« 岩倉街道② | トップページ | 木曽街道(上街道) »

2016年3月16日 (水)

稲生街道

2016年3月5日

名古屋駅・・・伝馬橋(堀川)・美濃路・・・富士浅間神社・・江川一里塚跡・稲生街道・・・受徳寺・・江川端通商店街・・樫ノ木龍神・・・江川の碑・浄心寺・・・宗像神社・・・細池(延命)地蔵・・・庚申塚(稲生原古戦場跡)・庄内用水・・・新福寺・・・宗円寺・・・白山神社(名塚城)跡・・・地蔵橋(庄内用水)・・大江橋・江川分岐点跡・・・神明社・・・宮前橋・伊奴神社・・・妙本寺・丹羽長忠屋敷跡・・・安性寺・・・水神堂・・庄内公園・庄内川橋・稲生渡船場跡・・津島神社・・薬師寺・・・庄内緑地公園・・・地蔵堂・・・星神社・・・法源寺・・・長善寺・・・岩倉街道合流地点・・道標・・上小田井駅(地下鉄鶴舞線)

 美濃路の江川一里塚跡あたりから北に入り、江川(跡)沿いを浄心から稲生に進み、庄内川を渡って岩倉街道に通じる稲生街道を、美濃路の伝馬橋から行く。

  【ル-ト地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2194富士浅間神社

ここ浅間町の由来の社

伝馬橋から江川一里塚跡までは、『美濃路①』に記載

Img_2196江川一里塚跡あたり 《地図

江川郵便局の先の駐車場の前に説明板が立っていたのだが見当たらなかった。

一里塚跡の交差点を稲生街道の起点として、北に向かう。昭和初期までは江川が流れていた。

Img_2204江川端通商店街を進む。

江川は暗渠になっている。右は樫ノ木龍神、正面奥は浄心寺 《地図

Img_2213江川の碑(浄心寺前)

Img_2218宗像神社 《地図

尾張藩祖の徳川義直が筑前の宗像神社より勧請し、下御深井(しもおふけ・名城公園の外堀脇)に創建した。明治26年にこの地に遷宮された。別名を御深井弁天(おふけべんてん)といい、「弁天通り」の由来となった。

Img_2216アメリカヤ

屋までがカタカナのハイカラな店?

Img_2221細池(延命)地蔵

Img_2222由来

Img_2224庚申塚(稲生原古戦場跡) 《地図

Img_2225説明板

Img_2227庄内用水緑道

Img_2264説明板

Img_2236新福寺のシイの木

Img_2233説明板

Img_2242宗円寺

Img_2241説明板

Img_2246白山神社(名塚城跡)

Img_2245説明板

Img_2248地蔵橋(庄内用水(惣兵衛川)) 《地図

地蔵・神変大菩薩・秋葉神社の祠が並んでいる。

この先の大江橋の所が江川の取水口跡

Img_2263伊奴(いぬ)神社 《地図

天武天皇の時代、ここで取れた米を皇室に献上した時に創建されたと伝える。「稲生」という地名もそれから生まれたという。荘園制度時代にはこの辺りは稲生荘だった。

Img_2265由緒

Img_2271犬石像

Img_2281丹羽長忠屋敷跡(妙本寺前)

五輪塔や墓石などがあるが誰のものか分からず、説明板などもない。

Img_2284安性寺(あんしょうじ)

右方に白獄龍神と歳徳天神の祠が並んでいる。

Img_2288水神堂(右) 《地図

八大龍王祀っている。

Img_2294楠木正成父子像(庄内公園内)

桜井の別れ」の場面だろうか?

Img_2295庄内川橋から上流方向(稲生渡船場跡あたり)

右後方の高層マンションは稲置街道歩きの時は下流に見た。

Img_2298津島神社 《地図

庄内川緑地公園の北側を横切り一般道に出る。本来の稲生街道はもう少し北側を通って岩倉街道に出ていたかも。

Img_2315星神社のムクノ木 《地図

Img_2330岩倉街道合流地点 《地図

右に少し行けば道標と、岩倉街道の説明板の所へ出る。

|

« 岩倉街道② | トップページ | 木曽街道(上街道) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/63352827

この記事へのトラックバック一覧です: 稲生街道:

« 岩倉街道② | トップページ | 木曽街道(上街道) »