« 見沼代用水を歩く①(利根大堰→武州荒木駅) | トップページ | 見沼代用水を歩く③(上町バス停→蓮田駅) »

2015年5月12日 (火)

見沼代用水を歩く②(武州荒木駅→上町バス停)

2015年5月8日

武州荒木駅(秩父鉄道)・・・秩父鉄道踏切・・・星川橋(見沼代用水(星川)・行田バイパス)・・・(六本木橋)・・・(徒橋)・秋葉神社・・・御嶽神社①・・・(なかよし橋)・・・御嶽神社②・・(須戸橋)・・・行田第一調節堰・・・柳大橋水管橋・柳大橋・・・小針野揚水機場・・・(田島橋)・・・藤間神社・・・(藤間橋)・・・(さわやか橋)・(万蔵橋)・・・行田第二調節堰・・・関根神社・・・旧忍川合流地点・・・関根落伏越地点・関根排水機場・・・(新落合橋)・・・(落合橋)・落合陸田圦・・・山王橋・山王圦(山王用水路)・・・騎西領用水水門・元圦橋・・騎西第一調節堰・・・境橋・天満宮・・・(中ノ目橋)・・・上の池・下の池・・・(榎戸橋)・・・(水道送水管橋)・・(新種足橋(しんたねだればし))・・龍昌寺・・・(種足橋)・・・調節堰・・・(舟場橋)・・・(新橋)・・・仲橋・・上町バス停→久喜駅(東武伊勢崎線)

  【ル-ト地図】(武州荒木駅(4.7km)→上町バス停(22.3km))

  写真をクリックすると拡大します。

Img_6208六本木橋(見沼代用水(星川))から下流方向 《地図

星川の自然の流れを利用している。上星川と合流後は、菖蒲町(久喜市)の十六間堰で分かれるまで橋名も星川と標示されている。
この先の徒橋のたもとの秋葉神社は民家の敷地内だ。

Img_6215御嶽神社①

Img_6221御嶽神社②(須戸橋の手前) 《地図

Img_6230行田第一調節堰

Img_6238柳大橋から 《地図

右後方は「古代蓮の里」の古代蓮会館のタワー。

Img_6247藤間神社 《地図

Img_6254弁財天女像の日本廻国供養塔(明和8年(1771)・藤間神社境内)

右上に「奥州金華山」・左上に「大瓣才天女」と刻む。講を組んで弁財天の福徳の御利益を求めて、金華山詣をしたのだろう。

Img_6275関根神社 《地図

Img_6277旧忍川合流地点 《地図

Img_6288関根伏越地点 《地図

関根落が見沼代用水の下をくぐって行く所だが、ゴミが堰になっている。

Img_6287関根落(上流方向)

Img_6291見沼代用水の右岸先に伏せ越して、野通川に合流する。

Img_6299落合橋・落合陸田圦(正面)

見沼代用水からの取水口があちこちにある。今でも田畑を潤す大切な農業用水なのだ。

Img_6315騎西領用水(新川)分岐地点 《地図

元圦橋と騎西領用水水門。その先が騎西第一調節堰。

Img_6319騎西領用水が流れ出して行く。

Img_6324騎西領用水(下流方向)

Img_6335天満宮 《地図

ここは旧川里村で、今は鴻巣市だ。

Img_6337八幡神社の鳥居だろう。《地図

向うは旧騎西町で今は加須市。

Img_6341「瓦葺分水工」(上尾市)で見沼代用水は東縁と西縁に分かれる。(用水沿いの管理道路に埋め込まれたプレート)

Img_6346下の池 《地図

ビオトープの創出を目的とした公園だそうだ。

Img_6348案内図

Img_6360水道送水管橋 《地図

その先は新種足(しんたなだれ)橋で、右の光っている屋根は龍昌寺。

Img_6377右岸脇の沼 《地図

星川の蛇行跡の名残りで、釣場になっているようだ。

Img_6382旧菖蒲町(現久喜市)に入り、仲橋を渡って上町バス停から久喜駅に出た。《地図

|

« 見沼代用水を歩く①(利根大堰→武州荒木駅) | トップページ | 見沼代用水を歩く③(上町バス停→蓮田駅) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/61558442

この記事へのトラックバック一覧です: 見沼代用水を歩く②(武州荒木駅→上町バス停):

« 見沼代用水を歩く①(利根大堰→武州荒木駅) | トップページ | 見沼代用水を歩く③(上町バス停→蓮田駅) »