« 新方川を歩く | トップページ | 鴨川・鴻沼川・逆川を歩く ① »

2015年5月 6日 (水)

八条用水を歩く

2015年4月30日

越谷駅(東武伊勢崎線)・・・平和橋(葛西用水)・・瓦曽根溜井・谷古田川取水口・・葛西用水取水口・・八条用水取水口・・・(馬喰橋)・・・青面金剛像・閻魔堂橋・・・馬頭橋・馬頭観音道標・・・(沼端橋)・・・(西方橋)・・・流通団地・・・(JR武蔵野線)・・・(川柳橋)・・・(富士見橋)・・・(宝橋)・・・(山城橋)・・・出戸橋・・そうか公園・・(八条用水橋)・・・(笹橋)・地蔵祠・・・(東京外環道)・(綾瀬川放水路)・・・(境橋)・・・(和耕新橋)・・・(和耕橋)・(八潮市)・八條ふれあい緑道・・八条親水公園・・(福神橋)・・(寿老橋)・・(大黒橋)・・(福禄橋)・・(恵比須橋)・・(弁財橋)・・(毘沙門橋)・・(布袋橋)・・・(末廣橋)・・・(八條小橋交差点)・・・終点(取水口から7.8km地点)・・八潮高校西バス停→八潮駅(つくばエクスプレス)

 広大な八條領の農地灌漑のために造られた八条用水を、越谷市の葛西用水の瓦曽根溜井の取水口から、八潮市の八潮高校の西側あたりで暗渠となる地点まで行く。

  【ル-ト地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_5253八条用水取水口(右) 《地図

葛西用水の瓦曽根溜井には上流から谷古田用水・(東京)葛西用水・八条用水の取水口が並んでいる。かつてはその上流に四ヶ村用水の取水口があったそうだ。
瓦曽根溜井は慶長19年(1614)頃、幕府が八條領と四ヶ村(瓦曽根、西方、登戸、蒲生)の地域の水田用水として、この地点で荒川の流れを堰き止め溜井としたことが始まりという。
前方は斜張橋の「しらこばと橋」

Img_3081左端に四ヶ村用水がある。ちょうど現在の南越谷駅の東側を流れていたようだ。

Img_5255車道の向う側から八条用水が顔を出す。

Img_5258八条用水(下流方向)

Img_5263馬喰橋から下流方向 《地図

Img_5267青面金剛庚申塔(文政7年(1824)) 《地図

閻魔堂橋の所。すぐ近くに閻魔堂があるのだがうっかり見逃した。

Img_5275馬頭観音(明和7年?(1770)・馬頭橋のそば)

上は不動明王像だろう。側面は道標になっている。

Img_5277左側面

「左 不動尊道」で、大聖寺の大相模不動尊への道だろう。『赤山街道③』に記載。《地図

Img_5281右側面

「草加 迄二里 越ヶ谷 迄十二丁」

Img_5284沼端橋から

Img_5291右は流通団地、左は住宅街の間を南下する。

Img_5293越谷レイクタウンはまだ広がるようだ。

Img_5299JR武蔵野線をくぐって行く。《地図

Img_5300川柳橋から叡明高等学校

聞いたことがない名と思ったら、今年度からここに移転し、名前も変わったのだ。

Img_5303未舗装道を行く。

Img_5318そうか公園 《地図

Img_5325修景池

亀が甲羅干しだ。

Img_5332笹橋そばの地蔵さん

Img_5340東京外環道をくぐって行く。

Img_5348外環道に沿って綾瀬川放水路が流れている。《地図

Img_5349この水門から地表に八条用水が復活する。

Img_5350水門から下流方向

草加市と八潮市の境になっている。

Img_5363和耕橋で八潮市になる。《地図

Img_5368ふれあい緑道を行く。

Img_5371左岸は八条親水公園

Img_5377この先の寿老橋から布袋橋まで、七福神の名の橋が並んでいる。

小橋の交差点を過ぎると終点は近い。《地図

Img_5408瓦曽根溜井の取水口から7.8km地点 《地図

この先は右も左も暗渠となるので、ここを八条用水歩きの終点とした。すぐ先の八潮高校西バス停から八潮駅に出た。

Img_5407距離標示プレート

|

« 新方川を歩く | トップページ | 鴨川・鴻沼川・逆川を歩く ① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/61548442

この記事へのトラックバック一覧です: 八条用水を歩く:

« 新方川を歩く | トップページ | 鴨川・鴻沼川・逆川を歩く ① »