2017年5月20日 (土)

六郷用水を歩く③

2017年5月16日

武蔵新田駅(東急多摩川線)・・・六郷用水南堀跡・・工事開始の碑・・・耕田橋の堰跡あたり・・・(第二京浜国道)・・・(多摩堤通り)・・・遍照院・・安方神社・・・(多摩川線)・・(環八通り)・・・金剛院・・・六郷田無道交差地点・・・蒲田電車区・蛸の手跡・・・跨線橋(JR京浜東北線)・・・六郷用水物語(田中丘隅①)・・六郷用水物語(田中丘隅②)・・・(京浜急行線)・・(第一京浜国道)・・・真光寺・妙覚寺・善永寺・報身寺・福称寺・延徳寺・正覚寺・・・上田妙法稲荷神社・・・馬頭観音・・・多摩川土手・・・八雲神社・・水門通り商店街・・・(第一京浜国道)・・雑色駅(京浜急行線)

  【ル-ト地図

Img_1922六郷用水の南堀跡を進む。

植込みの中に「六郷用水工事物語 工事開始」の説明碑がある。

Img_1919工事開始碑

Img_1924耕田橋の堰跡 《地図

Img_1925説明板

Img_1928第二京浜を横切った所

Img_1933供養塔群(遍照院) 

右から2番目が承応3年(1654)の阿弥陀如来像が線刻された念仏供養塔。

Img_1929説明板

Img_1932阿弥陀如来像の線刻

Img_1935安方神社

多摩川線と環八通りを横切って行く。

Img_1942金剛院前を通る。

Img_1943説明板

Img_1945六郷田無道交差地点 《地図

六郷用水跡は直進

Img_1952蒲田電車区(操車場) 《地図

ここは何本かの分水口で、「蛸の手」と呼ばれていた。松本清張の『砂の器』の殺害死体発見現場でもある。

Img_2009蛸の手から分水している。

電車区を迂回し、JR線を跨線橋で越えて用水跡沿いに出る。

Img_1960六郷用水物語(左)

Img_1957田中丘隅(休愚)物語① 《地図

Img_1964

仲よし児童公園前

京浜急行線をくぐり、第一京浜国道(東海道)を横切って行く。

Img_1975上流方向を見ている。

Img_1977右の路面にマーク

Img_1985用水の流れ方向を示している。

この先で右折して七辻を見る。

Img_1979確かに七辻だった。《地図

信号機はなく、正面に「日本一ゆずり合いモデル交差点」の看板が立つ。野火止用水用水沿いに「九道の辻」があるが、今は9つの道はなく信号機もある。

用水跡の東側の寺院群を巡る。いずれも築地本願寺寺中から当地に移転してきたようだ。

Img_2000最後の正覚寺では、仔猫が三つ指をついて出迎えてくれた。

Img_2008上田妙法稲荷神社

七福神ではなく「羽田七福いなり」めぐりだそうだ。

Img_2011六郷用水物語(左) 《地図

先ほどの「蛸の手」が載る流路の地図

道路の向かい側に馬頭観音の祠

Img_2012馬頭観音

Img_2015多摩川(上流方向)

少し上流へ進む。

Img_2024?水門から多摩川

これをすっかり六郷水門と勘違いしてしまった。六郷水門は少し上流側にある。

ここを六郷用水歩きの終点とし、雑色駅に向かった。

Img_2029八雲神社

Img_2033水門通り商店街

六郷水門方向

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

六郷用水を歩く②

2017年5月12日

二子玉川駅(東急大井町線)・・・調布橋(丸子川)・行善寺坂下・・大山道道標・・・工事中迂回・・・(東急大井町線)・・・界橋・・・稲荷橋・稲荷坂下・上野毛自然公園・・・明神橋・明神坂下・・・(第三京浜国道)・・・倉田橋・・・岸橋・・・宮下橋・・六所神社・・善養寺・・大日橋・・・流見橋・・・東橋・・・天神橋・浄音寺坂下・・谷沢川合流地点・・・玉根橋・等々力坂下(目黒通り)・・・稲荷橋・・・浄楽橋・・東京都市大学・・西根橋・・・中の橋・・・北原橋・・・八幡橋・・・天慶橋・・・尾山橋・・・上の橋・(大田区)・・吹上橋・・・庵谷橋・・・八幡神社・・・照善寺・・中ノ橋・馬坂下・・・荏野橋・・・下ノ橋・・・宝来橋・・・小島橋・・・多摩川台公園(宝来山古墳・亀の甲山古墳)・・・丸子川・・(東急東横線)・・多摩川放流口・・・浅間神社・・・田園調布せせらぎ公園(旧多摩川園・滝坂・大山坂・いろは坂・松の木坂)・・・富士見坂・・・(中原街道)・・六郷用水跡・・・鎌倉街道(下の道)・桜坂下(旧中原街道)・東光院・おいと坂下・・・(東海道新幹線)・・・密蔵院・・・嶺村の庚申塔・・・観蔵院・・・河原坂上あたり・・・(環八通り)・・六郷用水物語(女堀のみち)標柱・・・藤森稲荷神社・ぬめり坂下(平間道)・・・光明寺大門前堰跡あたり・・・下丸子への分水口跡・・南北引き分け跡・鎌倉街道(下の道)分岐地点・南堀跡・・・六郷用水物語(南堀のみち)標柱・・・(環八通り)・・武蔵新田駅(東急多摩川線)

  【ル-ト地図

Img_1573東急田園都市線をくぐった丸子川(六郷用水)

Img_1575調布橋から行善寺坂(大山道) 《地図

西方の慈眼寺坂を下る大山道とともに、二子の渡しで多摩川を渡っていた。

Img_1565大山道道標(安永6年(1777)・瀬田村庚申供養講中) 《地図

「南大山道 左西赤坂道 右東目黒道」
この用水前の道は奥多摩へ帰る筏師たちが利用した筏道。

この先はガス工事中で通れず、大きく右に迂回して大井町線の先の界橋に出る。

Img_1582稲荷橋から稲荷坂

坂の途中の左側に稲荷神社がある。右は上野毛自然公園

Img_1586上野毛自然公園

国分寺崖線の斜面を利用した公園で、『せたがや百景の№92

Img_1589明神橋から明神坂

坂上に野毛2丁目の六所神社に移された「六所明神」があった。坂下の明神池は埋め立てられいる。

Img_1592第三京浜下の水門

余水を多摩川へ排水するのためか。

Img_1601「おもいはせの路」(国分寺崖線散歩道

思いを馳せるほどの道でもないが。

宮下橋から急坂を上って六所神社に寄る。

Img_1603坂上近くから

右は明神坂の坂上から移された六所神社。この坂に名前はついていないようだが、宮坂と呼びたい。

Img_1605六所神社

Img_1610境内の水神社

左下に石造のミニ砂利舟

Img_1606砂利舟の

多摩川の砂利採掘』(稲城市)

Img_1636善養寺

境内は異国風な石造物でにぎやかだ。山門の後ろには大カヤがそびえている。『せたがや百景№94』

Img_1657天神橋から浄音寺坂

等々力渓谷の日本庭園あたりの天神山から由来する橋名か。浄音寺は天保の頃に焼失したという。

Img_1658この先で右にカーブして谷沢川に注いでいる。《地図

かつて六郷用水は、谷沢川の上を越えて流れていたが、現在は谷沢川と合流して多摩川に注ぐ。しかし、清流復活事業として、合流した川の水の一部をポンプで引き上げ、ここから下流の丸子川(六郷用水)に流しているそうだ。

Img_1659谷沢川へと流れる。

Img_1665谷沢川下流方向

Img_1666丸子川(下流方向)

石積みの護岸が続く、谷沢川との混合水の流れ。

Img_1672玉根橋から等々力坂(目黒通り)

Img_1679浄楽橋から尾山台ナザレン教会

教会には似合わない橋の名だ。

Img_1687東京都市大学

首都大学東京と紛らわしい。

Img_1695八幡橋の北側には、八幡塚古墳、宇佐神社、伝乗寺、寮の坂などがある。『世田谷区の坂①

Img_1705上の橋

水辺に下りられるが、あまりきれいとはいえない流れだ。

大田区に入った。

Img_1721八幡神社

鎌倉時代の建長年間(1249~55年)の創建と伝える。当時は篭(籠)谷戸(ろうやと)と呼ばれる多摩川の入江の良港があり、物資を積んだ舟が盛んに出入りしていた。高台部分には東西を鎌倉街道が通る要衝の地だった。鎮座地は舟の出入りを監視できる港の入口に突き出した台地で、その場所に祠を建て、八幡神社を勧請したのが始まりという。

Img_1719新八幡橋から丸子川の南側の細い流れ。

お鷹の圦で、丸子川からの流れと合わせて多摩川へ流れて行くようだ。

Img_1725鷹の圦(いり)樋地図

右の水門から余水を多摩川へ流している。名前の由来は何か?

Img_1727この先で多摩川に続いている。

多摩川の入江の名残りだろうか?

Img_1734照善寺

Img_1735手入れの行き届いた境内だ。

Img_1738中ノ橋から馬坂

左から右(北)に曲がって上って行く。このあたりは『大田区の坂④』で歩いている。

Img_1742坂上方向 《地図

左は照善寺で、坂上を進むと急坂(坂名)上に出る。

Img_1756ここから多摩川台公園に上る。

宝来山古墳・亀の甲山古墳は、『大田区の坂④』に記載。

Img_1763公園内を通って行く。

丸子川に下る。

Img_1780この先で丸子川は終わり、右へ多摩川へ放流している。

Img_1781多摩川への放流口

Img_1786多摩川へ流れ出ている。《地図

正面は丸子橋

Img_1790浅間神社

浅間神社古墳の後円部上に建つ。宝来山古墳~亀の甲山古墳から連なる古墳か。東横線で遮断されているが。

Img_1797多摩川を渡る東横線

富士山は見えず。

Img_1793丸子橋

多摩川園遊園地跡の田園調布せせらぎ公園に寄る。

Img_1801園内図

多摩川園の頃はプールもあった。井戸水なのか冷たくて長く入っていられなかったことを覚えている。今はすっかり変わってしまった。が4つもある。一般道の坂ではないが、23区の新しい坂を見つけたのは久しぶりだ。六郷用水歩きはどうでもよくなって、本職の坂道散歩に取りかかる。

Img_1803

名前はついていないようだ。

Img_1806滝坂を上る。

滝の中間部の上を通っている。

Img_1808滝の上部

Img_1815大山坂

坂上に建物があるが大山の不動堂ではなかった。

Img_1816坂上方向

Img_1818いろは坂

日光のいろは坂のように曲がりながら上る坂だが、いろは48の曲がりとはほど遠い。多摩市にもいろは坂がある。

Img_1824松の木坂

松の木門から公園を出る。

Img_1835富士見坂を下る。《地図

正面方向が富士山だが望むべくもないか。

坂下から多摩川線沿いを進み、中原街道をくぐると六郷用水跡の流れが始まる。

Img_1848国分寺崖線からの湧き水を流している。《地図

Img_1853色とりどり、選り取り見取り?

鯉のぼりは終わったが。

Img_1859ジャバラ(足踏み水車)

Img_1861説明板

Img_1863現在地の桜坂下(旧中原街道)から南北引き分けまでは、鎌倉街道(下の道)に記載で略す。

Img_1911南北引き分け跡(右に説明板) 《地図

北堀・鎌倉街道(下の道)は左へ、今回は右へ南堀沿いを行く。

Img_1910説明板

Img_1914環八沿いに出て左に入って行く。

Img_1916六郷用水物語(南堀のみち)標柱

少し進んで右折し、環八通りを横断して武蔵新田駅に出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

六郷用水を歩く①

2017年5月11日

狛江駅(小田急線)・・・多摩川・・六郷用水取水口跡あたり・・玉翠園石垣跡・・水神社・・六郷さくら通り・・仏寿寺・・・伊豆美神社・・兜塚古墳・・・むいから民家園・・・穴守稲荷分神社・・田中橋交差点・・高千穂稲荷神社・・泉龍寺・・・品川道交差地点・駄倉橋跡・・(狛江通り)・・・(小田急線)・・いちょう通り・・・新一の橋交差点・品川道合流地点・・一の橋交差点・石橋供養塔・・・慶岸寺・・・二の橋交差点・品川道分岐地点・・・滝下橋緑道・・・野川合流地点・・・雁追橋(がんおいばし)・・・中野田橋・・・野川分岐地点・・次大夫堀公園・・・内田橋(六郷用水)・・・パズルトンネル(多摩堤通り)・・・野川合流地点・・・大正橋・・・新井橋・・野川分岐地点・・(東名高速)・・・六郷用水跡碑・・・新坂下・品川道分岐地点・・石橋供養塔・永安寺・・・大蔵氷川神社・・・水神橋・仙川交差地点・・西谷戸橋(仙川)・・岡本三丁目の坂下・・・水神橋・丸子川(六郷用水)・・丸子川親水公園(六郷用水の歴史碑)・・・堂ヶ谷戸橋・堂ヶ谷戸坂下・・・岡本民家園・・岡本八幡神社・・静嘉堂文庫・・・八之橋(谷戸川)・・・馬坂・・瀬田四丁目旧小坂緑地・・旧小坂家住宅・・庚申塔・・・下山橋(丸子川)・・・彩翠橋・・・雁追橋(かりおいばし)・まむし沢・まむし坂下・・・大夫橋(大山街道)・慈眼寺坂下・・・瀬田アートトンネル(国道246号)・・・逍遥橋・・・(東急田園都市線)・・・二子玉川駅(東急大井町線)

 狛江市の多摩川から取水し、東へ世田谷領と六郷領を流れて農業用水を供給し、北堀と南堀に分かれて、南堀は六郷橋の下流で多摩川に注いでいた。開削監督者の小泉次大夫の名を取って「次大夫堀」、世田谷区から大田区の一部区間は「丸子川」と呼ばれている。

  【ル-ト地図

Img_1342六郷用水取水口跡あたりから多摩川上流方向 

写真の右方に六郷排水樋門があり、根川の水が流れ込む。

Img_1341多摩川から六郷用水取水口(昭和初期の写真)

左側が玉翠園で石垣が見える。

Img_1337玉翠園石垣跡 《地図

Img_1333
説明板

Img_1345水神社

伊豆美神社の旧地で、六郷用水を開削した小泉次大夫を祀る。

Img_1349六郷さくら通り

むいから民家園」に寄る。「むいから」とは当地で古くから屋根葺きに用いられていた、麦から(麦藁)の転訛だそうだ。 《地図

Img_1367旧荒井家住宅

Img_1368旧高木家長屋門

Img_1366説明板

Img_1372穴守稲荷分神社

羽田の穴守稲荷神社の分社で、細い路地を入った螺旋階段の上に鎮座する。千川上水跡沿いの穴守神社よりもさらに「穴守」という感じだ。

Img_1369由緒

Img_1377高千穂稲荷神社 《地図

裏側に田中橋の親柱が保存されているようだが、見逃した。

伊豆美神社・兜塚古墳・泉龍寺は、『品川道①』に記載。

Img_3194駄倉橋跡 《地図

品川道との交差地点で親柱が保存

Img_3193説明板

狛江通りを横切り、小田急線をくぐり、いちょう通りを進み、新一の橋交差点で品川道(世田谷通り)に合流する。

Img_1385一の橋交差点 《地図

石橋供養塔道標(文政6年(1823))で、正面右下に「西 登戸 府中 道」、右面に「南 家村道」、左面に「北 ほりの内 高井戸 道」、左面に「東 六郷 江戸 道」。「家村道」とは何か?

Img_1389慶岸寺

二の橋交差点で品川道が右に分れて行く。世田谷区に入る。

Img_1396滝下橋緑道となる。 《地図

滝下橋の親柱も手前に残っているようだ。

Img_1399野川に合流する。

Img_1403所々に立っている案内板

国分寺崖線発見マップ

Img_1406野川

雁追橋(がんおいばし)から下流方向

Img_1409手前の流れが次大夫堀公園へ

次大夫堀=六郷用水=丸子川

Img_1411取水口 《地図

Img_1412次大夫堀公園に入る。

Img_1416せせらぎ風な流れと、民家園がある。

Img_1414復元水路

Img_1436旧谷岡家表門

納屋と穀倉に門をつけて長屋門とした。

Img_1434説明板

Img_1420旧城田家住宅

Img_1419説明板

Img_1430旧加藤家住宅

Img_1426旧安藤家主屋

屋根補修工事中

次太夫堀公園から出る。

Img_1439内田橋から上流方向 《地図

Img_1397内田橋の上流方向(昭和30年頃)

今は次大夫堀公園となっている方向だろう。

Img_1446パズルトンネルで多摩堤通りをくぐる。

卵の形を直線で9のパーツに分割して、その組合せを変えていろんな鳥の形を作っている。

Img_1450再び流れが現れる。

Img_1453また野川に注ぐ。《地図

Img_1457野川沿いを進む。

上は「東京外かく環状道路本線トンネル(南行)東名北工事」中。その向こうが東名高速の下あたりで野川から分かれて行く。

Img_1463六郷用水跡標柱の立つポケットパーク 《地図

道標にもなっていて、「西 新井橋を経て次太夫堀公園へ」・「東 水神橋を経て丸子川へ」と刻む。

永安寺の西側の新坂を上って行くのが品川道。このあたりから二子玉川駅までは、『世田谷区の坂④』でも歩いている。

Img_1476永安寺山門

右に石橋供養塔(明治23年)

Img_1479大蔵氷川神社

Img_1482水神橋から仙川上流方向 《地図

正面は西谷戸橋

Img_1486西谷戸橋あたりから岡本三丁目の坂

豊島区ののぞき坂のような急坂だ。

Img_1493水神橋から下流で、六郷用水(次大夫堀)は丸子川と名を変える。

六郷用水の水ではなく仙川の北側の水路からの水のようだが。

Img_1497丸子川親水公園

「六郷用水の歴史碑」に「堀の幅は、世田谷領では平均約4.5mありました」とあるからけっこう広い。

Img_1500堂ヶ谷戸橋から堂ヶ谷戸坂

岡本公園に寄る。

Img_1509岡本民家園

旧長崎家主屋

Img_1513岡本八幡神社の男坂

東側に女坂がある。

Img_1516静嘉堂文庫

Img_1519八之橋(やのはし)から谷戸川下流方向 《地図

Img_1523馬坂を少し上る。 《地図

右に「馬坂」の標石

馬坂出入口から、右側の瀬田四丁目旧小坂緑地に入る。

Img_1533旧小坂家住宅中門

Img_1532主屋

Img_1535回遊式庭園内を下る。

Img_1538庚申塔(幽篁堂庭園跡(玉川4-36)から小坂緑地内に移設)

右は元禄2年(1689)・左は宝永5年(1708)の造立

Img_1536説明板

裏門から小坂緑地を出て丸子川に戻る。

Img_1541下山橋から下流方向 《地図

少し上流で谷戸川が合流している。

Img_1546雁追橋(かりおいばし)からまむし坂

Img_1544まむし沢からの流れが注ぐ。

Img_1549大夫橋から慈眼寺坂 《地図

この道は大山街道で通った。東方の行善寺坂を下るのも大山道の道筋で、二子の渡しで多摩川を渡っていた。

Img_1551説明板

Img_1554最後の大山登山はけっこうきつかった。

Img_1556国道246号(玉川通り)をくぐって行く。

Img_1557
左方の瀬田アートトンネルに迂回する。

Img_1563東急田園都市線をくぐる所までとし、高架沿いを二子玉川駅に向かった。 《地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

野火止用水を歩く②

2017年5月3日

清瀬駅(西武池袋線)・・・野火止橋・・・(西武池袋線)・・・野火止用水碑・・・新堀交差点・新堀八軒回し堀跡あたり・・・御成橋・・・庚申塔祠・深大寺道交差地点・・・史跡公園・平林寺堀・陣屋堀跡分岐地点・・・本多緑道・・百笊稲荷神社・・・野火止水路橋(関越道)・・向橋(関越道)・・・伊豆殿橋・地蔵・・・平林寺境内(平林寺堀・野火止塚・松平信綱墓・業平塚)・・野火止陣屋跡(睡足軒の森)・・・野火止緑地総合公園(野鳥の森)・・・山下橋(野火止用水)・・・野火止緑道憩いの森・・野火止公園・・野火止用水緑道橋(川越街道(国道254号)・・公園・・・旧川越街道・八雲神社・・・第二中学校・・・野火止配水場・・(新座中央通り)・・・地下歩道(東武東上線)・・・上の水車跡・里程標・・市場坂・・かっぱふれあい館・・あさひ薬局・里程標・・下の水車跡・・西川家潜り門・・いろは樋復元模型・・・栄橋(柳瀬川)・・いろは橋(新河岸川)・・・志木駅(東武東上線)

  【ル-ト地図

Img_1046西武池袋線をくぐって行く。

Img_1063新堀八軒回し堀跡(新堀交差点あたり)

Img_1062説明板

Img_1074御成橋あたり

Img_1078深大寺道(馬喰橋通り)と交差する。 《地図

正面に小祠

Img_1080庚申塔・馬頭観音

Img_1082史跡公園

ここで本流・平林寺堀・陣屋堀に分かれていた。

Img_1052地図

睡足軒の森が野火止陣屋跡

Img_1085野火止用水本流(左)・平林寺堀(右)

Img_1091本流沿いを進む。

Img_1095本多緑道に入る。《地図

春は桜、初夏の新緑、秋には虫の音と雑木林の紅葉が楽しめるという。

Img_1101武蔵野の雑木林が広がる。

Img_1103百笊稲荷神社(左)

石祠も新しそうだ。何と読むのか? 由緒なども分からず。

本多緑道を出る。

Img_1118用水は野火止水路橋で関越道を越える。《地図

人間は右方の向橋に迂回する。

Img_1119これが水路とは、下を通る連中は知るまい。

Img_1129伊豆殿橋下の流れ 《地図

伊豆殿は野火止用水を作らせた松平信綱

Img_1125橋のたもとの地蔵(享保3年(1718))

本流から離れ、広大な敷地の平林寺の南側を進み正門に向かう。

Img_1132平林寺半僧門

境内を一巡する。「境内林案内図

Img_1135総門

本堂まで一直線に並ぶ、四天王寺式伽藍配置

平林寺大門」(『江戸名所図会』)

Img_1139山門

Img_1143仏殿

Img_1144中門

Img_1145本堂

Img_1148片割れ地蔵

もとは一対だった地蔵の「片割れ」を祀ったという。

Img_1151境内林の中を行く。

総面積13万坪(東京ドーム約9個分)だそうだ。

平林寺」(『江戸名所図会』)

Img_1153島原の乱供養塔

原城を訪れたのは40年以上も前のこと。当時は整備されてなく荒れた城址から茫々たる海をしばし眺めていたことを覚えている。

Img_1152説明板

Img_1163平林寺堀が流れている。

史跡公園の分岐点から引かれた野火止用水の分水路

Img_1167野火止塚

Img_1168説明板

Img_1171業平塚

ここも野火の見張り台で、東下りの業平に結び付けたようだ。業平ゆかりの地は、落語『千早振る』で。

Img_1170説明板

Img_1180睡足軒の森

野火止陣屋跡

Img_1176説明板

Img_1179紅葉亭(旧座禅堂)

平林寺の北側沿いに野火止用水に戻る。

Img_1185野鳥の森を抜けようとしたら行き止まりになってしまった。

山下橋で野火止用水に出る。《地図

Img_1190野火止緑道憩いの森

右は野火止公園

野火止用水緑道橋で川越街道(国道254号)を越える。

Img_1201新しい公園内を通って行く。《地図

右折し公園を抜けて左折して行く。

Img_1210この先で遊歩道が終わる。

Img_1211旧川越街道と交差する。《地図

正面は小さな八雲神社

Img_1215武蔵野線をくぐる。

Img_1225第二中学校沿いの歩道を行く。

Img_1228野火止配水場

新座中央通りを横切る。

Img_1234右に歩道が続いている。《地図

Img_1239この先は流路跡はたどれない。《地図

Img_1245東武東上線をくぐって志木駅の北側に出る。

志木市内の野火止用水分水路跡」の地図の4をたどる。

Img_1256上の水車・里程標 《地図

左側の歩道が水路跡のようだ。下の水車は市場坂交差点の右側あたりにあった。(説明板のみ)

Img_1251説明板

野火止用水ではなく、「玉川上水筋」としてある。

市場坂を下る。

Img_1263河童像

そばに『かっぱふれあい館』もある。
志木市のカッパ伝説

野火止用水は新河岸川へ注ぐ流れと、いろは樋で新河岸川を越えて宗岡地区へと続く流れがあった。
(『志木市内の野火止用水分水路跡」の地図の5)

Img_1270「いろは樋」の復元模型(説明板) 《地図

左が大桝

Oomasu大桝

(2007年11月撮影)

水を大桝に溜め、正面右の管(下り竜)から勢いをつけ樋に送り出した。

Irohahi新河岸川を渡るいろは樋

このあたりの引又河岸・引又宿は、『新河岸川を歩く④』・『志木市の坂』に記載。

Img_2136いろは橋から新河岸川下流方向

右から柳瀬川が合流する。

ここを野火止用水歩きの終点とし、寄り道しながら志木駅に向かった。

Img_1279栄橋(柳瀬川)の手前で西から流れて来る水路がある。《地図

Img_1281栄橋下の水門から流れ出て来る。

Img_1285少し水路の上流へ行ってみる。

Img_1286馬頭観音の祠 《地図

右は馬頭観音石橋供養塔で、野火止用水に架かっていた橋だろうか?
左は延宝6年(1678)の銘がある。

Img_1302旧家の前を通り、市場坂に出て志木駅に向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

野火止用水を歩く①

2017年5月2日

玉川上水駅(多摩都市モノレール)・・清願院橋(玉川上水)・・・小平監視所・・野火止用水分岐地点・・・一宮神社・・・薬用植物園・・青梅橋跡・庚申塔祠・青梅街道交差地点・・・(西部拝島線)・・・野火止橋①・・・ふれあい橋・・・東野火止橋・・・どんぐり橋・・・ほのぼの橋・・・さいわい橋・・・土橋・・・富士見橋・・・ライシャワー館(明治学院中学校内)・・・中宿公園・・中宿橋・・・(西武国分寺線)・・・九道の辻公園・・九道の辻(鎌倉街道(上の道)交差地点))・馬頭観音・石橋供養塔・・・八坂駅(西武多摩湖線)・・・乃びとめ橋(野火止橋②)?・・・東村山教会・・・富士見橋②・・・(西武新宿線)・・・伊豆殿堀歩道橋(新青梅街道)・・・第二恩多橋・・第三恩多橋・・第四恩多橋・・・稲荷橋・・恩多稲荷児童公園・・大岱稲荷神社・・恩多野火止水車苑・・・中橋・・・万年橋・大ケヤキ・馬頭観音祠・・・菊水橋・・・ふれあい小橋・石橋・・・ぐみのき橋・・・稲荷社・・・界橋・下里の坂上・・・浅間神社・・・押出し橋交差点・押出しの坂上・新小金井街道・・・東久留米市野火止遊園・・・(小金井街道)・水道道路・・・松原橋・・・野火止橋③・・・(小金井街道)・・・清瀬駅(西武池袋線)

 玉川上水の小平監視所から分かれ、青梅橋で青梅街道、九道の辻で鎌倉街道、さらに川越街道を横切って、志木市の引又河岸で新河岸川に注ぎ、いろは樋で新河岸川を越えて、宗岡地区の田畑を潤していた野火止用水跡を歩く。

  【ル-ト地図

Img_0742玉川上水駅

Img_0743清願院橋から玉川上水下流方向 《地図

清願院がどこにあるのか(あったのか)分からず。

Img_9938野火止用水分岐地点 《地図

正面に「野火止用水歴史環境保全地域」の案内板が立っている。
右は小平監視所で、羽村で多摩川から取水された玉川上水の水は、ここから導水路(砂川線)で東村山浄水場まで送られる。
ここから下流の玉川上水・野火止用水は、「清流復活事業」で昭島市の多摩川上流水再生センターから送水された再生処理水が流されている。

Img_0754都水道局の?塔

再生処理水の給水施設か?

Img_0757西武拝島線沿いの緑道を進む。

Img_0758一宮神社 《地図

Img_0760説明板

水が地下に吸い込まれたのは、玉川上水の「水喰土」と同じだが、野火止用水は通水祈願で大雨が降り、清流が流れたとか。玉川上水では北側に新しい堀を掘り直したのに比べると、神のお蔭とは随分と軽い、現実味に乏しい話と思うが。宮崎主馬とは阿豆佐味天神社の神主のようだ。

Img_0764武蔵野の雑木林が残っている。

Img_0768青梅橋跡の手前

ここにも給水塔か? 都水道局立川給水所の貼り紙がしてある。

薬用植物園に寄る。

Img_0774薬用植物園

「有毒植物区」もある。

Img_0773藤とつつじが見頃だ。

目の保養・「薬用」だ。

Img_0779青梅橋跡 《地図

青梅街道が渡っていた橋で、東大和市駅は昭和54年3月までは青梅橋駅だった。木の根元に庚申塔の祠と青梅橋の親柱がある。

Img_0781青梅橋(石の欄干)と庚申塔の祠(左端)

昭和27年の写真

Img_0783庚申塔道標(安永5年(1776))・青梅橋の親柱(昭和のもの)

庚申塔の右側面に「西 おうめみち 北山くちみち」・左側面に「東 江戸 南 八王子 道」とあるそうだ。

Img_0780説明板

Img_0788野火止用水の流れが始まる。 《地図

Img_0796水は澄んでいる。子供たちがザリガニを獲っていた。

Img_0798ホタルが「住んでいる」とは愉快だ。

Img_0803清流復活の碑

Img_0804右下が野火止用水

Img_0807素掘りの崖が残っている。

Img_0816用水工夫像

Img_0815水が流れるのに3年も待ったという。先ほどの一宮神社の話とはかなりニュアンスが違う。
安松金右衛門は玉川上水の開削にも携わっている。

Img_0844左側が野火止用水

右は都営住宅

Img_0849ライシャワー館(明治学院中学校内) 《地図

ライシャワー元駐日アメリカ大使の生家の宣教師館(港区白金台から移築・復元)

Img_0857説明板

Img_0868鴨も泳いでいる。

Img_0873用水沿いの同じ敷地に、「リストランテMON」と「草門去来荘」 《地図

イタリアンレストランと懐石料理? まあ、こちとらには無縁だが。

Img_0874西武国分寺線をくぐって流れて行く。

Img_0883九道の辻公園

Img_0884九道の辻(八坂交差点)

この辻は鎌倉へ18里、前橋へ18里の鎌倉街道の中間点。江戸道・引股道・宮寺道・秩父道・御窪道・清戸道・奥州街道・大山街道・鎌倉街道の9本の道が分岐していた。(標柱裏面の説明文)

Img_0894馬頭観音(明治44年)と石橋供養塔(元文5年(1740)) 《地図

ここに石橋が架かっていたのだろう。

Img_0896八坂駅(西武多摩湖線)の下を流れる。

Img_0899乃びとめばし?

Img_0902この先で暗渠となる。

Img_0911富士見橋の親柱が残る。

Img_0914西武新宿線の手前

流れが見える。

Img_0921新青梅街道の伊豆殿堀歩道橋の先で流れが現れる。 《地図

伊豆殿堀は野火止用水を作らせた川越藩主松平信綱にちなむ名。

Img_0937大岱(おんた)稲荷神社 《地図

旧大岱村(恩多町)の鎮守
春の例大祭

Img_0944水車

もとの水車とは違っている。「東村山30景」の一つ

Img_0945説明板

Img_0954_2中橋

レンガ造り風だ。

Img_0962万年橋の大ケヤキ 《地図

Img_0964説明板

Img_0967根が用水をまたいで守っているようだ。

Img_0971馬頭観音(万年橋脇)

右は寛政6年(1794))の造立

Img_0976右方にカーブして行く。

Img_0997右岸の武蔵野の雑木林の間を進む。

Img_1003小さな稲荷社の向こうは界橋交差点 

Img_1006界橋交差点で、下里の坂の坂上 《地図

ここからおんだしの(押出し)の坂上あたりまでは、『東久留米市の坂』で歩いている。

Img_1013三角山バス停

「三角山」がどこか気になっていたが。

Img_1014浅間神社 《地図

ここが三角山だった。標高は10mもないか。人工の塚だろうか?

Img_1015三角山(下里富士?)の頂上の浅間神社

Img_1017押出し橋交差点から新小金井街道となる。

Img_1022用水沿いに歩道がついている。

Img_1024東久留米市野火止遊園

Img_1029小金井街道を横切り、水道道路に入る。

Img_1032野火止用水説明板①(新座市)

Img_1033

Img_1037正面は松原橋だが、松は見当たらない。

Img_1040野火止橋までとし、左折して清瀬駅に向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

玉川上水を歩く⑤

2017年4月30日

笹塚駅(京王線)・・・第三号橋(玉川上水)・・・笹塚橋・・・(都道420号)・北澤橋・玉川上水旧水路緑道・・・四條橋・・・五條橋・・・六條橋・・・常盤橋・・・都消防訓練所・・・相生橋・・・代々幡橋・・・山下橋・・・美寿々橋・・・二字橋・・・西代々木橋・・・新台橋・・・代右衛門橋・・・改正橋・・・伊東小橋・・・(山手通り)・・・三字橋・・・(首都高4号・西参道)・・・正春寺・・諦聴寺・・・天神橋跡・・箒銀杏・銀杏天神・・(甲州街道)・・・水の橋・・新宿中央公園(淀橋給水場・六角堂・熊野神社・白糸の滝)・・公園北歩道橋・・・策の井跡・・淀橋浄水場跡碑・・・天神橋跡(玉川上水旧水路代々木緑道)・・・文化学園・・勿来橋跡・・玉川上水暗渠モニュメント・・代々木二丁目あおい公園・・千駄ヶ谷橋跡・・あおい通り・・葵橋跡・・甲州街道・・(新宿駅)・・・ウィンズ・・雷電稲荷神社・・新宿高校・・・新宿御苑・・玉川上水内藤新宿散歩道・・・新宿御苑大木戸門・・都水道局新宿営業所・水道碑記・四谷大木戸跡碑・・四谷大木戸跡・水番所跡(四谷四丁目交差点)・・・四谷三丁目駅(地下鉄丸ノ内線)

  【ル-ト地図

Img_0505笹塚駅前から右へカーブして行く。

Img_0510第三号橋から下流方向

少しの区間だけ流れが現れる。

Img_0508説明板(渋谷区)

Img_0512笹塚橋の下流で暗渠の緑道になる。

この橋は鎌倉街道(中の道)で通った。

Img_0516舗装が違うのは渋谷区から世田谷区になるため。

縦割り行政か、区の独自性を尊重か、まあどうでもいいが。

Img_0522北澤橋で再び渋谷区に入り、玉川上水旧水路緑道となって新宿駅の手前まで続いている。《地図

Img_0526四條橋・五條橋・六條橋・常盤橋と過ぎて行く。

Img_0541都消防訓練所

日曜でも訓練(授業?)に励んでいる。

Img_0544相生橋

古い橋が残っている。

Img_0551山下橋は水車をデザイン

Img_0560二字(ふたあざ)橋

このあたりの2つの字(あざ)地に架かる橋か。

Img_0575代右衛門橋(だいえもんばし)

Img_0585三字(みあざ)橋

新町・初台・山谷に架かる橋ということのようだ。

Img_0589明治神宮西参道を横切る。 《地図

Img_0593正春寺(しょうしゅんじ)

向こうに見えるのは何の建物か?

Img_0598諦聴寺

木造聖徳太子立像」(渋谷区有形文化財)

Img_0601天神橋跡 《地図

銀杏天満宮(天神)による橋名。

ここから緑道を離れ、銀杏天神から甲州街道を渡り、都庁などの新宿副都心のビル街になっている淀橋浄水場跡に向かう。

Img_0609箒(ほうき)銀杏

樹齢200年以上、玉川上水によって育てられてきた大木。小さな銀杏天満宮が根元に守られている。

Img_0605説明板

甲州街道を横切る。

Img_0616水の橋 《地図

玉川上水の現在の和泉給水所の地(前回記載)からの導水路跡

新宿中央公園(淀橋浄水場跡地)に入る。

Img_0622淀橋給水場の屋上

Img_0632六角堂

淀橋浄水場の洋風四阿(あずまや)

Img_0629説明板

Img_0634写真工業発祥の地

Img_0637熊野神社

紀州出身の中野長者・鈴木九郎によってに創建されたと伝える新宿の総鎮守。

Img_0640水鉢

太田南畝の書による銘文

Img_0639説明板

Img_0645公園内から都庁第一庁舎

Img_0646涼しげな光景で暑さも一息

中央公園を出る。

Img_0653何ビルか?

Img_0654策(むち)の井跡(説明板) 《地図

四角錐?の井戸のモニュメント。
家康が鷹狩の帰りにむち(策)を洗ったという井戸跡。

Img_0656淀橋浄水場跡碑(正門跡・策の井の左方)

明治31年12月から昭和40年3月まで玉川上水の水はここへ通水され、新宿・千代田区・中央区・港区などに給水されていた。

新宿住友ビルの一画に展示してある給水管の蝶型弁を見たかったが工事中で近づけなかった。

天神橋跡(代々木緑道)に戻る。

Img_0659文化学園沿いの緑道

Img_0660バイエルン女神像(文化学園前)

ドイツのバイエルン地方の理想の女神像として語り継がれているクニグンデ皇后像で、左手に抱く書物は叡智を、右手で差し出す硬貨は慈愛を象徴している。ドイツの姉妹校との縁で設置されたそうだ。

Img_0669レンガ造りの暗渠のモニュメント

明治時代に新宿駅構内の地下に設けられた玉川上水の煉瓦造りの暗渠をモチーフとし、当時のレンガを一部使用し、ほぼ原寸大で復元。

この手前に勿来(なこそ)橋碑が立っているようだが見逃した。

Img_0676千駄ヶ谷橋跡 《地図

Img_0681葵橋跡

左折し甲州街道に出て、新宿駅南口を横切って行く。

ウィンズ(場外馬券売場)前の低くなっている道が玉川上水の流路跡のようだ。《地図

Img_0683雷電稲荷神社地図

源義家と白狐の伝承がある。

天龍寺には江戸三名鐘の一つとされる「時の鐘」がある。『青梅街道①

Img_0684玉川上水を越えた下水の石樋(いしどい)・旭橋の親柱(新宿高校内)

甲州街道と青梅街道の追分一帯の下水を御苑内の池に落とすため、玉川上水を越える上に架けられた。 寛政7年(1795)に、木樋から石樋に変えられ、大正末から昭和の初めの上水の暗渠化で撤去された。
天龍寺橋の下流の旭橋の所に架かっていたのだろう。旭橋のそばにあった内藤新宿での心中者や溺死者を供養する旭地蔵は、今は成覚寺にある。『甲州街道(日本橋→新宿追分)』に記載。

内藤新宿千駄ヶ谷絵図」(江戸切絵図) (右が北、右上から右下に流れるのが玉川上水。天龍寺・高札・追分・内藤新宿上町などが見える)

Img_0686新宿御苑を少し散策・休憩する。

連休中の日曜で苑内は家族連れなどで賑わっていた。ここも外国人観光客が多かった。
さっき正春寺から見た建物が見える。何だろうか?

Img_0690洋館

Img_0692温室

Img_0723玉川上水内藤新宿散歩道を水番所跡、四谷大木戸跡に向かう。 《地図

最後に水の流れに出会えて気分がいい。玉川上水の水ではなく、国道20号の新宿御苑トンネルに湧出した地下水を流しているのだが。

Img_0726上流方向

Tamagawa「玉川堤の花」(歌川広重の『名所江戸百景』)

この当時には堤沿いにこれほどの桜並木はなかったそうだ。左は高遠藩主内藤家下屋敷で、今の新宿御苑。右は甲州街道の最初の宿場、内藤新宿の岡場所(遊女屋・女郎屋)

Img_0732水道碑記(すいどうのいしぶみのき)・右)・四谷大木戸跡碑(左) 《地図

Img_0730説明板

Img_0736四谷大木戸跡・水番所跡(四谷四丁目交差点)

Img_0737交差点の向かい側の四谷大木戸跡碑と石灯籠

ここを玉川上水歩きの終点とし、甲州街道を四谷三丁目駅に向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

玉川上水を歩く④

2017年4月28日

三鷹駅(JR中央線)・・三鷹橋・・太宰治入水地点あたり・・むらさき橋・・・万助橋・・井の頭公園・・・ほたる橋・・牟礼分水口跡・・・幸橋・・ナザレ修女会・・・新橋・・・松影橋・・・井の頭橋(牟礼道交差地点)・・・若草橋・・・宮下橋・・・東橋・・・長兵衛橋・・・どんどん橋(旧牟礼橋)・石橋供養塔・・牟礼橋(人見街道交差地点)・大ケヤキ・・・兵庫橋・・・岩崎橋・・烏山分水口跡・北沢分水口跡・・・浅間橋・・中央自動車道・・・昌栄橋交差点・・・天神橋跡・天神社・・・中の橋交差点(環八通り)・・・東京身代り不動尊・・・玉川上水第二公園・・旭橋(鎌倉街道)・・(荒玉水道道路)・・第三公園・・小菊橋・・龍泉寺・・永泉寺坂上・・玉川上水永泉寺緑地・・・築地本願寺和田堀廟所・・・明治大学和泉校舎・・明大橋・・・(井の頭線)・・玉川上水公園・・九右衛門橋・・都水道局和泉給水所・・・大原稲荷神社・・・玉川上水緑道・・(京王線)・・ゆずり橋・・向岸地蔵尊・・(環七横断地下道)・・大原橋跡・・・稲荷橋・・・笹塚駅(京王線)

  【ル-ト地図

Img_0256三鷹駅南口の歩道橋から

木の茂っている下が玉川上水

Img_0258三鷹橋

電車の下から玉川上水が流れて来る。

Img_1324旧三鷹橋

Img_0261玉川上水(三鷹橋から下流方向)

むらさき橋との間が太宰治が入水心中したあたりという。当時は水深もあり、流れも早かったのだろう。

Img_0267鯉が泳ぎ、深くはないがゆるゆると流れている。

Img_0263つつじも見頃だ。

Img_1320太宰治が入水したあたりのポケットパーク

Img_1308「四月なかば・・・両岸の桜は、もう葉桜・・・」だから今日のような感じか。

入水心中したのは昭和23年6月13日。

Img_1312玉鹿石(太宰の故郷の石)

水死体が発見されたのは、ここから約1.3km下流の新橋あたりのようだ。玉鹿石は上部が欠けたかのか小さくなっているそうだ。

Img_1311太宰の墓は六郷田無道沿いの禅林寺にある。『太宰治と三鷹』(三鷹市)

奥州街道の津軽でも太宰のゆかりの地にいくつか立ち寄った。

Img_0268万助橋から井の頭公園内を流れて行く。

Img_0270説明板

「水量も豊かで流れも早く」とある。江戸時代の話だが。

Img_0272井の頭公園内

Img_0283ナザレ修女会 《地図

建物は奥の方か?

Img_0285新橋から下流方向 《地図

Img_0295井の頭橋で牟礼道と交差する。《地図

Img_0304宮下橋から下流方向

「宮」は牟礼神明社だろう。

Img_0324どんどん橋(旧牟礼橋) 《地図

玉川上水の流れの音がどんどんと響くので、子ども達はこう呼んでいたという。かつての水量の豊かさ、流れの早さがここでも分かる。

Img_0319右の「どんどん橋」碑は道標になっていて、右側面に「右 ふちうみち」(府中)とある。
左の石橋供養塔(宝暦7年(1757))には、左側面に寛政9年(1797)と嘉永2年(1849)に架け替えられたと追刻がある。(説明板

牟礼橋で人見街道と交差する。

Img_0325大ケヤキ

根元に庚申塔(元禄13年(1700))の祠があるのだが、道路橋梁下部工事中で近づけない。以前にも伐採されそうになったようだ。黙っていると行政は伐採なんて朝飯前の屁の河童だ。

Img_0346烏山分水口跡 《地図

岩崎橋のすぐ下流右岸

Img_0347北沢分水口跡

いずれも烏山川・北沢川の源流の一つ。

Img_0350浅間橋 《地図

ここから暗渠となり、中央自動車道下沿いを行く。

昌栄橋交差点を過ぎる。

Img_0375天神社 《地図

狛犬は明和8年銘

参道で帽子の上へばさっと何か落ちてきた。枯れ枝かなと思ったらカラスが止まったのだ。すぐに飛び立ち近くの枝に止まってこちらを見ている。しゃくにさわったので、石でもぶつけようとあたりを見回したが落葉ばかりで、小石の一つも見つからない。これを見ていたカラスは高らかに「アホー、アホー」と笑った。どうせカラスにも笑われる人生よと、すごすごと立ち去った。😢

Img_0372説明板

中の橋交差点で環八通りを横切ったあたりで、今度は大きな野ネズミが前を横切って行った。今日は(今日もか)ろくなものに会わないようだ。

Img_0380東京身代り不動尊 《地図

敷地は広く、建物も新しい。

Img_0387玉川上水第二公園に入る。《地図

上流から玉川上水第二公園~第三公園~玉川上水永泉寺緑地~玉川上水公園と約2km続いている。

Img_0389玉川上水変遷碑

「・・・その流れは清く 水に映す桜の花の姿は美しく、長いあいだ江戸の人びとに親しまれ愛されてきました・・・」などと刻まれている。

旭橋を南北に横切る道は、鎌倉街道の一つの道筋。南の甲州街道には鎌倉街道入口交差点、北の神田川には鎌倉橋、三年坂の坂上近くの五日市街道には鎌倉街道バス停がある。 

Img_0398人工水路に通水することもあるようだが。

Img_0401少女の抱いている可愛い仔猫では、さっきの野ネズミにはかなわないだろう。逆に食い殺されてしまいそうだ。

Img_0409小菊橋 《地図

ここは玉川上水第三公園

Img_0417永泉寺坂上 《地図

昔、永泉寺がここにあり、後に永昌寺と合併した。そこで永昌寺と龍泉寺の間の坂をこの名で呼ぶ。

坂の東側には江戸市中から移転してきた寺院が並んでいる。このあたりは『甲州街道(新宿追分→武蔵野台駅)』に記載。

Img_0420玉川上水永泉寺緑地を進む。

Img_0431築地本願寺和田堀廟所

ここと隣の明大和泉校舎あたり一帯は、江戸幕府の塩硝蔵(鉄砲弾薬の貯蔵庫)だった。

Img_0437明大橋 《地図

Img_0441井の頭線の上を越えて行く。

Img_0444下を通る井の頭線

Img_0445玉川上水公園に入って行く。

Img_0446水車風遊具(玉川上水公園)

千川上水沿いの上石千川児童遊園にもあった。

Img_0447九右衛門橋

ここで玉川上水公園は終わる。明治31年、正面奥の都水道局和泉給水所(水圧調整所)地点から、淀橋浄水場まで一直線の新水路が開削された。

甲州街道沿いを進み、大原稲荷神社に寄る。京王線の南側に和田堀給水所がある。

Img_0461甲州街道をくぐって流れが出て来る。

Img_0459下流方向

この先で京王線の下を流れて行く。

Img_0464この上の「ゆずり橋」から暗渠となり、玉川上水緑道となる。

Img_0470ゆずり橋

Img_0467説明板

Img_0476向岸地蔵尊

「向岸」は人の名

Img_0478由来①

Img_0480

Img_0481玉川上水緑道の環七横断地下道をくぐる。

Img_0486稲荷橋

古い橋が残っている。

Img_0488稲荷橋から下流方向

ここは水がある。

Img_0495緑道となって笹塚駅手前で方向を変えるが、今日はここまでとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

玉川上水を歩く③

2017年4月26日

新小平駅(JR武蔵野線)・・青梅街道・・・鎌倉街道(上の道)・・・鎌倉橋(玉川上水)・・・小松橋・・小川水衛所跡・・・商大橋・・・平櫛田中彫刻美術館・・一位橋・・・小平さくら橋・(西武多摩湖線)・・・八左衛門橋・・・山家橋・・・喜平橋・・・小桜橋・・・茜屋橋(新小金井街道)・・・旧小金井分水口跡・・・貫井橋・・・海岸寺・小金井桜樹碑・・・行幸の松・小金井桜碑・・小金井橋(小金井街道)・・水神祠・・・陣屋橋・・・新小金井橋・・平右衛門橋・・小金井公園・・・睦橋・・・関野橋・・・梶野橋・・・新橋・・・あけぼの橋・・旧千川上水分水口跡・・・くぬぎ橋・・・もみじ橋・・・境橋・千川上水分岐地点・・玉川上水の碑・・境水衛所跡・・・うど橋・・・独歩橋・・・独歩文学碑・・桜橋・・品川分水口・・境浄水場・・松実橋・・・大橋・深大寺道交差地点・・・いちょう橋・・・西久保公園・・・野鳥の森公園・・・欅橋・・庚申堂・・・三鷹駅(JR中央線)

  【ル-ト地図

Img_0070小川水衛所跡(小松橋の下流あたり) 《地図

江戸時代の水番所から昭和55年まで、上水の点検・清掃・巡回などを行っていた。

Img_0072説明板

Img_0084平櫛田中彫刻美術館

塀の中に笠を被っているのは彫刻用の原木。
山陽道(三谷駅→神辺駅)」では「田中生誕地」バス停の前を通った。

五日市街道沿いの流れとなる。

Img_0093小平さくら橋 《地図

西武多摩湖線をくぐって流れて行く。

Img_0099八左衛門橋から下流方向

Img_0100説明板

Img_0103このあたりは伐採された木が多い。

Img_0114貫井橋の下

海岸寺・小金井桜樹碑は、五日市街道に記載。

Img_0130行幸の松

明治16年4月の明治天皇の観桜の記念樹

Img_0135小金井桜碑・小金井橋 《地図

小金井橋の変遷

Img_0139木橋

小金井橋夕照(歌川広重)

Img_0140_2石橋

Img_0141レンガ橋

花見客がこぼれ落ちそうだ。

Img_0142説明板

Img_0150陣屋橋から下流方向(説明板

北側に武蔵野新田世話役の川崎平右衛門の役宅(陣屋)があり、手代の高木三郎兵衛が常駐していた。

Img_0171あけぼの橋

鯉がうようよ群れている。この橋の下流の左岸が旧千川上水分水口跡。

Img_0182境橋

千川上水が北東方向に分かれて行く。

Img_0185玉川上水の碑

Img_0194境水衛所跡 《地図

左が現在の千川上水への取水口

Img_0191説明板

右に昭和62年の写真があるが今とほとんど同じだ。

Img_0204独歩橋から下流方向

このあたりは住宅街で『武蔵野』の俤(面影)は薄くなっているが。

Img_0205桜が終わり、藤・つつじが見頃となった。

Img_0209桜橋から

下流の右岸が品川用水の分水口のようだ。

Img_0207国木田独歩文学碑

「今より三年前の夏のことであった。自分は或友と市中の寓居を出でて三崎町の停車場から境まで乗り、其処で下りて北へ真直に四五丁ゆくと桜橋といふ小さな橋がある」

Img_0212境浄水場沿いを行く。

玉川上水の羽村の第三水門(「玉川上水①」)から村山・山口貯水池に送られた水は、地下の導水管で境浄水場に送られ、沈殿・ろ過・殺菌処理をして和田堀給水所から千代田・渋谷・世田谷区などに給配水しているそうだ。

Img_0218大橋(説明板

六郷田無道深大寺道(大師道)で渡った橋

Img_0224西久保公園 《地図

Img_0226野鳥の森公園

Img_0229暗渠となる。《地図

Img_0233再び少し開渠となる。

Img_0237欅橋

Img_0242説明板

Img_0239庚申堂(欅橋の西詰)

青面金剛像(享保14年(1729))

Img_0246この先で三鷹駅を斜めにくぐって行く。

剪定作業中でこれより近づけない。

Img_0248国木田独歩詩碑(三鷹駅北口)

「山林に自由存す」(武者小路実篤の筆による)

Img_0247三鷹駅

玉川上水は駅の下を斜めにくぐって流れて行くが、その姿を見るのは次回としよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

玉川上水を歩く②

2017年4月25日

拝島駅(JR青梅線)・・・日光橋(千人同心日光道)・・・横田基地専用引込線・・平和橋・拝島分水取入口・・殿ヶ谷分水口跡・・・拝島原水給水口・・・こはけ橋・・・玉川上水橋梁(西武拝島線)・・・ふたみ橋・・・道標・拝島上水橋・・上水公園・・・美堀橋・・・松中橋・砂川用水・柴崎用水取入口・・・一番橋・・・八雲神社・天王橋・五日市街道交差地点・新天王橋・・・稲荷橋・稲荷社・・・残堀川伏越地点・上宿橋(残堀川)・・・新家橋・・・源五右衛門分水口・見影橋・・・金比羅橋・・・宮野橋・・・千手小橋・・・千手橋・・・清願院橋・玉川上水駅(多摩都市モノレール)・・・小平監視所・・野火止用水分岐地点・新堀用水分岐地点・・清流復活碑・・上水小橋・・・西中島橋・・・小川分水説明板・・・小川橋・・・東小川橋・・・くぬぎ橋・・・百石橋・・・寺橋・・・大けやき道公園・・・いこい橋・・・栄光橋・・・水車橋・・・新小川橋・・・鷹の橋・・(西武国分寺線)・・東鷹の橋・・・小平市中央公園・・・久右衛門橋・・・玉川上水立坑・・・鎌倉橋・鎌倉街道(上の道)・・・津田町立坑・・・青梅街道・・・新小平駅(JR武蔵野線)

  【ル-ト地図

Img_9799横田基地専用引込線を横切ると平和橋だ。

基地と平和?

Img_9801拝島分水取入口(平和橋の下流の右岸側) 《地図

拝島分水は元文5年(1740)の開削で、千人同心日光道の拝島宿の中央を流れていた。(明治30年代の写真) 現在も日光道脇を流れている。

この下流の左岸に殿ヶ谷分水口跡がある。

Img_9802殿ヶ谷分水口

Img_9812拝島原水給水口(こはけ橋の少し上流の右岸)

多摩川昭和用水堰でせき止めた水を、拝島第四小学校前の原水. 補給ポンプ所から約2㎞のここまで押し上げ、上水に補助給水する給水口。昭和16年東京への給水が従来の上水では不足し始めたため作られた。(『玉川上水散策コース』より)
勢いよく給水されている。

Img_9822玉川上水橋梁(西武拝島線) 《地図

ふたみ橋から上流方向

Img_9830道標(拝島上水橋の手前右岸)

「→西砂川方面 ←拝島公園」などと刻まれている。 「昭和二年 拝島青年団」が立てたもので当時は横田基地もなかった。

正面右は昭島市立上水公園

Img_9836上水公園内 《地図

樹林公園だ。

Img_9846美堀橋の下流から松中橋の手前までは暗渠となる。

右岸には昭和の森ゴルフコースが広がっている。

Img_9852砂川用水(深大寺用水・明暦3年(1657)の開削)・柴崎分水取水口(松中橋上流の右岸)

右が柴崎分水で南東方向に流れ、左が砂川用水で玉川上水の南側を天王橋まで並流して行く。

Img_9856砂川用水が流れ出る。

Img_9859砂川用水(右)・玉川用水(左の土手下) 《地図

Img_9868天王橋の手前

八雲神社(右の鳥居)・五日市街道交差地点

Img_9881稲荷橋脇の稲荷社(右岸)

Img_9884残堀川伏越地点

残堀川をくぐって(伏せ越し)行く。

Img_9891上宿橋から残堀川下流方向

水は流れておらず、まさに残堀だ。

Img_9893上宿橋から残堀川上流方向 《地図

正面はすずかけ橋で、こちらは少し水がある。

Img_9896伏越した地点の玉川上水

鯉が群れている。

Img_9908源五右衛門分水取水口

見影橋の少し上流の右岸

Img_9906説明板

Img_9915金比羅橋北側の交差点

Img_9926清願院橋

多摩都市モノレールが上を通る。

Img_9932多摩都市モノレール

Img_9936小平監視所 《地図

羽村で多摩川から取水された玉川上水の水は、ここから導水路(砂川線)で東村山浄水場まで送られる。ここから下流の玉川上水は昭島市の多摩川上流水再生センターからの再生処理水が流されている。

Img_9652右下が小平監視所

Img_9937野火止用水分岐地点(左)・新堀用水分岐地点

新堀用水は玉川上水の北側を並流している。

Img_9941上水小橋に下りる所

Img_9943説明板

Img_9946再生処理水が流れ出て、清流が復活か。

Img_9949下流方向

再生処理水にも、もとは多摩川の水も入っているだろう。

Img_9953玉川上水(右)・新堀用水(左・暗渠)

Img_9960説明板

小川分水は新堀用水に統合された。

Img_9964胎内堀から新堀用水が流れ出る。

Img_9963新堀用水(下流方向)

Img_0001露出した根っこ

根元の土が霜柱で持ち上げられ、風に飛ばされ、雨に洗い流され、人々に踏まれ続けてこうなったそうだ。

Img_0007寺橋(玉川上水)から下流方向

素掘りの崖が続いている。

Img_0018新堀用水(くさぼけ橋から下流方向)

このあたりは、あじさい橋・のあざみ橋などの名がつけられている。

Img_0023新小川橋(旧三左衛門橋)から下流方向

水面が見えない

Img_0024説明板

Img_0031鷹の橋 《地図

西武国分寺線をくぐって流れて行く。

Img_0042武蔵野の雑木林が広がる。

Img_0048玉川上水立坑(鎌倉橋の手前)

地下を通っているJR武蔵野線の線路に下りる作業用の坑道の入口。
左の石は「新堀用水 鎌倉橋エリア」標石

Img_0053鎌倉橋から下流方向 《地図

鎌倉橋の南方の上鈴木不動尊・二ツ塚緑道(砂川用水)・上鈴木稲荷・石橋供養塔などは、「五日市街道②」に記載  

今日はここまでとし、鎌倉街道(上の道)を北に向かう。

Img_0061津田町立坑

ここの下を武蔵野線が通っている。

この先で青梅街道に出て、右折して地下の新小平駅に下りた。駅の水没事故があったのは26年も前か。年ばかり食ってしまったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

玉川上水を歩く①

2017年4月24日

羽村駅(JR青梅線)・・・寺坂・・馬の水飲み場跡・・ルーテル羽村教会・・山根坂・稲荷神社・・禅林寺・・・玉川水神社・羽村陣屋跡・・多摩川・羽村堰・・第一水門・・第二水門・・玉川兄弟像・・羽村橋(玉川上水)・・・第三水門・・(羽村大橋)・・・堂橋・堂坂・・・(福生市)・・新堀橋・・金比羅神社・・・福生加美上水公園・玉川上水旧堀跡・・加美上水橋・・・妙源院・・・宮本橋・・長徳寺・・田村酒造・・・宿橋・奥多摩街道・・・新橋・・・清厳院橋・・清院・・・中福生公園・・・熊野橋・・・かやと橋・・・大坂(五日市街道)・・牛浜橋・・・稲荷神社・熊川分水取水口・・(ほたる公園)・・ほたる通り・・・青梅橋・・・山王橋・・・上水西踏切(JR青梅線)・・・五丁橋・・・水喰土公園・玉川上水開削工事跡・・・(JR八高線)・・・(武蔵野橋)・・日光橋公園・・どんぐり橋・・日光橋(千人同心日光道)・・・拝島駅(JR青梅線)

 多摩川の羽村の取水堰から甲州街道の四谷大木戸の水番所跡まで、玉川上水沿いを行く。

 参考:『玉川上水散策マップ』(都水道局)

  【ル-ト地図

Img_9613鎌倉街道 《地図

右へ下る坂が寺坂

Img_9611説明板

遠江坂・「まいまいず井戸」・中里介山の墓などは、『羽村市の坂①』に記載。

Img_9616寺坂を下る。

右が馬の水飲み場跡

Img_9617説明板

Img_9626稲荷神社(説明板

東ケ谷戸(ひがしがいと・ひがしがやと)の鎮守。元は禅林寺の西南にあった。このあたりに遠江守大石氏の館があったという説がある。

Img_9633禅林寺

「豊饒の碑」(天明義挙記念碑・天明の大飢饉の時、富商に対して決起した義民の顕彰碑)がある。
羽村市指定文化財

Img_9628説明板

Img_9635東会館

洒落た建物の羽村市の地域集会施設

Img_9639玉川水神社 《地図

Img_9638説明板

Hamurajinnya羽村陣屋跡(説明板

水神社の隣

Img_9642多摩川(上流方向)

Img_9651下方へ流れて行くのが多摩川、第1水門から第2水門を通って行くのが玉川上水。

Img_0709玉川上水縦断面図①

海抜約126mの取水口から約34mの甲州街道の四谷大木戸の水番所までの約43kmを高低差を利用して流れていく。
途中、熊川分水・拝島分水・砂川分水・野火止用水・千川上水・品川分水・烏山分水・北沢分水(烏山川・北沢川の源流の一つ)・三田分水などが開削され武蔵野の農地を潤した。

Img_0710

Img_9643羽村取水堰(正面)・第一水門(左)

Img_9660
説明板

Img_9650第二水門から下流方向

Img_9653小吐水門(右)

第一水門で取水した余水を多摩川に戻している。

Img_9658牛枠(うしわく)

水の流れを弱め、堤防の決壊を防ぐため水中に置く水防・治水工作物。
甲州街道の笛吹川では、武田信玄が考案したという「聖牛」を見た。

Img_9656説明板

Img_9657仕組み図

Img_9659玉川兄弟

Img_9672第三水門

ここで多摩川(玉川上水)の水は村山貯水池山口貯水池(多摩湖・狭山湖)への導水路による送水と、玉川上水下流の小平監視所へ流れる水に分かれる。

Img_9652第3水門から北へ、地下の導水路の羽村線で送水している。玉川上水は右下の小平監視所へと流れて行く。

Img_9680堂橋から下流方向 《地図

Img_9679堂坂(堂橋から坂下方向)

以前は奥多摩街道と直交し、もっと急な坂だった。坂途中の薬師は宗禅寺境内に移っている。

坂下の多摩川には、「川崎の渡し」があった。対岸には今も渡し場の石積み跡と、馬頭観音がある。(渡しの説明板)

福生市に入る。

Img_9687金比羅神社 《地図

玉川上水の水神だろう。

Img_9696玉川上水旧堀跡(福生加美上水公園内)

北側の土手跡が残る。

Img_9694説明板

Img_9692加美上水橋から下流方向

民話の「かに坂」・かに坂公園は、『福生市の坂①』に記載。

宮本橋から先は上水沿いは歩けず南に迂回する。

Img_9707長徳寺 《地図

Img_9710田村酒造

宿橋から奥多摩街道を進む。

Img_9720新橋 《地図

Img_9717旧新橋の親柱

Img_9716説明板

Img_9726清岩院

Img_9730中福生公園

Img_9739大坂 《地図

五日市街道の坂

Img_9741牛浜橋から下流方向

Img_9745熊川分水取水口の表示板

Img_9754稲荷神社の後ろあたりが玉川上水からの分水口

Img_9751玉川上水

地図》(熊川分水取水口あたり) 

奥多摩街道の南側には「ほたる公園」がある。

ほたる通りに入り、青梅橋を渡り、上水沿いからは離れながら山王橋、五丁橋へと進み水喰土(みずくらいど)公園に入った。

Img_9774水喰土公園

上水の工事中、このあたりでは水が地中に吸い込まれ工事が失敗したという。

Img_9780玉川上水開削工事跡

水を喰われて北側に上水を掘り直した。

Img_9783説明板

Img_9791どんぐり橋から下流方向

正面はレンガアーチ橋の日光橋

Img_9793日光橋 《地図

千人同心日光道が渡って行く。

Img_9795説明板

今日はここまでとし、すぐそばの拝島駅に出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

文化・芸術 | 旅行・地域 | 書籍・雑誌