« 川口市の坂② | トップページ | 我孫子・柏散歩② »

2019年2月 6日 (水)

我孫子・柏散歩①

2019年2月1日

北柏駅(JR常磐線)・・・根戸城跡・・・船戸の森(船戸緑地)・・武者小路実篤屋敷跡・・・水神社・・・根戸古墳公園・・・手賀沼公園・・・天神坂・・三樹荘・天神山緑地・嘉納治五郎別荘跡・・・大光寺・・香取神社①・・・楚人冠公園・・・志賀直哉邸宅・・・金八稲荷神社・・・旧村川別荘・・・子ノ神大黒天・子の神古墳群・・・水の館・・・千勝神社・・・鳥の博物館・・・山階鳥類研究所・・・香取神社②・香取神社古墳群・・・水神山古墳・・・桃山公園・前原古墳跡・・・八幡神社・・・滝前広場・・・滝前橋・・・小暮橋(JR成田線)・・・天王台駅(JR常磐線)

  【ル-ト地図

 手賀沼北岸の台地上は古代には古墳群が手賀沼を見下ろし、明治から大正期にかけては多くの文人墨客が住み、「東の鎌倉」と呼ばれていた。今日は北岸を西から東へたどり、次回は手賀大橋を渡って柏市に入り、古墳群跡や平将門ゆかり地を訪ねて東武野田線まで南下する。

Img_0228根戸城跡方向(前方の台地、奥の台地は船戸の森) 《地図

昨夜の雪が残っている。

Img_0237城郭配置図

現在地に設置の説明板

Img_0229ここから登城した。

ここを上った西側に金塚古墳があるのだろう。

Img_0230空堀跡のような?

Img_0234主郭あたりか。

この先はボーイスカウトの野営地で立ち入れない。

Img_0241説明板

先ほどの「現在地」に設置のもの。

Img_0238根戸城跡

Img_0239金塚古墳

出土品

Img_0247船戸の森(船戸緑地)

Img_0255武者小路実篤屋敷跡 《地図

実篤は当地から→「新しき村」(宮崎県)→「新しき村」建設(埼玉県毛呂山町)→調布市と移り住んだ。

Img_0252説明板

Img_0258船戸の森の下の道を進む。

左は湧き水

Img_0261水神社 《地図

Img_0266根戸古墳公園 《地図》(白山古墳公園となっているが白山古墳群は白山中学校の南東にあった。)

Img_0265根戸船戸2号墳(前方後円墳)

もとは前方後円墳4基、円墳2基があった。雪が葺石(ふきいし)代わりだ。

Img_0264説明板

Img_0268左の台地が北風よけになって歩きやすい。

Img_0273手賀沼公園

20年ほど前に2、3回、「手賀沼エコマラソン」に参加したことがある。

Img_0274カモ・カワウ・ユリカモメなど野鳥の楽園だ。

Img_0388昭和30年頃までは泳げたそうだ。

「鳥の博物館」に展示の写真

Img_0389説明板

Img_0279血脇先生謝恩之碑(手賀沼公園内)

我孫子出身の歯科医学者だが、こんな馬鹿でかい石碑を建てることもあるまいに。

Img_0284バーナード・リーチ氏の碑(手賀沼公園)

天神坂上の三樹荘に窯場があった。

Img_0281説明板

Img_0287天神坂を上る。 《地図

左が三樹荘跡(現村山邸)、坂上右の天神山緑地が嘉納治五郎別荘跡。

Img_0288説明板

Img_0298坂上から

Img_0297三樹荘(柳宗悦屋敷跡)

柳宗悦は嘉納治五郎の甥

Img_0295説明板

Img_0301嘉納治五郎別荘跡

NHKの大河ドラマ「いだてん」で嘉納治五郎先生は活躍中だ。
嘉納がこの地に別荘を設けたことで甥の柳宗悦が結婚後に我孫子へ移り住み、その後に志賀直哉や武者小路実篤ら「白樺派」の文人たちが移り住むきっかけになった。

Img_0299説明板

Img_0303ここからの眺め(大正時代の写真絵葉書)

富士山もこんなにくっきり?

Img_0305現在の眺め

晴れていても富士山は見えない。

Img_0315香取神社① 《地図

ケヤキの大木は、大正12年に苗木を50本植栽したのが成育したものだそうだ。

Img_0323楚人冠公園(緑南作緑地) 《地図

句碑(正面)「筑波見ゆ冬晴の洪いなる空に」 ここから筑波山も見えたのだ。朝日新聞の「天声人語」を造語・命名したのは杉村楚人冠という。

Img_0318説明板

北側に楚人冠記念館もある。

Img_0335志賀直哉邸宅(緑雁明緑地) 《地図

尾道市奈良の新薬師寺近くにも旧宅がある。

Img_0331説明板

Img_0333白樺派と我孫子の文人の相関図

昔の週刊誌の芸能人(愛憎・スキャンダル?)相関図を思い出した。

Img_0327武者小路実篤邸の庭での写真(大正6年)

男連中はどうでもいいが、女性たちは大正ロマンを感じさせる美形揃いか?

少し手前の向い側に白樺文学館がある。

Img_0347金八稲荷神社 《地図

住宅の間の鳥居もない殺風景な社で、雪が残っていて寒々しい。詳細不明な稲荷社だが、祭神は武田鉄矢でないのは確か。でも、「マルちゃんの赤いきつねと緑のたぬき」を宣伝していたからひょっとしたら・・・・。

Img_0358旧村川別荘 《地図

Img_0357説明板

Img_0360母屋

水戸街道の我孫子宿本陣の離れを移築、改装。

Img_0363新館

Img_0365子ノ神大黒天  《地図

Img_0368子の神古墳群

現在は5基の円墳と前方後円墳1基が残っているというが、墳形もはっきりせず消滅に近い状態のようだ。 

Img_0366説明板

Img_0468旧家

Img_0372水の館 《地図

展望台がある。無料だった。

Img_0382展望台から手賀沼東方向

手賀川へと続いている。

Img_0385手賀大橋、富士山方向

Img_0377千勝神社

「千勝」とは縁起がいい。勝負事にご利益ありと思ったが、そうではないようだ。 

Img_0380鳥の博物館

ここの鳥の剥製標本などは見ごたえがある。ここも拙者は無料だった。

Img_0398トキ

大正15年捕獲された剥製

Img_0396説明板

Img_0405ショウジョウトキ(上)・ホオアカトキ

Img_0379山階鳥類研究所

Img_0436東へ古墳群をたどる。

参考:「あびこ電脳考古博物館

Img_0416香取神社② 《地図

左右に香取神社古墳群(円墳2基・方墳1基)の2基の古墳。ここからの手賀沼の眺めは今はない。

Img_0418古墳(社殿の左側)

Img_0422この祠も古墳上か。

Img_0430水神山古墳(後円部上から前方部方向)

全長約69mの前方後円墳で手賀沼周辺では最大の古墳。やっと古墳らしい形が残る古墳に出会った。出土品の「ガラス小玉

Img_0434説明板

Img_0439前方部西南側から後円部方向(右)

Img_0446前原古墳跡(桃山公園内)あたりから手賀沼

Img_0442古墳はこんな感じで2基の方墳が手賀沼を見下ろしていた。

Img_0441説明板

Img_0448下は水生植物園

西久保古墳のある日立総合経営研究所内には入れず。

Img_0457八幡神社 《地図

Img_0461滝前広場近くから手賀沼 《地図

滝前不動堂は八幡神社の東方にある。ここを今回の終点として天王台駅に向かった。

|

« 川口市の坂② | トップページ | 我孫子・柏散歩② »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子・柏散歩①:

« 川口市の坂② | トップページ | 我孫子・柏散歩② »