« 野猿街道① | トップページ | 鎌倉街道(堀兼道①) »

2018年8月31日 (金)

野猿街道②

2018年8月28日

大塚・帝京大学駅(多摩モノレール)・・・熊野神社・・・堀之内洗馬川公園・・・北八幡神社・・・大栗川橋(大栗川)・・・稲荷神社・・・浅間神社・・・川幡橋(大田川)・・・松木台公園・・富士見台公園・・・大石やかた公園・・・さんもり橋(大栗川)・・・武相十三番聖観世音札所・・日枝神社・・玉泉寺・・・永林寺・由木城跡・・・野猿峠・水飲み場跡・・・(光照寺)・・・北野街道合流地点・・・北野駅(京王線)

   【ル-ト地図

Img_8687熊野神社 《地図

鳥居の後ろに神木の大公孫樹(イチョウ)がそびえる。文久元年(1861)の植樹とか。

Img_8681説明板(大イチョウ)

Img_8688熊野神社前の旧道を行く。

Img_8674洗馬川公園 《地図

このあたりは堀之内という地名で、向かい側に番場公園、近くに京王堀之内駅もある。この付近に後北条氏の家臣ともいう植松太郎屋敷があったとも。西には大石やかた公園、殿ヶ谷戸バス停もあり、戦国武将らの屋敷・館跡のゆかりの名が残っている。

Img_8664北八幡神社

由木城主(後述)だった大石定久の弟の大石宗虎の再興という。

Img_8666_2説明板

「宗虎のの前の樹齢数百年の百日紅」は、「大石やかた公園」の東側の高台?にあるそうだ。『戦国武将列伝Ω

Img_8668甘酒地蔵(北八幡神社境内)

三体ともか?

Img_8667説明板

Img_8661大栗川橋から大栗川上流方向

Img_8658稲荷神社・津島牛頭天王社 《地図

Img_8656浅間神社

松木七郎屋敷跡という。

Img_8653松木七郎の墓(宝篋印塔)

鎌倉公方足利持氏の幕下であった松木七郎の墓とされているが、碑面に永和2年(1376)と刻まれていたといい、持氏の時代とは合わない。

Img_8652説明板

Img_8648川幡橋から大田川(上流方向)

Img_8646松木台公園 《地図

ここは小田屋敷跡のようだが説明板などはない。

Img_8634富士見台公園

南側の首都大学東京の構内に井草屋敷があったようだ。

Img_8642竪穴住居跡(復元・富士見台公園の史跡広場)

Img_8641説明板

Img_8630大石やかた公園 《地図

Img_8626武相十三番聖観世音札所地図

玉泉寺の札所で聖観世音菩薩像が安置されている。裳が蓮台にまでかかっている宋風のつくりであることから、「もかけの観音」と呼ばれているそうだ。

Img_8621日枝神社 

Img_8618玉泉寺

Img_8577永林寺全景図

総門から本堂まで一直線に並ぶ四天王寺式伽藍配置で、境内は広く建物も立派な寺で、墓地の北に由木城跡。

Img_8589説明板

戦国時代、滝山城主大石定久が開基となり、叔父である一種長純を開山として創建した。

Img_8616総門

Img_8574説明板

Img_8615十六羅漢・三門

Img_8582説明板

Img_8583中雀門(勅使門)

Img_8584説明板

Img_8585本堂

Img_8590説明板

Img_8587豊川殿

Img_8586説明板

Img_8612鐘楼

Img_8611三重塔

Img_8594岩船地蔵(享保4年(1719))

左はお地蔵さんというよりお爺さんだ。

Img_8596説明板

Img_8600大石定久墓

大石定久は天文18年(1549)、野猿峠で浄福寺城(松竹城)方向を望見して自害したという伝承があり、墓はもとは峠の上にあった。

Img_8597説明板

Img_8602由木城跡(大石定久館跡)

Img_8604大石定久像

Img_8570野猿峠へ長く緩い上りとなる。

Img_8569もう秋だねえ~

Img_8564でも日が照ると非常に蒸し暑い。

Img_8562野猿峠ハイキングコースはここへ通じていたのか?

私有地で立入禁止だが迂回コースもあるようだ。

Img_8560野猿峠

大石定久の墓は永林寺へ移され、峠の一本松の下の高さ60cmの「大石公故蹟」碑は見当たらない。

Img_8546水飲み場跡 《地図

猿の親子が浮き彫りされている。

Img_8545説明板

Img_86932五年生の時の野猿峠への遠足の写真(1958年10月)

ここは峠のどのあたりなのか?今はこんなスペースはないようだが、何せ60年も前のことだ。みんな晴れやか、にこやかな顔をしている。夢もチボーもあったのだろう。バスで往復した記憶しかないが、木の杖を持っている子もいるし、ハイキングで少しは歩いたのだろうか?肖像権の侵害になるかな?

Img_8552水飲み場跡脇の階段を上って光照寺を目指すのだが・・・。

Img_8553風情ある切通しを抜けて行くが、この先は住宅街で起伏のある道をうろつくが光照寺への入口は見つからずに、なんとか野猿街道に戻る。

Img_8559やっと光照寺参道入口だが「立ち入りお参り禁止」とは情けない。《地図

Img_8542大石定久が望見した浄福寺城方向を眺めながら下って行く。

Img_8536絹が丘二丁目交差点から都道から離れ細い道に入って下り、打越交差点の手前で北野街道に出た。《地図

|

« 野猿街道① | トップページ | 鎌倉街道(堀兼道①) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/67126823

この記事へのトラックバック一覧です: 野猿街道②:

« 野猿街道① | トップページ | 鎌倉街道(堀兼道①) »