« 芝川を歩く②(吉野原駅→山中橋バス停) | トップページ | 芝川を歩く④(東浦和駅→川口元郷駅) »

2015年6月12日 (金)

芝川を歩く③(山中橋バス停→東浦和駅)

2015年5月26日

北浦和駅(JR武蔵野線)→山中橋バス停・・・山中橋(見沼代用水西縁)・・大道橋(芝川)・・・(大道東橋)・・・(上新宿橋)・・・(北宿大橋)・・・(新宿橋)・・・(宮後大橋)・・・(見沼大橋)・・・加田屋川合流地点・・・(新見沼大橋有料道路)・・・念仏橋・・・民家園(浦和くらしの博物館)・・・念仏橋・・・右岸工事中行止り・見沼代用水西縁へ迂回・・・(武蔵野線)・・・油屋橋(西縁)・・・東浦和駅(JR武蔵野線)

 暑い日で都心でも30度を超えた。念仏橋から民家園に寄り、東浦和駅までとした。

  【ル-ト地図】(山中橋バス停(23km)→東浦和駅(31.6km) 

Img_7443排水路から芝川に流れ込んでいる。

芝川は周辺の排水・汚水を一手に引受けている感じだ。

Img_7450芝川サイクリングロードで、タチアオイの花?はいいが、これでは自転車とすれ違えない。

季節はちと早いがムクゲとばかり思っていた。『ムクゲとタチアオイ

Img_7455北宿大橋 《地図

すぐ南側に見沼代用水西縁の北宿橋が架る。そこから南に上るのが北宿坂

Img_7459さいたま新都心方向

Img_7467見沼代用水西縁とつながる排水路か用水路?

Img_7469新宿橋

遠方の白い屋根は埼玉スタジアム2002

Img_7481西縁との間は、苗木・植木・花の栽培地が広がっている。

Img_7488見沼大橋から

Img_7489見沼大橋 《地図

少し下流で加田屋川が左岸に合流する。

Img_7494新見沼大橋有料道路をくぐって行く。

Img_7499古そうな水門だ。

Img_7508念仏橋の手前 《地図

少し流れが膨らんで溜井のようになっている。

念仏橋を渡って民家園に寄る。

Img_7510浦和くらしの博物館民家園」案内図

Img_7514旧浦和市農協倉庫

Img_7512説明板

Img_7532高野煎餅店

Img_7516説明板

Img_7523綿貫商店

Img_7526説明板

Img_7530解体前

もとは白漆喰壁に墨を塗った黒壁だった。

Img_7528中山道にあった頃(昭和55年)

浦和区常盤2-9あたりは中山道浦和宿の六斉市が開かれていた所だ。

Img_7536中島家穀櫃

Img_7535説明板

Img_7540蓮見家住宅

Img_7537説明板

Img_7544武笠家表門

江戸後期の長屋門

Img_7543説明板

Img_7549野口家住宅

もとは廃寺となった安楽寺の庫裏

Img_7545説明板

Img_7534古代蓮池

♪『花は遅かった』(美樹克彦)ではなく、早かった。古いねどうも。

Img_7555中山道金毘羅橋欄干(明治28年?)

これを探すのに苦労した。標示板のみで説明板はない。

念仏橋から右岸を進んだが工事中で行き止まり、見沼代用水西縁沿いに迂回して、東浦和駅まで行った。

|

« 芝川を歩く②(吉野原駅→山中橋バス停) | トップページ | 芝川を歩く④(東浦和駅→川口元郷駅) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/61648007

この記事へのトラックバック一覧です: 芝川を歩く③(山中橋バス停→東浦和駅):

« 芝川を歩く②(吉野原駅→山中橋バス停) | トップページ | 芝川を歩く④(東浦和駅→川口元郷駅) »