« 東京散歩(小松川境川親水公園・一之江境川親水公園) | トップページ | 東京散歩(神田川を歩く①) »

2015年12月 8日 (火)

東京散歩(善福寺川を歩く)

2015年11月30日

上石神井駅・・・善福寺・・・善福寺池(上の池)・・渡戸橋・下の池・・美濃山橋・善福寺川・・・八幡西橋・・・原寺分橋・地蔵坂下・・社橋・・・城山橋・・・置田橋・・・(JR中央線)・・・本村橋①・・・荻窪橋(環八通り)・・・忍川橋・・・松渓橋・・・大谷戸橋・新堀用水跡分岐地点・・・善福寺川緑地公園・・・和田堀公園・和田堀池・・・大宮橋・・・郷土博物館・・・済美橋(荒玉水道道路)・・・武蔵野橋・済美公園・・・熊野橋・・・定塚橋・・善福寺川取水施設・・和田堀橋(環七通り・環境七号線地下調節池)・・・霊峰橋・・・和田ポンプ施設・・・駒ヶ坂橋・駒ヶ坂下・・・和田廣橋・・神田川合流地点・・・和田見橋・・・富士見橋・・・中野富士見町駅(地下鉄丸の内線) (橋は一部のみ記載)

  写真をクリックすると拡大します

Img_6600善福寺 《地図

もとは無量山福寿院と称していたが、廃絶していた善福寺の名に昭和17年に改称したので、善福寺池の名の由来の寺ではない。

Img_6601説明板

Img_6604善福寺池(上の池)

善福寺公園マップ

Img_6607遅野井(遅の井)

源頼朝ゆかりの湧き水で、善福寺池の湧き水の一つ。

Img_6606説明板

Img_6613市杵嶋神社(善福寺池弁財天)

橋が無く近づけない。

Img_6611説明板

Img_6625下の池

Img_6627善福寺川が「下の池」から流れ出す。《地図》(美山でなく美山)

この美濃山橋が一級河川の管理起点。
井草八幡宮の西方に美濃山といわれる所があり、松平美濃守の陣地跡とされているそうだ。それに由来する橋名という。松平美濃守とは誰なのか?

高い護岸が続く川沿いは歩いていても面白味がない。地蔵坂下(原寺分橋)を過ぎ、JR中央線をくぐり、環八通り(荻窪橋)をくぐって南東に流れて行く。

Img_6674忍川(おしかわ)橋から下流方向 《地図

このあたりは伊賀忍者の服部半蔵の領地だったという。

Img_6675説明板

Img_6688魚巣ブロック(松渓橋の少し下流) 《地図

Img_6704説明板

Img_6694大谷戸橋 《地図》 

天保新堀用水分岐地点で、正面が新堀用水路線図(後掲)の天神橋公園。

天保新堀用水物語

Img_6705説明板

Img_6703新堀用水路図

Img_6714善福寺川緑地公園の中を大きく蛇行しながら流れて行く。《地図

尾崎橋で五日市街道と交差する。

Img_6738御供米(おくまい)橋(前方) 《地図

少し下流で流れ込む湧水を利用して、大宮八幡宮への御供米を洗ったいう。

Img_6741和田堀池

和田堀公園を抜けて北上し、大松橋で東に向きを変え、済美(せいび)橋で荒玉水道道路を横切って行く。

Img_6763済美公園(右岸・武蔵野橋から) 《地図》(公園名が違っている)

Img_6777善福寺川取水施設地図

環七通り下に調節池がある。

Img_6783和田堀橋を渡ると両岸には宗教団体の立派な建物が並ぶ。

Img_6799神田川(右)合流地点 《地図

神田川沿いを進み中野富士見町駅に向かった。

|

« 東京散歩(小松川境川親水公園・一之江境川親水公園) | トップページ | 東京散歩(神田川を歩く①) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/62866685

この記事へのトラックバック一覧です: 東京散歩(善福寺川を歩く):

« 東京散歩(小松川境川親水公園・一之江境川親水公園) | トップページ | 東京散歩(神田川を歩く①) »