« 古隅田川・旧古隅田川(埼玉県)を歩く | トップページ | 柳瀬川を歩く »

2018年5月20日 (日)

東川を歩く

2018年5月5日・13日

小手指駅(西武池袋線)→大日堂バス停・・・東川源流地点あたり・・・箙(えびら)の梅・・・下田橋(県道179号)・東川管理起点標石・・・石橋供養塔・馬頭観音・狭山湖橋・・・稲荷坂交差点・・・北野総合運動場・・・泉橋・・・場北稲荷・・・北野天神社・・・宮後公園・・・石橋供養塔・・・大沢橋・・・石橋供養塔・庚申塔・・・山下橋・上新井調節池・・・大六天橋・・・西裏橋・・・六所神社・・・(西武池袋線)・・・弘法大師堂・三つ井戸・弘法橋①・・・鎌倉街道交差地点・新光寺・・開明橋・峰の坂下・・・新生橋・・・琴平橋・・・秋田家住宅・・・盃横丁・・・坂稲荷神社・・ファルマン通交差点・・・飛行機新道・・・旭橋・・・(西武新宿線)・・東川桜通り・・・西新井不動尊・熊野神社・宮前橋・・・所沢航空記念公園・・・松井橋・・・学校橋・精華の梅・・・新東橋・・・境橋・庚申塔・・・牛沼橋・・・加美橋・・・牛沼市民の森・神明社・・・長栄橋・・長栄寺・・・川端橋・・・弘法橋②・・・松郷橋・・・松郷工業団地・・松郷工業橋・・・新日比田橋・・・東所沢駅(JR武蔵野線)・・(5/13日)・・新日比田橋・・・日比田橋・・・稲荷橋・・・亀ヶ谷神社・・・御嶽神社・・柳瀬民俗資料館・・・柳瀬橋・・にこにこ橋・・・(関越自動車道)・・・塚越地蔵・・・城下橋・・・柳瀬川合流地点・・清柳橋(柳瀬川)・・・新座駅(JR武蔵野線)

  狭山湖(山口貯水池)の北側から東に所沢市内を流れて柳瀬川に合流する東川を歩く。

  【ル-ト地図

Img_5615東川上流方向 《地図》あたり

源流はまだ先だが水が流れていないここを起点として歩く。近くに三ヶ島八幡神社があり、『所沢市の坂④』で訪れたことがあるがすっかり忘れている。

Img_5616下流方向

この先で一般道に出る。

Img_5609箙(えびら)の梅 《地図

このあたりに多い小手指原の戦の伝承話の一つ。

Img_5607説明板

「昭和の初期には東川沿いに三十本の梅樹が点々とありましたが・・・」とある。

Img_5602下田橋から下流方向 《地図

左に「一級河川東川起点」標石が立つ。

Img_5600石橋供養塔(右)・馬頭観音(狭山湖橋手前)

Img_5599狭山湖橋から下流方向

Img_5587北野総合運動場(右)の北側を流れて行く。《地図

Img_5581北野総合運動場の東側で泉橋をくぐる。《地図

Img_5579泉橋から下流方向

Img_5576場北稲荷?

ここは民家の敷地内。屋敷神様だろう。

Img_5558北野天神社

Img_5560説明板

Img_5563宗良親王遺跡

小手指原の戦での陣所という。

Img_5573大納言梅

前田利家は菅原道真の後裔? 家紋は天神様の梅鉢だが。

Img_5574説明板

Img_5568文子天神社

女神の文子さんを祀っている。

Img_5567説明板

Img_5553石橋供養塔(左の木下) 《地図

Img_5084石橋供養塔(左・寛政5年(1793)) 《地図

庚申塔(右・安永6年(1777))

Img_5090すぐ南の橋から下流方向

Img_5095山下橋から下流方向

右は上新井調節池

Img_5100大六天橋から下流方向

Img_5107つるべ井戸

もう使われていないようだ。

Img_5108旧家の土蔵

Img_5114六所神社地図

Img_5121西武池袋線をくぐる。

Img_5126弘法大師堂(右前方)・弘法の三ツ井戸 《地図

Img_5133弘法の三ツ井戸

Img_5132説明板

Img_5137弘法の湯の煙突

Img_5138東川地下河川流入施設

洪水・氾濫防止のため地下の施設に流し込むようだ。

Img_5142鎌倉街道(上の道)交差地点 《地図

このあたりは『鎌倉街道(上の道⑥)』・『所沢市の坂②』に記載。

Img_5146開明橋から下流方向

ここは峰の坂下

Img_5157和田家住宅地図

Img_5160盃横丁

まだちょっと早いか。

Img_5169ファルマン交差点

明治44年、所沢飛行場でわが国で初飛行した、「アンリ・ファルマン機」にちなむ通り。

Img_5161坂稲荷神社

社殿装飾絵

Img_5166子抱き狐

Img_5163説明板

飛行機新道を旭橋へと進む。 《地図

Img_5175旭橋

昭和5年当時はモダンなデザインで、今はレトロか。

Img_5174説明板

Img_5179西武新宿線をくぐる。

Img_5183ここにも地下河川流入施設

東川は大雨が降るとすぐに水位が上がるのだろう。

Img_5185西新井不動 《地図

Img_5188不動像

Img_5193熊野神社

Img_5194説明板

Img_5204日本一長いケヤキ並木

所沢航空記念公園前の国道463号

Img_5203説明板

松井橋で東川に戻る。

Img_5213精華の梅・学校橋

Img_5211説明板

Img_5218庚申塔(寛政10年(1798))

境橋のたもと

Img_5222牛沼橋を渡る。《地図

左からの水路の橋で、右の東川に流れ込む。牛沼はこのあたりの地名・かつては沼があったのだろか?

Img_5224水路

国道の先で途切れるようだ。

Img_5227このあたりはいい景観の流れだ。

Img_5231牛沼市民の森

この中に神明社がある。

Img_5234神明社地図

ヒノキ林の間の参道

Img_5235神明造りの社殿

Img_5243長栄寺

閻魔像

Img_5244身投げ桜?

Img_5252背泳ぎ鯉?

Img_5255弘法橋② 《地図

ここにも大師の逸話があるのか?

松郷工業団地沿いを通り、新日比田橋を渡って東所沢駅に向かった。

Img_5987稲荷橋から下流方向 《地図

もとは稲荷社だった亀ヶ谷神社による橋名。

Img_5983亀ヶ谷神社

Img_5989御嶽神社

Img_5990柳瀬民俗資料館

磯谷有技の石碑が立っている。

Img_5997にこにこ橋から下流方向 《地図

柳瀬小・中学校への通学の橋。

この先は川沿いを歩けそうにないので、北に一般道に迂回して関越自動車をくぐった。

Img_6002塚越地蔵(享保18年(1733))? 《地図

台座は道標になっている。

Img_6003道標

「左 ちくまざわみち 中 とめ みち 右 かめやつみち」か?

竹間沢(三芳町)、(上・中・下)富(三芳町)、亀ヶ谷のことか? 左右の方向が違うが。他所から移設されたのだろうか?

Img_6006城下橋から下流方向 《地図

Img_6010柳瀬川(正面)に合流

|

« 古隅田川・旧古隅田川(埼玉県)を歩く | トップページ | 柳瀬川を歩く »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/66741376

この記事へのトラックバック一覧です: 東川を歩く:

« 古隅田川・旧古隅田川(埼玉県)を歩く | トップページ | 柳瀬川を歩く »