« 北野街道②・川崎街道① | トップページ | 野猿街道① »

2018年8月19日 (日)

川崎街道②

2018年8月18日

高幡不動駅(京王線)・・・川崎街道(都道41号)・・・観音院・・・(多摩都市モノレール)・・・三沢橋(程久保川)・・・(京王動物園線)・・・八幡神社・・・下郷公園・・・松連寺坂・・・砂土地蔵尊・・・三沢砂土緑地・・・百草園・・百草八幡宮・・・松連寺坂下公園・・・大宮神社・・・真照寺・・・聖蹟桜ヶ丘10号踏切(京王線)・・・神明神社・・・落川遺跡・・・聖蹟桜ヶ丘7-2号踏切・・・一ノ宮交差点(野猿街道交差地点)・(多摩市)・・九頭龍神社・・・新大栗橋交差点(鎌倉街道上の道交差地点)・・・向ノ岡大橋(大栗川)・・・(対鷗台公園)・・連光寺坂・・・智願寺・・・桜ヶ丘公園・・・連光寺調圧水槽・・・(桜ヶ丘カントリークラブ)・・・(稲城市)・・・(瓦谷戸窯跡あたり)・・・南多摩水再生センター・・・医王寺・・・大丸交差点(府中街道接続地点)・・・南多摩駅(JR南部線)

  【ル-ト地図

Img_8336八幡神社地図

Img_8346松連寺坂の坂下近く 《地図

右に砂土地蔵尊の祠。ここから百草園(松連寺跡)まではけっこう長い急坂となる。

Img_8347砂土地蔵尊

Img_8342説明板(川崎街道沿いの松連寺坂下公園に設置)

Img_8382左端は「松連寺道」と彫られた馬頭観音(天保13年(1842))

大田南畝は「武蔵野の百草のすえをわけゆけば つらなる寺もこそあれ」と詠んだ。落語『蜀山人

Img_8376坂下方向

右の崖に三沢砂土緑地の説明板

Img_8379説明板

Img_8375坂上近く

右が百草園だがまだ9時前で開園していない。

Img_8362百草八幡宮

松連寺が別当寺だった。

Img_8367阿弥陀如来堂

銅造阿弥陀如来坐像」(国重文)を安置。右後方に「松連寺の石碑」が立つ。

Img_8366説明板

Img_8371百草園内(百草八幡宮から)

Img_8385大宮神社

ここも昨日歩いた七生丘陵散策路の道筋の一つ

急な石段の途中にある社務所?の下をくぐってさらに上る。

Img_8388社殿

Img_8393神明神社 

Img_8397落川遺跡 《地図

古墳時代から平安時代までの集落遺跡

Img_8395説明板

Img_8405野猿街道交差地点(一ノ宮交差点)

多摩市に入る。

Img_8406九頭龍神社

Img_8407鎌倉街道(上の道)交差地点(新大栗橋交差点)

Img_8409向ノ岡大橋から大栗川上流方向 《地図

正面で乞田川が合流する。

Img_8414連光寺坂(坂上近く) 《地図

右一帯は桜ヶ丘公園、正面の塔は連光寺調圧水槽。このあたりは『多摩市の坂①』に記載。

Img_8421坂下方向

Img_8426屋根付きの道路を下る。

金網だから雨は落ちて来る。

Img_8427稲城市に入ると屋根はない。

途中に瓦谷戸窯跡があるはずだが案内板などは見当たらなかった。道路の反対側だろうか?

Img_8431南多摩水再生センター

Img_8432医王寺

Img_8434府中街道接続地点 《地図

ここを北野街道・川崎街道歩きの終点として南多摩駅から南武線で府中本町駅に出て、東京競馬場に向かった。

|

« 北野街道②・川崎街道① | トップページ | 野猿街道① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/67074038

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎街道②:

« 北野街道②・川崎街道① | トップページ | 野猿街道① »