« 常滑街道① | トップページ | 常滑街道③ »

2016年1月 2日 (土)

常滑街道②

2015年12月20日

太田川駅(名鉄常滑線)・・・可家の湊跡・・・(名鉄常滑線)・・・諏訪神社・・今川塚・・・(名鉄常滑線)・・・本川樋門跡・公家緑道・・横須賀御殿跡・・愛宕神社・・大教院・・・玉林寺・・・(名鉄常滑線)・・・二のかけ地蔵・・・(名鉄常滑線)・・・横須賀交差点・国道155号・・・安楽寺・・玉泉院・・妙乗院・・・(知多市)・信濃橋(信濃川)・・・龍蔵寺・・・(名鉄常滑線踏切)・・・薬師堂・・・栖光院・・観音脇池・・・石薬師寺・・・浜脇交差点・・下森橋(美濃川)・・・龍雲院・・・御嶽神社・新知保育園・・・岩之田交差点・・・大龍寺・・・秋葉神社・・・福田寺・・日長神社・・・神山畔橋(日長川)・・・瑞光寺・・・新舞子松原毘沙門堂・・・(新舞子駅)・・・(名鉄常滑線踏切)・・伊勢湾・・・大草排水機場・・新川橋(新川)・(常滑市)・・大野海水浴場・・観音寺・・宝蔵寺・・大野橋(矢田川)・・矢田川水門・・洞仙寺・・十王堂・・東龍寺・・斉年寺・・内宮御祭宮社・・・神明社・・・(西ノ口駅)・・・(名鉄常滑線踏切)・・・蒲池駅(名鉄常滑線)

 東海市から知多市に入り、2度も大きく道を間違えてしまったが、新舞子駅の先で伊勢湾沿いに出て常滑市に入った。

  【ル-ト地図】(太田川駅(16km)→蒲池駅(42.2km))

  写真をクリックすると拡大します。

Img_8236可家の湊跡 《地図

この「御洲浜の池」は、万葉集にも詠まれた可家の湊が池となって取り残された跡という。このまま埋め立てられなければよいが。

Img_8237説明板

Img_8242諏訪神社

Img_8241万葉歌碑(右・文化15年(1818))

諏訪神社境内

Img_8240説明板

Img_8243今川塚今川義元の墓) 《地図

「今川さん」と呼ばれ、願掛けすると病気が治る」といわれ、信仰を集めるようになったそうだ。

Img_8252本川樋門跡 《地図

横須賀入江の公家(こうけ)川の雨水と伊勢湾の海水の合点に造られた樋門跡。今は公家緑道として整備されている。

Img_8250説明板

Img_8259横須賀御殿跡碑

尾張横須賀の歴史

Img_8256説明板①

Img_8258説明板②

Img_8254御殿の想定範囲図

愛宕神社、横須賀町方の北側一帯。

Img_8270愛宕神社

Img_8271由緒

Img_8269琴弾松(二代目)

初代は横須賀町方の中程の大教寺にあった。
横須賀町の民話『琴弾松

Img_8267説明板

Img_8272横須賀町方の通り 《地図

愛宕神社の鳥居から玉林斉(現玉林寺)に続く道の両側。正面左は八公組山車蔵
横須賀まつり~横須賀御殿と町方

Img_8273大教院

初代の琴弾松があった寺。

Img_8281玉林寺 《地図

Img_8280説明板

「二のかけ地蔵」を探しに行く。

Img_8287二のかけ地蔵 《地図》?

名前の由来が分からない。

常滑街道に戻る。

Img_8305妙乗院の滝場 《地図

小玉姫の祠(小玉塚)を探したが分からず。安楽寺の北側の路地を西に入った所にあるようだ。

Img_8312信濃橋(信濃川)を渡って東海市から知多市に入る。

Img_8315旧家

Img_8316龍蔵寺 《地図

知多四国八十八箇所の81番

Img_8324栖光院(せいこういん)の大クス 《地図

知多四国八十八箇所の80番

Img_8333石薬師寺 《地図

浜脇交差点を右折し、下森橋を渡り美濃川沿いを少し進む。

Img_8342ここを右折し、龍雲院の方へ向かう。

Img_8343龍雲院 《地図

ここから道を間違え、坊の下交差点の方へ出てしまった。坊の下交差点から新知保育園へ細い道を上り、下って左折し何とか岩之田交差点に出て常滑街道の道筋に入ったが、その先でまた間違えて知多中学校の方へ下ってしまい引き返し、長浦台団地を抜けてやっと本来の道筋に入った。起伏のある道で気分的にもかなり疲れた。(【ル-ト地図】は実際に歩いた道を記載)

Img_8916長浦台団地を抜けて高台の道に入る。《地図

人も車の往来のない静かな道で、迷った疲れも少しは癒された。

Img_8915名鉄常滑線と国道155号の向うに出光興産の製油タンク

Img_8909気分のいい道を緩やかに下って行く。

Img_8900今川地区の集落を抜けて行く。

Img_8895大龍寺(左) 《地図

Img_8365大龍寺

Img_8372どっしりとした茅葺きの家

この前を右折し、少し行って左折する。

Img_8377このあたりは玉石垣風の家が多い。

Img_8381秋葉神社 《地図

この先で日長川を渡って行くのだが、川沿いを進み福田寺と日長神社に寄る。

Img_8876福田寺 《地図

Img_8401日長神社

Img_8392日長神社

Img_8389説明板

Img_8396紅葉谷

日長川に戻る。

Img_8881日長川(神山畔橋)

正面は参宮橋

Img_8416新舞子松原毘沙門堂

Img_8420防風林のクロマツ

Img_8429伊勢湾沿いに出る。 《地図

知多市から常滑市に入る。

Img_8442大野海水浴場 《地図

鴨長明が訪れ、「生魚の 御あへもきよし 酒もよし 大野のゆあみ 日数かさねむ」と詠んだといい、古くから潮湯治が行われていた。それで「世界最古の海水浴場」の看板を立てていた。
あいちの海水浴場のあゆみ』に、「大野の潮湯治」(尾張名所図会)と、「世界最古の海水浴場」の看板(標柱)の写真が載っている。

Img_8448宝蔵寺

知多四国八十八箇所の68番

Img_8447説明板

Img_8449旧商店

Img_8455大黒屋

Img_8460矢田川水門前から矢田川(上流方向) 《地図

Img_8466洞仙寺

Img_8467説明板

Img_8470十王堂 《地図

Img_8468説明板

Img_8471大野町のイブキか?(右)

Img_8472東龍寺

Img_8473説明板

Img_8477斉年寺総門

天正16年移転再建当時のもの。大野城主佐治家の菩提寺。大野城跡は南東方の城山公園になっている。

Img_8480山門

天正16年(1588)移転再建当時のもの。楼上に十六羅漢を安置。

Img_8481説明板

国宝 雪舟筆「達磨大師二祖慧可断臂図」 (国立京都博物館寄託) 本堂内にパネルが展示してあるようだ。

Img_8488内宮御祭宮社 《地図

Img_8489説明板

Img_8496神明社

Img_8494説明板

西ノ口駅を過ぎ、蒲池駅まで行った

|

« 常滑街道① | トップページ | 常滑街道③ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/62986949

この記事へのトラックバック一覧です: 常滑街道②:

« 常滑街道① | トップページ | 常滑街道③ »