« 鎌倉街道(堀兼道②) | トップページ | 野川を歩く① »

2019年1月12日 (土)

田柄川緑道

2019年1月11日

成増駅(東武東上線)・・・川越街道(国道254号)・成増坂上(小次兵衛久保坂上)・・・氷川神社・・・光が丘公園・・ひびき橋・・秋の陽公園・田柄川水源・・田柄川緑道・・・前神明橋跡・・・(東武啓志線跡あたり)・・・田柄天祖神社・・・阿弥陀堂・・・愛宕神社・・・田柄川緑道・愛宕橋跡・・・東田柄橋・・・大松橋・・・(地下鉄有楽町線)・・・(東武啓志線交差地点あたり)・・・仲之台橋跡・・新興橋跡・(国道254号)・・・大堰橋跡・・・徳川綱吉御殿跡碑・・・棚橋歩道橋(富士街道(環八通り))交差地点・棚橋跡・・・(東武啓志線交差地点あたり)・・・下宿橋跡・・・(国道254号)・高徳橋跡・・・金乗橋跡・・・渡戸橋跡・東本村庚申塔・・・横寺橋跡・・円明院・・・円明橋跡・・今神橋跡・・・宮元橋跡・・・仲一橋跡・・・金越橋跡・・・(板橋区)・・城北中央公園・桜川緑道・・・石神井川合流地点・桜橋・・・茂呂遺跡・・・栗原橋(石神井川)・・・栗原遺跡竪穴住居跡・・・桜川御嶽神社・・・国道254号・五本ケヤキ・・・上板南口銀座・・・(旧川越街道)・・・上板橋駅(東武東上線)

  【ル-ト地図

 練馬区の光が丘を水源として東方向に流れ、板橋区の城北中央公園の東南側で石神井川に注いでいた田柄川跡の緑道を行く。

Img_8956成増坂(成増交差点から坂下方向)

坂上から東に小次兵衛久保坂が下り、さらに東に帳元の坂が上って行く川越街道

Img_8959氷川神社

昭和7年赤塚氷川神社を勧請して地元町会の鎮守とした。

Img_8966光が丘公園

樹林の下は貯水池になっていて、溜まった雨水は田柄川(暗渠)から石神井川へと流れる。

Img_8970説明図

バードサンクチュアリには平日は入れず。ひびき橋を渡って田柄川の水源の秋の陽公園に向かう。

Img_8982水屋から湧き水が流れ落ちている。 《地図

ここを田柄川(緑道)歩きの起点とし、板橋区の城北中央公園の先の石神井川との合流地点の桜橋を終点として歩く。

Img_8985水の流れが見えるのは公園内だけ。水田地帯だったことを偲ばせる田んぼが作られている。

Img_8991田柄川幹線埋設位置石標」(正面下)

この下に暗渠となった田柄川の流れがあるということだろう。正面の長屋門風の建物をくぐって行く。

Img_8994田柄川緑道が始まる。《地図

Img_9000前神明橋跡(右に木柱が立つ)

この先で緑道から離れ北の寺社に寄る。田柄川の北側50mくらいに並行して、上板橋駅と駐留米軍住居のグランドハイツ(現光が丘公園)を結ぶ東武啓志線が走っていたようだが、その痕跡は残らずか。

Img_9003田柄天祖神社

右の柵内の水神宮碑は田柄用水記念碑(明治26年・練馬村玉川上水分水紀念碑)で、玉川上水分水事情が記され、明治初めの当地における分水の苦心を伝えている。

Img_9007阿弥陀堂 《地図

豊島八十八ヶ所霊場42番札所

Img_9012愛宕神社

例大祭での金魚市は今でも開かれているようだ。

Img_9020東田柄橋跡

田柄川水位状況標(正面)は、-4.7mを標示している。このところ雨は降らず、暗渠にも水はほとんど流れていないか。

Img_9025東武啓志線交差地点あたり 《地図

Img_9028新興橋跡で国道254号(現川越街道)を横切る。

Img_9035徳川綱吉御殿跡之碑(右の貨幣形の円盤) 《地図

寛文年間(1661~72)に、後に江戸幕府第5代将軍となる徳川綱吉がこの地を鷹場とし、宿泊所として「鷹狩御殿」を建てた。将軍となって「生類憐みの令」を出す前の話。
また綱吉が脚気に悩んで練馬村へ転地療養した時の御殿がここで、病のつれづれに栽培させたのが練馬大根の起こりだともいう。『練馬の地名今むかし

Img_9041棚橋歩道橋で富士街道(ふじ大山道・環八通り)を越える。

Img_9045棚橋の親柱が残る。

Img_9044説明板

「富士大山道の橋」とある。

Img_9055「あやとり像」

高徳橋跡を渡った所。

Img_9059瀬戸橋跡

右は東本村庚申塔(貞享2年(1685))の祠で、庚申塔の右の笠付き石塔(宝暦2年(1752))の左側面には「たなし道」(田無道)と刻まれているそうだ。

Img_9068円明院

Img_9065説明板

Img_9067血の道地蔵(いぼ地蔵・明治25年)

山門の左前

Img_9069三面八臂(はっぴ)馬頭観音(寛政6年(1794))

山門の右前

板橋区に入り城北中央公園の東側沿いを行く。

Img_9083桜川緑道となる。

板橋区内の田柄川は桜川と呼ばれ、板橋区桜川地区から下流を桜川緑道というそうだ。

Img_9088桜橋(石神井川) 《地図

Img_9091石神井川(上流方向)

右から田柄川が流れ込むのだが、流れていない。ここを田柄川緑道歩きの終点とした。

石神井川右岸を上流に向かう。

Img_9101茂呂遺跡 《地図

Img_9093説明板

Img_9108栗原遺跡の復元竪穴住居 《地図

日当り満点で冬でも暖かそうで住み心地がよさそうだ。

Img_9105説明板

Img_9110御嶽神社 《地図

Img_9109説明板

Img_9114狼型狛犬(嘉永7年(1854))

狼というより狐顔、馬顔で迫力がないか。

Img_9116五本ケヤキ 《地図

Img_9117説明板

Img_9120旧川越街道(川越方向)を横切って上板橋駅に出た。 《地図

|

« 鎌倉街道(堀兼道②) | トップページ | 野川を歩く① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/67646767

この記事へのトラックバック一覧です: 田柄川緑道:

« 鎌倉街道(堀兼道②) | トップページ | 野川を歩く① »