺でもある。

Img_0735説明板

Img_0733銅造地蔵菩薩座像

Img_0732説明板

Img_0742一の宮城址(城山公園)大手門 《地図

江戸時代には一宮藩主、加納氏の陣屋跡。

Img_0740説明板

Img_0744振武館

Img_0752振武館前から

外房の海が望める。

Img_0753崇文門へのトンネル

一宮小学校校庭から振武館の下を通る避難トンネルになっている。トンネルの名前をつけたらどうか。

Img_0755_2祟文門を抜けた一の宮小学校の校庭

祟文門の上が振武館。校庭で授業中のようでもあったが、端を通って校外へ出て上総一ノ宮駅に向かった。

|

« 六郷田無道③ | トップページ | 伊南房州通往還③ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/61156207

この記事へのトラックバック一覧です: 伊南房州通往還②:

« 六郷田無道③ | トップページ | 伊南房州通往還③ »