« 伝右川・毛長川を歩く ③ | トップページ | 八条用水を歩く »

2015年5月 5日 (火)

新方川を歩く

2015年4月27日

豊春駅(東武野田線)・・・旧古隅田川・・・豊春駅入口交差点・国道16号・増野川・・・増冨北交差点・・・立野小学校・・・中之堀川(千間堀新方川)・起点・・・春日部共栄中・高校・・かすかべ湯元温泉・・・増田新田橋(県道80号)・・・大貫堀合流地点・新方川(管理起点)・・・独協埼玉中・高校・・・三野宮変電所・・・石造仏群・・・(中堀橋)・・・安之堀川合流地点・・・千間堀橋梁(東武伊勢崎線)・・・せんげん台駅(東武伊勢崎線)

 春日部市から南流し、春日部市とさいたま市岩槻区の境を流れ、越谷市に入って東に向きを変え、東武伊勢崎線を越えて南東方向に流れて中川に合流する新方(にいがた)川を2日間で行く。

  【ル-ト地図】(せんげん台駅(7.8km)まで)

  写真をクリックすると拡大します。

Img_4599旧古隅田川(?橋から北(上流?)方向) 《地図

古隅田川の支流という。

Img_4603増野川(元荒川左岸から取水する農業用水路)が国道16号沿いを流れている。

Img_4611千間堀新方川(中之堀川)が開渠となるここを新方川歩きの起点とした。《地図

Img_4613南流して行く。

Img_4626春日部共栄中・高校沿いを流れている。

高校野球でおなじみの学校だ。

Img_4628かすかべ湯元温泉沿いを進む。

Img_4634右前方に東京瓦斯のガスタンク

地図にはこのあたりの交差点の左側に水神社があるのだが、見当たらなかった。《地図

Img_4639亀が甲羅干しでくつろいでいる。後ろに小さいのもいる。

Img_4647県道80号を横切る。

この先で北西方向から大貫堀(増野川の排水路)が合流して新方川(管理起点)になるようで、注意して見ていたのだが流れを見落とした。《地図

Img_4662独協埼玉中・高校グランド沿いを進む。

Img_4667三野宮変電所の所で、東に流れを変える。《地図

Img_4674石造仏群(曲がるあたりの左岸)

左から3番目の地蔵立像の下は道標になっている。その右は石橋造立供養塔(明和3年(1766))。

Img_4673道標の部分

「このみち・・・・」

Img_4680中堀橋 《地図

この先で左(北)から安之堀川(やすのほりかわ・準用河川)が合流してくるのだが、見過ごした。

Img_4691東武伊勢崎線手前の橋から上流方向

Img_4692下流方向

千間堀橋梁を東武伊勢崎線が通る。

2015年4月28日

せんげん台駅(東武伊勢崎線)・・・戸井橋(新方川)・会之堀川合流地点・大枝大泊人道橋・・・(念仏橋)・・・(廣橋)・・・上間久里ポンプ場・・(新方川橋・国道4号越谷春日部バイパス)・・・北部配水場・・・(大杉橋)・・・くすのき荘・・・平新川樋門・平新川合流地点・・・(向畑橋)・・・河川防災ステーション新方公民館・・(新栄橋)・・・大吉調節池・・大吉管理橋・・大吉調節池排水機場・・(白鷺橋)・・野鳥の森・・葛西用水交差(伏越)地点・・(定使野橋)・・・(宮野橋)・・・(鷹匠橋)・・・(城之上橋)・・・(東橋)・・・越谷総合公園・・(千代田橋)・・いきいき館・・REUSE(東埼玉資源環境組合)・・・(増森橋)・・・稲荷社・・・(新田橋)・・・(新ましもり橋)・・・昭和橋・・・中川合流地点(新方川終点)・・・元荒川河口(中川合流地点)・中島橋(元荒川)・・・吉川橋(中川・南百の渡し跡)・・・吉川水位観測所・・・(吉越橋)・・・吉川駅(JR武蔵野線)

Img_4702戸井橋から下流方向

左(北)から会之堀川が合流する。

Img_4700会之堀川 《地図

Img_4707念仏橋

名前の通り昔風の橋だ。

Img_4708児童館コスモス 《地図

プラネタリウムもある。

Img_4710廣橋

何のデザインか?

Img_4714菜の花に埋もれて土手を進む。

Img_4715新方川橋(国道4号越谷春日部バイパス)

上間久里ポンプ場 《地図

Img_4720北部配水場

Img_4725大杉橋 《地図

Img_4727大杉橋から下流方向

正面奥はREUSE(東埼玉資源環境組合)の煙突展望台。あの先まで行くのだ。

Img_4732老人福祉センターくすのき荘

Img_4735平新川(へいしんかわ)樋門

左から平新川(準用河川)が合流する。

Img_4736平新川(上流方向)

Img_4742上流方向

左が新方川、右が平新川

Img_4744下流方向

左が「湾処」か? このあたりを「水辺の楽校」と呼んでいる。

Img_4740説明板

Img_4751河川防災ステーション新方公民館  《地図

ここも立派な建物だ。
新方」(にいがた)の地名の由来は、「古利根川の左岸は、中世末期までは下総国葛飾郡下川辺庄下方に属していました。この下川辺庄の勢力を持っていた大河戸氏の一族が、大河戸より分枝して左岸の大川戸より右岸へ移住し、この土地を開発して「新方」と呼び、新方氏を名乗るようになったと伝えられています」(越谷市のHPより)

Img_4768大吉(おおよし)調節池

Img_4771大吉管理橋

右が新方川・左が大吉調節池、正面前方が大吉調節池排水機場、その左の三角屋根は「キャンベルタウン野鳥の森

Img_4778白鷺橋

Img_4781葛西用水交差地点 《地図

伏せ越し(逆サイフォン)で、葛西用水(逆川)が左から右へ新方川の下をくぐって行く。この左側が野鳥の森で、前方は定使野橋。

Img_4787葛西用水と伏越施設

Img_4784葛西用水はこの下をくぐって、対岸の水門の先に出て来る。

Img_4798宮野橋を過ぎて未舗装道となる。

Img_4813越谷総合公園 《地図

総合体育館・いきいき館・REUSE(東埼玉資源環境組合工場)などいろんな施設が並ぶ。

Img_4829正一位稲荷神社(新田橋手前) 《地図

Img_4832境内脇の庚申塔

左端の右側面は道標

Img_4831「左こしがや 右ま志ばやし みち」か?

越谷・増林だろう。

Img_4841新ましもり橋(右)

左の昭和橋を渡って右岸を行く。

Img_4846中川との合流点を目指す。

Img_4856中川合流地点 《地図

奥が中川で左から右に流れて行く。ここを新方川歩きの終点とした。

Img_4859中川の河川敷を元荒川へ向かう。

このあたりは中川が越谷市と吉川市の境になっている。

Img_4869元荒川上流方向(中島橋)から 《地図

Img_4871元荒川・中川合流地点

右は中川の吉川橋で架け替え工事中だが、まだ現在の橋は通行可能。

Img_4881吉川橋から中川下流方向

このあたりは「南百(なんど)の渡し跡」で、中川の主要な渡船場があった。ここに明治7年、平沼村(現吉川町)の徳江忠次郎が自費で木橋の徳江橋を架けた。渡橋賃を取ったので、別名で「賃取り橋」とも呼ばれていた。吉川橋の西方に旧南百村の鎮守だった南百水神社がある。(地名の由来も載っている)
正面奥は吉越橋でその先がJR武蔵野線の鉄橋。

Img_4887武蔵野線の鉄橋手前で土手から下りて吉川駅に向かった。

Img_1590なまずのモニュメント(吉川駅南口前)

なまずの里よしかわ」で、「吉川なまずの里マラソン」には何回か出場した。

|

« 伝右川・毛長川を歩く ③ | トップページ | 八条用水を歩く »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/61543233

この記事へのトラックバック一覧です: 新方川を歩く:

« 伝右川・毛長川を歩く ③ | トップページ | 八条用水を歩く »